人気ブログランキング |


S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

PJAM2012
3.11 Earthquake
Archaeology(English)
India2011
日々のできごと/ Daily life
アジア/ Asia
おでかけ/ Japan
南アジア考古学/SA Arch.
野川・多摩川/RegionalStudy
旧石器考古学/Palaeolithic
砂川・武蔵野台地北部
考古学(ジオ)
考古学(いろいろ)
雑記

最新の記事

ブログ移転のご案内
at 2012-08-15 01:41
PJAM2012#19 ハイ..
at 2012-04-07 20:00
PJAM2012#18 ヴィ..
at 2012-04-06 20:00
PJAM2012#17 砂漠..
at 2012-04-05 20:00
PJAM2012#16 フェ..
at 2012-04-04 20:00

最新のトラックバック

石器文化研究会 シンポジウム
from 黒く光る石と黒く動く虫

以前の記事

2012年 08月
2012年 04月
2012年 03月
more...

ライフログ



Ninja analyse

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2012年 03月 ( 21 )   > この月の画像一覧

PJAM2012#1 2月場所

 またまた長らく更新をさぼっておりました。その間、2月18日から3月2日まで、5年ぶりにパキスタンに行ってきましたので、ブログ再開がてら、その道中と成果を報告したいと思います。
PJAM2012#1 2月場所_a0186568_1752894.jpg

 今回は、昨年6月~7月に1ヶ月間来日、東京に滞在された、Q.H.マッラー教授の所属する、シャー・アブドゥル・ラティーフ大学(Shah Abdul Latif University:SALU)を訪れ、同大に所蔵されている資料の実見と、周辺の遺跡の立地、景観の確認が目的でした...が、いろいろと話しがトントン拍子に転がってしまって、砂漠の中で試掘までしてきてしまいました。
 同行した、インドに留学中のKさんも、予想以上の成果をゲットできて(詳細はまだ秘密?)、短期間でしたが充実した訪問になりました。マッラー教授をはじめ、SALU考古学・人類学博物館長のG.M.ヴィーサル教授、そして考古学だけでなくSALUのビッグ・ボスもといビッグ・マダムのN.シェイフ副学長(教授)には、本当にいくら感謝してもし足りないほどです。
PJAM2012#1 2月場所_a0186568_17132693.jpg

(写真はSALUの重鎮の皆さんとわれわれ、前列左から2人目白いクルタ姿がヴィーサル教授、その左がKさん、マダム・シェイフ副学長、私、マッラー教授、Kさんの後ろがFaculty of Scienceの学部長です)

 と、順風満帆の訪問だったかと思うと、実はスタート時点ではいろいろと躓きの方が多く...
 まず最初は、出発の日。朝6時台に我が家発だったので、ずっと座って仮眠もとれるだろうということで高速バスを選んだのですが...前夜の降雪がたたって、東関道が凍結、通常の倍以上の時間がかかると言うことで、バスの運転手いわく「午前便の方は間に合わないかもしれないので電車で行ってくれ」と。
 仕方なく、京王~山手線~京成を乗り継いで、何とか間に合いました。
PJAM2012#1 2月場所_a0186568_17192521.jpg

 写真は、離陸後の機窓から見た、銚子付近。確かに真っ白ですね。自宅周辺は雪などなかったので、バス運転手の言っていることが「?」だったのですが、隅田川越えた辺りから事情が分かりました。東側の方が降ったんですね。

 その後、フライトは順調に経由地のバンコクへ。タイ国際航空なので、機内食はタイ・カレーです。
PJAM2012#1 2月場所_a0186568_1722414.jpg


 今回はものすごく乗り継ぎがよくて、バンコクでの待ち時間はほとんどありませんでした。カラチ行きの出発ゲートに向かうと、日本人はほとんど見当たらなくなります。お、いた、と思うと、みなビジネス・クラスへ。お仕事で出張でしょうか...
 で、エコノミーでも後の方に腰を下ろすと...一帯は、パキスタンのボンボン御一行。これが、カラチまで、ひたすらはしゃいで騒ぎ続けると言う...客室乗務員の指示は聞かず、シートベルトしない、離陸時にフラフラ立ち上がってどっか行こうとする、携帯使いまくる、酒を飲ませろと駄々をこねるetc.
 ちなみに帰国便ではオマーンからの団体様御一行が同じような感じでしたが、タイ国際航空の客室乗務員さんは手馴れた様子で、それこそ子供をあやすかのようにあしらっておりましたw
PJAM2012#1 2月場所_a0186568_17283272.jpg


 もう一回、機内食。やはり、タイ・カレーです。
 カラチ着は定時、23時ちょっと前。SALU最寄のサッカル行きの国内線は翌日夕刻なので、現地の代理店を通じてRamada Plaza Karachiを予約していたのですが、送迎は来ておりません。まぁ、予約条件がホテルのフロントでの現金払いだったので実害はないだろうということで、空港のタクシーでホテルへ行きました。
 で、案の定、予約は入っていませんでした。別便で先に到着していたKさんによると、フロントから電話を入れてもらったところ「忘れてた」ということだったらしいです(涙) でも、Kさんがちゃんと部屋を確保してくれていたので無問題です。
PJAM2012#1 2月場所_a0186568_1734136.jpg

 2ベッドで1泊約1万4千円(1パキスタン・ルピー=1.1円で換算してます)と、日本でもちょっと高めですが、何かと物騒なニュースの多い市内へ入らずに空港近くで滞在できて、エアコン完備、WiFiも使え(有料ですが)、朝食も豪華なビュッフェ(上の写真がビュッフェ・コーナー)ということで、まぁ1泊ならいいかな、と。
PJAM2012#1 2月場所_a0186568_17363794.jpg

 (ビュッフェのメニューは、トースト、フルーツ、ヨーグルトからカレーまで。グリルド・トマトが絶品でした)
 で、この後、お昼過ぎまで滞在、レイト・チェックアウトも追加料金取られず(部屋が空いていれば大丈夫みたいです)、空港まで無料で送ってもらって(タクシーだと600~700円くらい)、あとは国内線のチェックインカウンターがオープンするまで、到着ロビー正面のマクドナルドで時間を潰します。
PJAM2012#1 2月場所_a0186568_17413425.jpg

 ここでは、ハンバーガーと、日本で言うところのLサイズのポテト、ドリンクのセットが約400円。日本と大して変わらない値段ですが、この国では超高級料理ですね。味は...ほとんど変わりません。
 そして出発、ATR-42というターボプロップ機で、途中、モヘンジョ・ダーロ空港にも立ち寄るので2時間弱です。小型のターボプロップ機は、離陸直後にかなりの急角度で上昇するのがあまり好きじゃないのですが、Kさんも同意見でした。
PJAM2012#1 2月場所_a0186568_17495762.jpg

(経由地のモヘンジョ・ダーロ空港、ここでは降りず。でも、後日、遺跡には行きましたよ)
 でもって、目的地のサッカル空港にほぼ予定通りに到着...するも、到着日時を伝えたところ「出迎えに行くよ」と言ってくれていたマッラー教授も、誰もいません???
 どうしたものかと思案していると、適当なキャスターつきのカウンターの上に座ってるお兄ちゃん2人が呼んでます。客引きかと思って、用はない、と断ってたのですが、なんと空港の係官で、外国人はパスポート番号を登録しなきゃならんということでした。前回にはなかった仕組みです。
 1人はそこそこ英語ができたので、とりあえず公衆電話はないかと訊いてみたところ、そんなものはない、と。で、事情を説明すると、「じゃあ、オレがマッラー教授にでんわしてやる」ということで、ありがたくも連絡がつきました。そして...電話口ではマッラー教授が(いつもと変わらず)軽やかに「あれー?今日到着だっけ?明日来るんだと思ってたよ~」
 まぁ、それでも、すぐにタクシーを手配してくれて30分くらいで迎えが到着して、そのまま一路大学のゲストハウスに行けましたので、結果、無問題です。たぶん、最初に悪いことが全部起こって、厄落としになったのでしょう。この後は、かつてないほどの順調な日々でした。
 ということで、続きはまた後ほど
by asiansophia | 2012-03-15 20:00 | PJAM2012