人気ブログランキング |


カテゴリ

PJAM2012
3.11 Earthquake
Archaeology(English)
India2011
日々のできごと/ Daily life
アジア/ Asia
おでかけ/ Japan
南アジア考古学/SA Arch.
野川・多摩川/RegionalStudy
旧石器考古学/Palaeolithic
砂川・武蔵野台地北部
考古学(ジオ)
考古学(いろいろ)
雑記

最新の記事

ブログ移転のご案内
at 2012-08-15 01:41
PJAM2012#19 ハイ..
at 2012-04-07 20:00
PJAM2012#18 ヴィ..
at 2012-04-06 20:00
PJAM2012#17 砂漠..
at 2012-04-05 20:00
PJAM2012#16 フェ..
at 2012-04-04 20:00

最新のトラックバック

石器文化研究会 シンポジウム
from 黒く光る石と黒く動く虫

以前の記事

2012年 08月
2012年 04月
2012年 03月
more...

ライフログ



Ninja analyse

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2011年 11月 ( 16 )   > この月の画像一覧

上野・佃煮・鮒藤商店/Tsukudani Funafuji @Ueno

 今週末から、上野・国立科学博物館を会場として国際シンポジウムが開催されます。今日は、その準備のために上野へ。
 そこで見つけた佃煮屋さん。鮒藤商店。
Today I was coming to Ueno for preparing DUAL SYMPOSIA.
上野・佃煮・鮒藤商店/Tsukudani Funafuji @Ueno_a0186568_19131438.jpg

 上野駅から昭和通を越えて東へ、上野ターミナルホテルの真向かいです。
Then I've found old-fashioned Tsukudani* seller shop "Funafuji" in front of Ueno Terminal Hotel.
上野・佃煮・鮒藤商店/Tsukudani Funafuji @Ueno_a0186568_19131969.jpg

 ショーウィンドウを覗くと、色絵も鮮やかな大皿に、よりどりみどりの佃煮、大和煮が!!
There were various Tsukudani on colourful large dishes in the window. It seemed so delicious!!
上野・佃煮・鮒藤商店/Tsukudani Funafuji @Ueno_a0186568_19133883.jpg

 思わず、あさりの佃煮を買って帰りました。大粒のあさりがやわらかく仕上がってます。味付けは、ちょっと甘め。おいしい。
 息子1がバクバク食べてます。
 シンポ期間中に何度も立ち寄ることになるので、次はウナギの大和煮にチャレンジです。
I took clam Tsukudani. Of course it is incredible! Aki is really fascinated and eating very much. They also have other recipes such as shrimp, sea weed, small fishes, as well as eel. Next time I will get eel.

* Tsukudani is traditional preserved food of Japan. Small fishes, sea weed, vegetables or other tips are boiled in soy sauce, sake, mirin and sugar. It is said that fishermen lived in Tsukuda-jima in Old Edo (present Tokyo) started to make Tsukudani to preserve small fishes which couldn't sell in market.
by asiansophia | 2011-11-23 19:21 | おでかけ/ Japan

『大脱走』のトンネルを発掘!!/excavation of 'The Great Escape'

 イギリス・ミラー紙の記事より。

 リチャード・アッテンボロー監督、チャールズ・ブロンソン主演、テーマ曲が印象的な映画『大脱走』は、第2次世界大戦中の実話をベースにしたストーリーなんだそうですが... なんと、本物の「大脱走」のトンネルが発掘調査されたというニュースです。
 場所はポーランド、かつてドイツ軍の第3航空兵捕虜収容所(Stalag Luft III)があったところです。
 竪坑が、崩落を防ぐためにつなぎ合わせられたベッドの板とともに発見され、ミルクの缶で作られた通気孔はまだ使える状態だったそうです。「ジョージ」と名づけられた予備のトンネルからは、掘削のための道具やミルク缶で作られたランプなども見つかったとか。
 すごい発掘ですね。
by asiansophia | 2011-11-21 06:00 | 考古学(いろいろ)

日立中央研究所庭園開放日/Open day of Hitachi Garden

 本日、11/20(日)は、国分寺市にある(株)日立製作所中央研究所の庭園公開日でした。残念ながら奥さんは出勤日だったので、男3人で行ってきました。
 日立中央研究所は、JR「国分寺」駅の西側、隣の「西国分寺」駅との中間にあります(Google mapで見るとこんな感じです)。研究所は、野川の源流部を構成する「恋ヶ窪谷」と「さんや谷」の間に広がる平坦な台地上にありますが、敷地の東側~南側に「さんや谷」の谷地形がそのまま残されているのです。
It was the open day of Hitachi Institute Garden at Kokubunji, Tokyo on 20,Nov,2011. Unfortunately it was a working day for my wife, so I was coming to there with Aki & Tomo.
The institute is located at the origin of Nogawa stream which flew along Kokubunji Cliff Line (see Google map). There are preserved deep valleys incised the Late Pleistocene Upland.
日立中央研究所庭園開放日/Open day of Hitachi Garden_a0186568_193017.jpg 正門から入ってすぐに渡る橋から臨む谷が「さんや谷」です。深い森に覆われています。何ヵ所か湧水があるようですが、谷底には川が流れているわけではありません。
We saw the eastern valley so-called 'San'ya-dani' behind of the main entrance. The valley is covered with deep forests. There are some springs but no large permanent stream in its bottom.


日立中央研究所庭園開放日/Open day of Hitachi Garden_a0186568_192938100.jpg 庭園開放は年2回、春と秋に行なわれるのですが、すっかり有名になったようでツアー・コンダクターの旗の後ろに団体客が大勢並んでいます。構内はちょっと混雑、とくにトイレが大変な状況でした...
Open days take place twice a year, in Spring and Autumn. Not only locals, but many group visitors came by bus. The garden was occupied crowded people...



日立中央研究所庭園開放日/Open day of Hitachi Garden_a0186568_19301729.jpg 構内には、食べ物、飲み物、農産物の直売などの出店が並んでます。広い芝生の広場があるので、天気がよければお弁当を食べるのに最適です。
Stalls of foods, beverages and direct sales of agricultural products were opened. There is large square of grass suitable for having lunch, if it was fine day.


日立中央研究所庭園開放日/Open day of Hitachi Garden_a0186568_20201928.jpg いよいよ庭園へ。急な細道を下っていきます。この坂道は、いまから8~3万年前の氷河期に削られてできた崖を下りていくためのものです。
A small pathway down to the garden. This steep slope is on the Kokubunji Cliff Line formed by incision during MIS4-3.





日立中央研究所庭園開放日/Open day of Hitachi Garden_a0186568_20195455.jpg 崖の下には「大池」があります。たっぷりと水を湛えたこの池、でも実はごく最近(昭和33年)造られたものなのです。ある意味、現在では野川の水源となってますが(敷地南端に水門があります)、それ以前は、幾すじかの湧水を少しずつ集めて流れになっていたというのが実態だったと思われます。





日立中央研究所庭園開放日/Open day of Hitachi Garden_a0186568_20392487.jpgThere is a large pond below the Cliff Line. But it isn't natural, constructed in 1968. Nowadays this become a source of Nogawa. Before Nogawa gathered some spring waters and became a small stream in early times.





日立中央研究所庭園開放日/Open day of Hitachi Garden_a0186568_20204464.jpg 大池には白鳥や鯉がいて、息子×2は夢中で見てました。とくに息子2、口をパクパクさせてる鯉が、『崖の上のポニョ』に出てくる魚にそっくりだと、なかなか池から離れませんでした。
There are swans and carps in the pond. Both Aki and Tomo were fascinated with them. They spent much time beside the pond...



日立中央研究所庭園開放日/Open day of Hitachi Garden_a0186568_204595.jpg 少しだけ紅葉してました。春の公開時には、構内に多数植えられている枝垂れ桜がきれいです。今年は残念ながら東日本大震災の直後で春の公開は中止になってしまいましたが、来年はぜひ。
It was a bit early for the height of autumnal leaves. Contrary in Spring, there will be covered with a large number of weeping cherry blossom trees. It was cancelled last Spring open day because of the Greater Eastern Japan Earthquake. I will show splendid Spring scape with flowers next time.
日立中央研究所庭園開放日/Open day of Hitachi Garden_a0186568_20542635.jpg こちらは大池の北西にある湧水付近。人が並んでいる先が湧水点です。崖線からの湧水はどこも、崖面の途中から流れ出すのではなく、崖の一番下の部分から湧き出しています。
This is thee one of spring water inside the garden. Spring water come out not from halfway up the Cliff line but the bottom.



日立中央研究所庭園開放日/Open day of Hitachi Garden_a0186568_20554616.jpg さて池を一周したところでお腹が空いたので、芝生広場でお弁当。その後は、芝生の上を力いっぱい走り回って転げ回っていただきます。
After go around the pond, we felt slight hungry so we had a lunch at grass square, then playing, running and rolling on grass.
日立中央研究所庭園開放日/Open day of Hitachi Garden_a0186568_2104054.jpg
日立中央研究所庭園開放日/Open day of Hitachi Garden_a0186568_2114313.jpg
日立中央研究所庭園開放日/Open day of Hitachi Garden_a0186568_2123354.jpg
日立中央研究所庭園開放日/Open day of Hitachi Garden_a0186568_2163443.jpg
日立中央研究所庭園開放日/Open day of Hitachi Garden_a0186568_2173138.jpg
日立中央研究所庭園開放日/Open day of Hitachi Garden_a0186568_2184557.jpg


 4時間以上楽しんでもらって、帰り道にアイスを食べてから家路につきました。
We spent more than 4 hours in the garden, then back to the home... having ice cream on the way :D
by asiansophia | 2011-11-20 21:14 | おでかけ/ Japan

所沢航空発祥記念館/ Tokorozawa Aviation Museum

所沢航空発祥記念館/ Tokorozawa Aviation Museum_a0186568_19224972.jpg 11/19、朝から雨だったので外で遊べず...ということで所沢航空発祥記念館へ行ってきました。記念館は、日本で最初に造られた飛行場の跡地、所沢航空記念公園の敷地内にあります。
On 19,Nov, a rainy Saturday, we were coming to Tokorozawa Aviation Museum. The museum is inside the Tokorozawa Aviation Memorial Park where the first airfield in Japan was.

所沢航空発祥記念館/ Tokorozawa Aviation Museum_a0186568_1923965.jpg 記念館の建物の外観。大きな建物ですが、それもそのはず、中に合計16機もの実機が展示されているのです。
Exterior view of the museum. 16 real air crafts are exhibited inside this building.

所沢航空発祥記念館/ Tokorozawa Aviation Museum_a0186568_19232533.jpg

所沢航空発祥記念館/ Tokorozawa Aviation Museum_a0186568_1942880.jpg


所沢航空発祥記念館/ Tokorozawa Aviation Museum_a0186568_1923557.jpg 1階部分に展示されている機体の中には、コックピットが見えるようになっていたり、キャビン内に入れるようになっているものがあります。これは、最初期のヘリコプター・シコルスキーS55。自衛隊でもH19として使われていました。キャビン内に入ることができます。もう、子供たちにはたまりません↓


所沢航空発祥記念館/ Tokorozawa Aviation Museum_a0186568_1924676.jpgVisitors can get inside a several exhibited air crafts. For instance, Sikorsky S55 (H-19) the early single rotor helicopter, had been operated in Japanese Self-Defense Force, is opened its cabin. Indeed, kids are fascinated.


所沢航空発祥記念館/ Tokorozawa Aviation Museum_a0186568_19362496.jpg パイロットの制帽と制服も貸してくれます。子供サイズも有。息子1はかなり気に入って、しばらく着てました。
Visitors also can wear pilot cap and suit. The museum has prepared smaller size suits for children. Aki liked it very much.





所沢航空発祥記念館/ Tokorozawa Aviation Museum_a0186568_1925217.jpg 息子2には少々大きすぎたようです。動きづらかったのか、早々に脱いでしまいました。
However it was slight bigger for Tomo. It seems difficult to move :D







所沢航空発祥記念館/ Tokorozawa Aviation Museum_a0186568_19403074.jpg こちらはセスナT310Q。エンジンや翼の構造が分かるカットモデルになってますが、それよりなにより、コックピットに搭乗することができるのです。ということで、真剣に操縦中の息子×2。とくに息子2は、かなりの時間をここで過ごしていました。
This is Cessna T310Q, cut wing and engine to show its profile and interior structure. And... visitors can get inside the cockpit!! How kids were fascinated with this :D
所沢航空発祥記念館/ Tokorozawa Aviation Museum_a0186568_19365982.jpg
所沢航空発祥記念館/ Tokorozawa Aviation Museum_a0186568_1939848.jpg


所沢航空発祥記念館/ Tokorozawa Aviation Museum_a0186568_1942434.jpg ほかにも、キッズスペースには飛行機のレゴ・ブロックが満載だったり、フライトシミュレーターがあったり、「研究室」には飛行の原理を体験して学ぶ仕掛けがいろいろあったり、子供たちにはたまらない遊び場でした。
Also there are flight simulators and other interactive instruments, even more LEGOs. Kids can touch essences of aviation with playing here.

所沢航空発祥記念館/ Tokorozawa Aviation Museum_a0186568_2104549.jpg







ヘリコプターの操縦を体験できるシミュレーター。
Simulator of helicopter maneuvering.

所沢航空発祥記念館/ Tokorozawa Aviation Museum_a0186568_211777.jpg


翼の断面形と揚力の関係を実験する模型。内容としてはかなり高度だけど、ボールが吸い上げられるのが楽しくて子供は繰り返し遊ぶ。
Education model shown the relationship between airplane wing profile and the lift. It shows fairly advanced subject in simple fun activity.

所沢航空発祥記念館/ Tokorozawa Aviation Museum_a0186568_19454675.jpg 屋外には大型機の展示もあります。
 一日中雨で外遊びできなかったのですが、屋内だけで十二分に遊べたようです。
 行ってよかったです。
There is an outdoor exhibition of large size airplane (C-46). It was rainy all day, so Aki and Tomo couldn't play outside. But they enough enjoyed in the museum.
by asiansophia | 2011-11-19 21:38 | おでかけ/ Japan

恐怖新聞、届く/ Market-oriented-X'mas

 今朝の新聞の折込に、「恐怖新聞」(©byつのだじろう)が入っていましたよ。トイザラスのクリスマス向け広告、中綴じ総40ページです!! 息子×2の欲しいあれやこれが満載。朝から晩まで、じっくりお読みです。
 ちなみに息子1の希望を全部合わせると、ン万円です。「クリスマスにもらえるのは一つだけ」と言ったら、小学校に入ってから先までの予定を決めていました... トイザラスがどこにあるかも知ってるしなぁ...
恐怖新聞、届く/ Market-oriented-X\'mas_a0186568_21561971.jpg

It came with newspapers in this morning. Most parents are very much fear it... X'mas catalog of TOYSARUS! Full colour, 40 pages, with tremendous number of latest toys!!!
Aki and Tomo is reading it whole a day and choosing favorite toys... not one BUT MANY!!!!
Total amount of Aki's choice is over thousands of JPY. Of course it's impossible, so he has decided to make a plan for annual purchase over the next few years. He is able to remember his own plan?
by asiansophia | 2011-11-18 22:09 | 日々のできごと/ Daily life

企画展「明治・大正期の人類学・考古学者伝」/ 'Early Anthropologists and Archaeologists in Japan'

 板橋区郷土資料館平成23年度秋季企画展「明治・大正期の人類学・考古学者伝-学者たちの絵葉書・絵手紙の世界-」の図録です。
企画展「明治・大正期の人類学・考古学者伝」/  \'Early Anthropologists and Archaeologists in Japan\'_a0186568_1522289.jpg

 晩年を板橋・徳丸で過ごした、草創期の人類学者・石田収藏による絵手紙、あるいは石田宛の手紙類を一挙に収録しています。ご遺族により寄贈された資料だそうです。石田宛の手紙の差出人は、坪井正五郎、鳥居龍藏、大野雲外、柴田常恵、八木奘三郎、高橋健司、中谷治宇二郎、濱田耕作、松村瞭、金田一京助、内藤湖南...明治~大正期の人類学、考古学および関連領域の錚々たる面々です。
 手紙と言うのはプライベートな内容を含んでいたり、取り扱いが難しい場合もあるとは思いますが、たとえば現在では確認が難しくなってしまった鳥居龍藏の朝鮮半島調査の行程を葉書の差し出し地と日時、内容から追跡することができたり(巻末論文 守屋幸一「石田収藏旧蔵絵葉書と人類学教室の人びと」)、貴重な歴史・学史資料となることは間違いありません。草創期の日本人類学・考古学のあゆみを紐とくための重要な情報を集録した図録と言えるでしょう。
 展示は、11/20(日)まで。会期は残りわずかです。
企画展「明治・大正期の人類学・考古学者伝」/  \'Early Anthropologists and Archaeologists in Japan\'_a0186568_20203911.jpg

(図録裏表紙、石田自身によるものと大野雲外らの絵手紙)


'Early Anthropologist and Archaeologist in Meiji-Taisho era: the world of pictorial postcards and postcards with drawing by scholars', the catalog of 2011 Autumn temporary exhibition at Itabashi Ward History Museum.
The catalog contains more than 100 pieces of postcards those which written by Shuzo Ishida, early Anthropologist in Japan, with some drawing by himself, and sent to Ishida from various- and famous anthropologists and archaeologists lived in early 20C.AD.
Itabashi Ward History Museum (Tokyo, Japan) continues unique project to gather records of various activity of early Japanese anthropologists and archaeologists, including photos, diaries, letters and postcards, etc. And they make special exhibitions and publish catalogs every year for these tens of years. These series of project should provide important material of research history in the formative period of Japanese Anthropology and Archaeology.
by asiansophia | 2011-11-17 18:11 | 考古学(いろいろ)

日本語は難しい? / learning Japanese

 息子1は先日、床屋さんで髪を切りました。格安、カットのみ。洗髪はないので、帰り際に「おうちに帰ったら早く・ ・髪を洗ってね」。
 その晩、お風呂で「速く洗ってって言われたんだよ」、ということで超高速での洗髪をご所望でした。
日本語は難しい? / learning Japanese_a0186568_22335980.jpg

One day, Aki went to barber. Only cutting hair, without washing. So barber said 'please washing hair as soon as possible after backing home'. But Aki understood that barber said it is necessary doing quickly when he washes his hair...
by asiansophia | 2011-11-17 06:31 | 日々のできごと/ Daily life

食欲の戦い/ Battle on a lunch table

 2歳さん真っ盛りの息子2の連絡帳は、相変わらずネタの宝庫です。昨日は、大嫌いな野菜だけをより分けてお昼を食べながら寝てしまい、お友達に大好きなオレンジを取られそうになって慌てて起きたそうです。先生にうまいこと誘導されて、オレンジの前に野菜もがんばって食べたそうですが... 目下、家でも、好きな食べ物のおかわりや食後のデザートを人質にして野菜を食べさせているところです。
 しかし先日の避難訓練といい、すっかり食いキャラが確立していますが、そんな息子2にはクラスに強力なライバルが!! 本人の言うところでは、オレンジをとられそうになったのもその子だそうです;
 それ以外にも普段から、「もうおかわりないよ」と牽制しあうとか(本当は、まだおかわりあるのだけど取られたくないから嘘をつく)...
 延長保育のときの補食を早食い競争して先におかわりをもらおうとするとか...
 でも、食べること以外では仲良しみたいなんですけどね。食べ物が絡むとどうもダメなようです。
食欲の戦い/ Battle on a lunch table_a0186568_2292261.jpg

(写真は、近所の公園でまた別の同級生と遊んでいるところ)

Now eating is most important mission for Tomo. But he dislike any vegetables. Yesterday in lunch, he took away vegetables and ate others. Then he became sleeping, so his friend tried to take Tomo's orange. Suddenly Tomo woke up and kept his orange... so teacher made him to eat vegetable first...
His friend who tried to take orange is now best rival of Tomo. Always they battle on a lunch table to get extra dishes. Basically they are good friend but appetite is prior than friendship...
by asiansophia | 2011-11-15 05:15 | 日々のできごと/ Daily life

ネアンデルタールと現代人・続く発見と論争/ Neanderthal and Modern Human: revision and controversy

 人類の進化、現代人の起源については、毎年のように新発見、新学説が現れて、教科書や概説書はあっという間に改訂が必要になるような状況です。変化がめまぐるしいので、学校の授業などでどのように教わったのかで世代が分かるほどでしょう。
 ちなみに40代以上の方は、基本的には猿人~原人~旧人~新人と段階を追って進化していったという単純な説明をされていたかと思います。その後、とくに化石人骨からDNAを抽出する技術の確立と研究の進展にともない、現代人はアフリカで出現して世界各地に広がったとされる一方、ヨーロッパのネアンデルタール人など、かつての「旧人」のほとんどは子孫を残すことなく絶滅した、というストーリーに置き換えられました。1990年代のことです。
 ところが昨年(2010年)、ネアンデルタール人骨から抽出されたDNAの全塩基配列が解読され、現代人との比較が進められると、ユーラシアの現代人には、サハラ以南のアフリカ人と異なりネアンデルタール人などに由来する遺伝子が含まれている-つまりネアンデルタール人と現代人の一部には何らかのつながりがあった、ということが主張されるようになりました(Science2010年5月7日号掲載の論文:英語版全文PDF版はこちら)。
 さて、以上はおもに遺伝人類学の研究にもとづく議論ですが、化石人骨や考古資料はどうなのでしょうか?
 ヨーロッパでは、最古の現代人と最後のネアンデルタール人の化石の年代が数千年にわたってオーバーラップすることから、双方が隣接して、あるいは入り混じって暮らしていた可能性が指摘されてきました。そして気候変動や現代人の人口増加などによって、ネアンデルタール人は最終的にイベリア半島に追い詰められるように分布範囲を狭め、およそ2万9千年前頃には絶滅してしまったのだろう、というストーリーです。
 その中で、南西フランスのシャテルペロニアン(Châtelperronian)や、イタリアのウルツィアン(Ulluzian)といった石器群は、石刃技法と背付き石器、装身具(骨・牙・貝製)などをもつことから現代人的な様相を示すものの、ネアンデルタール人骨と共伴することが注目されていました。年代的にも4万~3万年前頃と、ヨーロッパにおける現代人の出現と重なるために、ネアンデルタール人が現代人と交流するか、あるいは模倣した結果なのではないか、などと考えられたりもしたわけです。そしてここにきて、遺伝人類学から見て現代人とネアンデルタール人との間につながりがある、遺伝子の交流(=つまり通婚・配偶の可能性)があるという説が打ち出されたので、こうした過渡的あるいは中間的(?)な石器群の解釈も容易になったのかな、と思いきや、実はシャテルペロニアンとネアンデルタール人との関係は、遺跡の出土状態の見直しなどにより疑問視されるようになっていたり、そして今回、ウルツィアンについてもネアンデルタールではなく現代人の所産であるとされたり??? まだまだ、シンプルなストーリーで解決を図れる段階ではないようです。
(写真はNature誌よりのリンク)
 
 ということでだいぶ前置きが長くなりましたが、Nature誌の11月2日号に掲載された論文、「ヨーロッパにおける初期の現代人の拡散とネアンデルタール人の行動への影響」Early dispersal of modern humans in Europe and implications for Neanderthal behaviour,Benazzi et al.(2011), Nature, doi:10.1038/nature10617 (2,Nov,2011, online)です。
 この論文では、ウルツィアン=ネアンデルタール説の根拠となっていたイタリア南部(最南端)カヴァッロ洞窟(Grotta del Cavallo)から出土した人骨(臼歯)を再検討し、それがネアンデルタールではなく現代人のものであることを指摘しました。また臼歯と共伴した貝製のビーズについてのAMS年代は、~45,000から43,00calBPを示すということです。したがって、カヴァッロ洞窟のウルツィアン石器群は、ヨーロッパにおける最古の現代人による所産ということになる、と。
(カヴァッロ洞窟のウルツィアン石器群と共伴遺物:Past Horizonsの記事より

 さて、そうなると、現代人が版図を広げる中、ネアンデルタール人の行動も変化し、過渡的ないし中間的な石器群が生み出されたのではないかと言うこれまでの考え方は再考を迫られるわけです。一方で、遺伝人類学では、現代人がアフリカで出現し、その地を旅立った後、つまりユーラシア大陸に到達した後で、ネアンデルタール人と何らかの交流を持っていた可能性が指摘されているわけで?????
 ということで、人類の進化、現代人の起源については、ますます混迷の度合いが深まりつつあるというか、あるいはこれまでの考え方の一部修正では済まない、大幅な学説の変更が必要になるのではないか、という状況のようです。

 なお、アジアにおける現代人の出現・拡散をめぐる問題は、11/26~12/1の間、国立科学博物館で開催されるシンポジウムのテーマです。この問題に興味がある方は、ぜひシンポジウムにご注目ください。

・Nature誌の論文はこちら(英語版・要旨のみフリー閲覧可)
・Past Horizons: adventures in archaeologyにおける解説記事はこちら(英語)
・国立科学博物館におけるシンポジウム「旧石器時代のアジアにおける現代人的行動の出現と多様性」および第4回アジア旧石器協会(APA)日本大会についてはこちら
by asiansophia | 2011-11-14 06:00 | 旧石器考古学/Palaeolithic

根津・谷中散策/ Walking around Nezu & Yanaka

 先日の記事の続きです。上野の後は、「谷中」の下町を見たいというリクエストでした。ガイドブックにも紹介されているようです。
根津・谷中散策/ Walking around Nezu & Yanaka_a0186568_952971.jpg

 上野の東京公立博物館を見学し終わったのは、もう夕方4時ころでした。それから、根津神社へ移動。不忍通りから路地に入ると、さっそく下町の雰囲気に喜んでもらえました。
After visiting Tokyo Nat.Museum in Ueno Park, we moved to Nezu-jinja Shrine. There is still remained old style cityscape around Nezu-jinja.

根津・谷中散策/ Walking around Nezu & Yanaka_a0186568_96134.jpg 楼門、国指定重要文化財。1706年、徳川五大将軍綱吉の時代にここに造営され、楼門や拝殿など当時の建物が現存しています。
'Romon'- the main entrance gate of the shrine, designated a national important cultural property. Nezu-jinja shrine was established by Tsunayoshi the 5th Tokugawa shogun in 1706 here. Some buildings such as the main entrance gate and worship ceremony hall are remained as original buildings.
根津・谷中散策/ Walking around Nezu & Yanaka_a0186568_9261269.jpg



 境内の乙女稲荷。奉納された鳥居が並んでいて、私たちが見ても不思議な場景です。
'Otome-inari' shrine, affiliated with main shrine. 'Inari' is the deity of rice harvesting. People donate 'Torii' the red entrance gate when offering.

根津・谷中散策/ Walking around Nezu & Yanaka_a0186568_9345297.jpg



 根津神社のあとは、コーヒーで一服、それから団子坂下の「いせ辰」でおみやげ探し。
After Nezu-jija, we were coming to 'Isetsu' the special workshop of traditional Edo-styke paper works.

根津・谷中散策/ Walking around Nezu & Yanaka_a0186568_9363113.jpg

 Georgeは伝統型紙にご執心。江戸時代、大名家などのご贔屓だったという「いせ辰」さんは、創業以来の江戸時代の型紙を復刻しています。最近では、ゴッホの絵の背景に描かれた江戸型紙が「いせ辰」さんのものであることが判明したとか。
Geoge was fascinated with traditional block print paper. 'Isetasu' was founded in Edo period. They make efforts to research and to reprint original patterns.

根津・谷中散策/ Walking around Nezu & Yanaka_a0186568_9452179.jpg

 「いせ辰」さんを出る頃にはすっかり日が暮れてしまいましたが、谷中銀座を抜けて、日暮里駅まで歩きました。庶民の暮らし(?)をそれなりに楽しんでいただけたかと。
Then we were coming to Yanaka where old style shopping mall are. There are many small shops for food and other things.

 実は、谷中界隈は十数年前にしばらく暮らしていたことがあります。その頃から比べて、不忍通り沿いは高層マンションだらけになりましたし、また観光ブームにのったお店がずいぶん増えて雰囲気も変わったなぁと思ったりもしたのですが、海外からのお客さんには、銀座、浅草などの定番スポットや新宿、秋葉原などの繁華街とは違う一面を見ることができて楽しかったようです。よかった。
 また、案内をしようと思うとそれなりに下調べも必要なので、あらためて知らなかったことを知ることができたり、現地でもふだんは気づかないことに注意を向けられたり、楽しい経験でした。
 ちなみにお二人はこの後、日光、鎌倉、伊勢神宮、飛騨高山、白川郷、金沢、京都、奈良、と歴史的な日本を満喫する旅路を楽しんでいったようです。
Actually I've been in this area-Nezu and Yanaka for 9 years. It was 20 years ago, so cityscape is so changed in recent decade. However the area still keeps old-fashioned town, quite different from famous visiting spot in Tokyo, such as Ginza, Asakusa and Akihabara. So this area is still curious for overseas tourists.
And for me, it was also exciting experience to research again things and history for guiding people. I'm inspired many things with their different aim.
I wish they had excellent trip in Japan :)
by asiansophia | 2011-11-13 09:59 | おでかけ/ Japan