S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

PJAM2012
3.11 Earthquake
Archaeology(English)
India2011
日々のできごと/ Daily life
アジア/ Asia
おでかけ/ Japan
南アジア考古学/SA Arch.
野川・多摩川/RegionalStudy
旧石器考古学/Palaeolithic
砂川・武蔵野台地北部
考古学(ジオ)
考古学(いろいろ)
雑記

最新の記事

ブログ移転のご案内
at 2012-08-15 01:41
PJAM2012#19 ハイ..
at 2012-04-07 20:00
PJAM2012#18 ヴィ..
at 2012-04-06 20:00
PJAM2012#17 砂漠..
at 2012-04-05 20:00
PJAM2012#16 フェ..
at 2012-04-04 20:00

最新のトラックバック

石器文化研究会 シンポジウム
from 黒く光る石と黒く動く虫

以前の記事

2012年 08月
2012年 04月
2012年 03月
more...

ライフログ



Ninja analyse

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2011年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧

歌舞伎揚げアウトレット

a0186568_20242861.jpg 日曜日は、奥さんのママ友家とブルーベリー狩りに行く予定だったのですがあいにくの雨。しかし一日家にいるわけにも行かないので、とりあえず、ドライブがてらイオンモールむさし村山ミューまでおでかけ。
 そして目的地周辺は、実は製菓工場がたくさんあって、アウトレット・ショップもあるのです。カステラの文明堂、歌舞伎揚げの天乃屋、和菓子の紀伊国屋、などなど。

a0186568_2024535.jpg なかでも息子×2に大人気だったのは、歌舞伎揚げの天乃屋。せんべい、とくに歌舞伎揚げ大好きの2人にとっては夢の国だったようで...朝から騒いでいたせいか、車中ではやばやと昼寝(午前寝?)していたところ、目覚めとともにせんべいの国に到着したので、しばらく、本当の意味で夢見心地なようでした。

a0186568_2025579.jpg
 ここでは、通常の歌舞伎揚げのほかに「こわれ」商品が格安で多数あります。定番の歌舞伎揚げのほかにも、いろいろな種類があるのも楽しい...というわけで息子×2だけでなく、親×2も満足。

a0186568_20295150.jpg

 今回は、「特煎 塩ぽん酢味」という新商品(たぶん)がヒットでした。息子1は黒胡麻煎餅、息子2は定番の歌舞伎揚げがお気に入りとのことです。たっぷり試食した上で、たっぷり購入しましたよ。

a0186568_2173840.jpg 歌舞伎揚げ試食中の息子1。
 この後、目的地のイオン・モールでお昼を食べて、オリオン書房のキッズ・コーナーで遊び倒して、サーティーワンでアイスを食べ、さて帰るか、ということろで...

a0186568_2175864.jpg 忍たまを発見!! シネコンが併設されているので、舞台挨拶あんどキャンペーンだったらしいです。主題歌を一緒に歌って、握手してもらって大興奮。
 この後、映画主演の加藤清史郎くんが挨拶に来るらしかったのですが、もちろん息子×2は興味なし...
 映画のチラシを握り締めて大満足で帰宅しました。もちろん、帰りの車中は爆睡です。
[PR]
by asiansophia | 2011-07-31 21:12 | おでかけ/ Japan

Fish Market in my town

a0186568_17172798.jpgOur family often come to fish market in our home town on Saturday morning.
Our town is about 50km distant from sea, but whole seller transport fresh fishes every morning except Sunday. So we can take fresh fishes every time we want. The market opens only in morning. For us, it is difficult to come there in weekday. So we come on Saturday.

a0186568_17232686.jpgThere're so various fresh fishes in the market. We are always wavering which one we'd better to take...fishes of ocean, coastal, in season, other kind of seafood such as squids, seashells and so on.

a0186568_1718865.jpgThese are variety of tuna (Bigeye tuna: Thunnus obesus/ 'Mebachi Maguro' in Japanese). As you know, tuna is so large (around 2-3m). So shops serve them in sliced.
Japanese people loves tuna very much but now almost tunas are faced to threat of extinction...

a0186568_17185236.jpgThese are sliced Skipjack tuna (Katsuwonus pelamis/ 'Katsuo') in right, and Japanese red seabream (Pagrus major/ 'Madai'). Both of them are also relatively large (around 0.5-2m) so they are served in sliced too. And both of them are very suitable for Sashimi (sliced raw fish usually served with soy sauce and wasabi). We took Skipjack tuna in this time.

a0186568_18174358.jpgThis is a Sashimi dish of Skipjack tuna in our dinner, served with chopped tiny leek, grated garlic and ginger, and soy sauce. Of course it is so yummy :D

a0186568_17201874.jpg




Tunas are oceanic fishes. And there're also various coastal fishes. These are Chub mackerel (Scomber japonicus/ 'Masaba'). These are served as marinade ('Sime-saba'), simmering with soy paste (as known as 'Miso'), grilling with salt or dried fish.


a0186568_17212134.jpg


These are Japanese flying squid (Todarodes pacificus/ 'Surume ika'). We Japanese like variety of squids too. Fresh squids are suitable for Sashimi. Also we have various recipe for squids: simmering, boiling, grilling, and dried 'Surume ika' is very popular.


a0186568_1722137.jpg




This is a Japanese amberjack (Seriola quinqueradiata/ 'Buri'), maybe this is cultivated. Fish cultivation is very major in Japan. Various fishes, seashells and seaweeds are cultivated.

a0186568_19304478.jpg
Another coastal fishes are here. Japanese red seabream in right, and Pacific saury (Cololabis saira/ 'Sanma'). Tunas, mackerels and seabremas are living in tropic to temperate zone, but sauries are living in northern cold current.
We have rich marine resources because of both warm and cold current meet off Japan. We can get tropic, temperate and cold zone fishes.

a0186568_1931474.jpgLocal fishes are also favorite of Japanese. These are 'Magochi' (Platycephalus sp.). Benthos fish, grown up 30-100cm. Sashimi, simmering and Tempra are good.

a0186568_19312495.jpgWe Japanese like seashells too. We have so various seashells...it is continued from 10,000 years ago Jomon Age :)

a0186568_19314929.jpgThese are Japanese rock oyster (Crassostrea nippona/ 'Iwagaki'). This species are now in season.

a0186568_17192036.jpgWe also love crabs. These are Horsehair crab (Erimacrus isenbecki/ 'Kegani') from cold north western Pacific. Boiling is popular recipe for them.

a0186568_19322528.jpgThese are fresh water fishes: 'Ayu' (Plecoglossus altivelis altivelis) and Rainbow traut (Oncorhynchus mykiss/ 'Nijimasu'). The latter one is not original species in Japan, but introduced in recent.

These are only very small portion of our menu. We have much various fishes in each regions and seasons. We Japanese have particular gene of fish-eater inherited from our ancestor in Jomon Age.

However now we face to radioactive contamination in ocean...coastal fishery along north-eastern part of Japan are heavily damaged. Accumulation of radioactive contamination through food chain is actually effected to some species. For the moment, high-level contamination seems limited off Fukushima Pref. However we don't know detail of low-doze contamination dispersal into ocean... Not only in sea, but also inland fresh water contamination in and around Fukushima Pref. are another problem. We cannot estimate how affect in total, until now...
[PR]
by asiansophia | 2011-07-31 20:15 | 日々のできごと/ Daily life

The Day of Archaeology 2011

 以前にも紹介したイギリスでのイベントです。7/29ということですが、現地時間(UTC)ではまだ進行中です。
 Wordpressを利用して、Weblogの形式で今日(7/29)の出来事を投稿することになってます。
 じつは、うっかりしてたらエントリーのためのメールがスパム扱いされているのに気づかず、直前になってようやく主催者とコンタクト取り直して先ほど、ようやく投稿してきました。今、けっこうなハイペースで投稿が増えてます。日本時間で30日0時30分現在で225件の投稿、30件のドラフト(書き込み途中)、16件のアップ待ち、となっていました。ちょうど、現地では午後~夕方の時間帯にかかって、私自身の投稿までの間、1~2分に1本くらいのペースでアップされてますね。
 まだ全部を読むには全く至っていませんが、やっぱり、ご当地イギリスが最多のようです。ウェブ・サイトのAll Entriesのページから、アップされた投稿を見ることができますよ。時代や内容などに関するタグも付されているので、検索するといろいろ出てくると思います。今のところ、Japanで検索すると引っかかるのは2件だけですね。
まだ進行中のイベントなので、また後ほど何かあれば報告します。
では

【7/31追記】7/31AM9:30現在、投稿は400件に達してます。投稿一覧はこちら。日本からのエントリーとして確認できたのは2件ですね。
A Day in Japanese Archaeological Laboratory (by Atsushi)
Toneri site is the oldest village in Adachi, Japan (by Koshikawa)
[PR]
by asiansophia | 2011-07-30 00:39 | 考古学(いろいろ)

7月3連休のころ/ days in July

a0186568_133546100.jpg うっかりしていたら、あっと言う間に1週間半も過ぎていました(汗)
 ただただ、エアコンのない熱帯夜のPC部屋に入りたくなかっただけで、どこにも出かけていませんし、いたって元気です。とくに息子×2は無駄なくらい元気です(⇒写真のとおり)
Our family days in July, from 14 to 18. Aki and Tomo are still active as well as usual.

a0186568_13461059.jpg

 ということで、3連休ころのできごとをダイジェスト版でお送りします。
 まずは14日、3連休前ですがこの日は奥さんが暑気払い...ということで、男3人で夕食。
On 14th evening, mum went to dinner with her coworkers, so we 3 guys had dinner at Udon (Japanese noodle) restaurant.

a0186568_13545652.jpg
 いつもの「喜三郎」さん、分倍河原駅の近く。この界隈ではダントツの讃岐うどん屋さんということで合意を得ています(笑)
 左は月見納豆おろしぶっかけ、下は海老天ぶっかけ。大人用大盛り1人前=息子×2の分です...
Aki and Tomo prefer Udon too much. Always we come to one restaurant.

a0186568_13554490.jpg

We chose with fresh egg and Natto (above); and with Tempra of shrimp (left).
 こちらのお店は、子供連れでも全然OKなので大変たすかります。注意していても、子供の食事は無法地帯になってしまいますから...

a0186568_13363413.jpg


 とくに息子2は、大好きなうどんは手づかみ食べなので...後片付けが大変です。
Sometime small children are rejected from restaurant. It can't be helped. I know children make much troubles...
So the restaurant which is familiar with small children is really helpful for us.

a0186568_13364323.jpg 食後は、ママに内緒でサーティーワンでデザート。最近、すっかり知恵のついてきた息子2が、ここぞとばかりに主張したので...
After having Udon, we have tasted ice cream at Baskin Robbin's 31. This was the Tomo's planning...now he become so clever after being 2 yrs old...

a0186568_133807.jpg


 続いて15日は、息子2の保育園の夏祭りでした。
It was the Summer festival at Tomo's nursery school. This is very ordinary style of festival place; tower constructing at the centre for playing music, decorated with colourful flags and Chouchin (Japanese paper-made lantern).
a0186568_13372894.jpg
 いちおう、浴衣に甚平でお祭りに参加...でも、あっという間に砂だらけです(涙)
Aki wore Yukata (kind of Kimono, not formal but for casual wear in Summer season), and Tomo wore Jinbei (more casually home wear, be popular from early Modern times). These are traditional style to join Japanese Summer festival.

a0186568_1338365.jpg
 16日は、奥さんの出勤日だったので、またまた男3人で府中市郷土の森博物館へ。そして、またまた博物館は素通りで水遊び広場へ...ゴメンナサイ
On 16th, it was Saturday but working day for my wife, so we guys come to Fuchu municipal field museum...not to see exhibition but just to enjoy bathing.

a0186568_13392894.jpg

 息子2も、5月以来2度目と言うことで、すっかり怖がらずにどこまでも行ってしまいます...さすがにこっちを放っておくわけにはいかないので追いかけていると、あっと言う間に息子1ははるか彼方に...
 そろそろ、迷子の時期ですね。危険だ...

a0186568_13394544.jpg
There is an artificial pond with small falls and fountains inside field museum. Children can enjoy bathing during Summer season. So many children are gathering every weekend! A pond is slight large... so while I should follow Tomo, Aki went away... I'm anxious but he doesn't mind :(

a0186568_13395891.jpg
 水遊びの後は、カキ氷。でも、冷たすぎて、半分くらいは溶けたあとのシロップ水を飲んでましたが...;
After bathing, they had a shaved ice with syrup. However it was too cold for them, then they waited melting and sucked sweet cold water...

a0186568_13402054.jpg


 17日も奥さんの出勤日、連日プールの要望もありましたが、親がもたないので府中駅前の「たっち」で我慢していただきました。
Sunday was also working day for my wife, so we guys come to public play square at Fuchu station.

a0186568_13403294.jpg
 で、その後は近くの伊勢丹で沖縄物産展へ。ジューシーのおにぎりと紅豚(紅イモで肥育してるそうです)の餃子、紅イモのアイスを食し、試食もたっぷり楽しみました。
After playing, we come to Okinawa products exhibition at a department store. We had some local cuisine for lunch and purple yam ice cream for dessert.

a0186568_13411777.jpg
 18日は海の日で、ようやく全員お休み。息子×2はママに公園に連れて行ってもらった後で、近所のタリーズで合流。キッズ・コーナーでブロック遊び。
 兄は、なにやら不安定なオブジェを作っていますが...予想通り、この後、破壊王に壊されました...

a0186568_13412884.jpg



It was national holiday on 18th July. Aki and Tomo was going to a park with mum, then come to Tally's coffee shop. They enjoyed in kid's space inside coffee shop. Aki built funny object and... Tomo collapse it. It is very habitual scene in my family. Aki doesn't get angry with Tomo. They are really friendly brothers.
[PR]
by asiansophia | 2011-07-24 15:25 | 日々のできごと/ Daily life

まめぐい/ mamegui?

a0186568_18163051.jpg 1週間以上遅れですが...
 マッラー教授、とくにご家族へのおみやげを探していたところ東京駅地下グランスタで発見しました。手ぬぐいショップで有名な「かまわぬ」が展開している「まめぐい」です。

a0186568_18155983.jpg





 要は、小さなてぬぐいなんです。で、マッラー教授のご家族用には、金魚鉢、朱の匹田文、麻の葉文、七宝(濃茜色)を取りそろえてまとめ買い。

a0186568_18172190.jpg

 ついでに、誕生日ということで息子2に...だけ、というわけにはいかないので息子1と、さらについでに奥さんの分も。それが上の写真の3品。SL、カメ、新幹線です。
 そう!こちらでは、お菓子などを選んで中に包んでくれるのです。

a0186568_18195317.jpg



 ちゃんと、それぞれの絵柄がきれいにかたちになるように包んでくれますよ(当たり前か)。

a0186568_18185168.jpg




 新幹線とSLは、下に線路まで描いてあったりして芸が細かい。
 息子×2もよろこんでおりました、が...

a0186568_18203212.jpg


 なかみが煎餅だと知ると、あっという間に包を開けて...

a0186568_18214914.jpg






 あっという間に、興味の中心は食べ物へ。

a0186568_18304077.jpg


 まぁ、せっかくなので内箱ともども取っておいて、何かの時にまたお菓子でも包んであげましょう。


Sophisticated wrapping by Tenugui. Tenugui is Japanese traditional dyed cotton cloth use for hand towel. There is special shop which produce small Tenugui and wrapping pretty sweets or other souvenirs. Their work is sophisticated...wrapping small box so dyed pattern is shown in 3-dimensional!
I chose a steam locomotion for Tomo as his birthday present, Shinkansen for Aki and tortoise for my wife. Both of my sons are fascinated with them, but...when they know what is in it, immediately their interest shift to content. For them, eating is prior than any other things :D
[PR]
by asiansophia | 2011-07-13 18:43 | 日々のできごと/ Daily life

ジャガイモ掘り大会/ harvesting potato

a0186568_23334633.jpg そして日曜日は、ジャガイモ掘り大会でした。市内の農家が育ててくれたジャガイモを畑の畝ごと販売してくれるのです。
 現住地に引っ越して以来、かれこれ4回目、7月の公式行事です。
 梅雨も明けて暑い日が続いていたので、畝は雑草に覆われています。まず手始めに雑草の除去。

a0186568_23343351.jpg

 今年は、息子1の同級生の6家族、計19人で掘りました。1歳児クラス3人、3歳児クラス6人、小学生1人、大人8人です。
 
a0186568_23345558.jpg



 ちょっと満員のようにも見えますが、そんなこともありませんよ。なぜか、一ヵ所に固まってるだけ。

a0186568_23354452.jpg


 真剣にイモ掘り中の息子1。ただし最初の15分だけ...

a0186568_2336235.jpg



 端から戦力外通告の息子2。どこかへ行ってしまったり、暑さでダウンしたりしないでいてくれればそれで十分です。
 この後お子様たちは、ハサミムシやイモムシ探しに熱中し、あちこち駆け回りだし、真っ赤になって一時日影で休憩するもまた走り出し...

a0186568_2338313.jpg イモ掘りはどこへやら、しかし泥だらけになって、収集がつかなくなりかけたところで解散。
 たぶん、全体で30キロ弱くらいだったのではないでしょうか。今年は雨が少なかったためか、大粒でよく熟していました。大収穫です。
 これから、各家庭でしばらくはジャガイモ祭りですね。




On last Sunday, we held potatoes harvest gathering at a field. 6 families of Aki's classmates were gathering. Small children around 1-3 years old had fun with digging, cropping potatoes...not only potato but also insects and worms in a field!
However it was pretty hot so we should take care with heat exhaustion. Fortunately no child got down by heat.
Because of small rain during June, the potatoes have cropped well this year. Each family got 3-5 kg of potatoes. So we will enjoy fresh potatoes for weeks :D
[PR]
by asiansophia | 2011-07-12 00:10 | おでかけ/ Japan

Airport and big wheel: 成田空港と大観覧車

a0186568_22335879.jpg 6/11に来日されたマッラー教授、1ヶ月の招聘期間を終えて7/9に無事帰国されました。
 帰国の日は、午前発の便だったのでどうしようかと考えた末、結局、車で成田空港までお送りしました。朝の首都高~東関道は渋滞知らずで、明大前から成田まで所要1時間半弱とスムース。

a0186568_22341524.jpg


 搭乗便のチェックイン開始まで間があったので朝食。
 息子1は相変わらずマッラー教授にえらい懐きようで、ずっと傍から離れませんでした。あやうく、パキスタンまで連れて帰られるところだった...
 対して息子2は、マイペースに自分の食べたいものを食べ続けています...

a0186568_2235113.jpg マッラー教授のチェックイン待ちの間、息子×2は出発ロビーの窓から飛行機+空港ではたらく車を見学して大興奮。

a0186568_22343111.jpg





 飛行機はもちろんのこと、トーイング・トラクターとかタグ・カーとかハイリフト・ローダーとかフード・ローダーとかetc.

a0186568_22352738.jpg セキュリティーチェックの前でマッラー教授とお別れした後で、ターミナル・ビルの屋上から滑走路を見学。
 とんでもない陽射しでしたが、金網にかぶりつきで堪能してました。しかしさすがに暑過ぎたのか、珍しく自発的に「もういい」と言いました。

a0186568_22351411.jpg



 息子1は大韓航空のカラーリングとマークを覚えていて、「韓国飛行機」と呼んでいます。
 ちなみにANAは「中国飛行機」(中国に行く時に乗ったから)、赤い飛行機はすべて「マレーシア飛行機」(エア・アジアXが赤かったから)です...

a0186568_22354192.jpg その後、息子2は、兄に無残にも破壊されたタクシーの代わりにオモチャを買ってもらえることになり、「航空科学博物館」ショップへ。事情を言い含められていた息子1は、しかし知恵を働かせて、飛行機や自動車がいくつも入っているセットを息子2に買わせようと画策するも...息子2はあっさり飛行機1つだけで満足。兄4歳の悪知恵は実らず^^;

a0186568_2235546.jpg

 ゲットした飛行機を手にまろやかな息子2。このまま「ぶ~んぶ~ん」と飛行機を飛ばしつつ、夢の国へと...
 一方、息子1は我慢に我慢を重ねていたのですが、ついに堪えきれなくなって父親にしがみつき泣くのを堪えていたところで...母親の温情措置により買ってもらえることに。ところがここでもまた悪知恵をはたらかせて、2機セットの飛行機がいいよと主張するもあっさり却下。弟と同じもので手を打つことに。
a0186568_2236780.jpg
 さてその後、どうせ遠出したのだからついでに、ということで経路上の葛西臨海公園に立ち寄りました。朝早く、また成田でひとはしゃぎした人たちは、車中で1時間ほどぐっすり寝たので、再度復活です。

a0186568_22363046.jpg




 実は息子×2ともに観覧車初体験でした。

a0186568_22364313.jpg


 ということで初めのうちはおとなしく座っていましたが...

a0186568_22372911.jpg



 あっと言う間にこの状態...
 しかも息子1、半分過ぎたくらいのところで「もう下りたい」...と言われても無理なのですがね^^;

a0186568_22374218.jpg

 それはともかく、ひさびさにのると大人でも楽しめました。スカイツリーも見えたりして(右下)

a0186568_22365578.jpg
a0186568_22371536.jpg








On 9th July, we were coming to Narita International Airport to see off Prof.Mallah's departure. Aki was still attached to Prof.Mallah very well. He promised to visit Prof.Mallah in Pakistan in future.
After sending off Prof.Mallah, we were climb up to the top of terminal building where observatory is. Aki and Tomo took pkeasure in watching airplane and cars working in airport. However it was so hot sunny day that we couldn't stay so long time in there.
Then we went to a souvenir shop to buy toy airplane for Tomo instead of broken miniature Ambassador taxi... At last both of them got each toy airplane. They were so happy.
On the way back to home, we stopped at Kasai seashore park at Koutou ward. The park is constructed on recent reclaimed ground in bay area. There is the largest Ferris wheel in Japan. We got on the wheel.
This was the first experience for both of my sons, so they sat on seat meekly at first...but soon they started romping around :(
Even Aki said 'I'd like to get off right now' at the highest position...
Anyway view from higher position were actually incredible. We can see highly developed bay area of Tokyo City.
#below left: aerial view of Kasai seashore park, aquarium, and artificial tideland constructed for bird's and tidal living things' sanctuary
#below right: currently renovated river side area, the highest building is Tokyo Sky Tree, 634m height broadcasting tower).
[PR]
by asiansophia | 2011-07-11 23:25 | おでかけ/ Japan

Days in Tokyo, with Prof.Mallah#7

a0186568_2157175.jpgOn 6th July, we have taken the 3rd lecture of Porf.Mallah, titled 'Earliest chert extracting quarries: a view from archaeological exploration in and around Rohri Hills, Sindh, Pakistan' (abstract).

(right: Prof.Mallah in front of a University building in which University Museum is.)

a0186568_2157335.jpg
Opening address by Prof.Yajima.

a0186568_21574389.jpg
a0186568_2158432.jpg
(left:Prof.Mallah and participants.)
This lecture was held in collaboration with Meiji University Centre for Obsidian and Lithic Studies.

a0186568_21575775.jpg

The Centre investigates Takayama obsidian source sites including cluster of Jomon obsidian quarrying pits.

a0186568_21581793.jpg

(left: Prof.Dr.Ono, president of the Centre for Obsidian and Lithic Studies, in discussion)

a0186568_2158322.jpg(right:concluding remark by Prof.Dr.Ono.)
(below: Prof.Mallah and participants)
a0186568_21585814.jpg
Comparative study with Rohri, Takayama and other regional cases is one of the challenges for lithic studies.

This was the last lecture of Prof.Mallah in Tokyo. On 7th July evening, we had farewell party in a Soba restaurant at Shinjuku. Then Prof.Mallah has left from Tokyo. During his stay in Tokyo, we had much discussion on many issues. I hope that he got much things in Japan.
And we promise to keep close relationship and to make effort for future collaboration. I wish to see him in Pakistan, next time! :-)
[PR]
by asiansophia | 2011-07-11 22:25 | 南アジア考古学/SA Arch.

マッラー教授とランチ

a0186568_218206.jpg 本日(7/3)は、マッラー教授とわが家一同で、新宿でランチでした。前回、夕食を一緒して以来、なぜかマッラーさん大好きになった息子1の希望です。
 今回も、ずっとマッラーさんにぶら下がったり抱きついたりと、やたらと懐いています...
 ちなみに、息子2は、典型的な次男坊(失礼)のオレ様王国の王様なので、こういう時はずっとママにくっついたまま、恥ずかしがっています(笑)
 東京の電車が嫌いなマッラーさん対応と、わが家のこの後の予定もあったので車で移動。わが家~中央道~明大前までは順調だったのですが、新宿駅の手前500mから明治通りまでは案の定の渋滞でした... なので、帰路は首都高の下から参宮橋~西参道口から20号へ。なるほど、こっちを通って新宿駅前を迂回すればよいのですね。いい勉強になりました。
 お昼は、新宿高島屋タイムズスクエア内の韓国料理KORIAN KITCHEN水刺齋へ。実はマッラーさん、キムチ好きなのです。息子1はお子様ピビンパ、息子2はお子様韓国風牛丼をむさぼり食ってました。この辺りからは、親×2でもなかなか難儀をしていたので写真ナシです。トホホ... そしてマッラーさん、お騒がせしました。
 この後、東急ハンズほかでマッラーさんの家族用のおみやげを買って帰りました。
 わが家は、そのまま一路川崎へ。息子×2は車中で小一時間ほど昼寝して充電、おばあちゃんとともに暑い昼下がりに外遊び... 夕食をご馳走になって帰宅したら、あっと言う間にばたんきゅうです。
 そしてメールを開くと、マッラーさんから、日本で寄稿予定の論文2本目のドラフトが届いてました...すごい、勤勉すぎる...

On 3th July, Sunday, my family have lunch together with Prof.Mallah at Korean Restaurant in Shinjuku. Aki become very attached to Prof.Mallah. He repeatedly asks me to meet him again... so we- Prof.Mallah and I promise to meet in Pakistan with both families. I wish the situation in Pakistan become better.
[PR]
by asiansophia | 2011-07-03 21:31 | 日々のできごと/ Daily life

Archaeology of Sindh/ ただいま工事中

 来日中のQ.H.マッラー教授と打ち合わせながら、ウェブ・サイトを構築中です(こちら)。
 今のところ、まだマッラー教授の東京での講演に関する限られたコンテンツしか利用できませんが、目下の目標は... Heritages of Sindhのセクションを構築することです。
 6月26日の講演でご紹介いただいたとおり、パキスタン・シンド州には、前期旧石器時代から近代(19~20世紀)まで多数の考古遺跡、文化遺産がありますが、その多くが危機的状況に直面しています。その中には、十分な調査・記録がまだなされていないものもあります。
 そこで、それらの遺跡・文化遺産を周知し、また研究や保護・活用に利用できるリソースを集約するためのプラットフォームとして、ウェブ・サイトを利用したい、というコンセプトです。
 まだまだ、写真の整理、基礎データの整理と検証に時間がかかるため、今すぐ公開、というわけにはいかないのでとりあえずコンセプト、イメージだけご紹介。
a0186568_1401680.jpg

 マッラー教授作成の文化遺産地図をクリックすると、それぞれの遺跡・文化遺産の紹介ページが開くように設計しています(これは地図だけです)。もちろん、地域や時代、名前からもリンクをたどれるようにします。
a0186568_1335627.jpg
a0186568_134184.jpg
 たとえば、ハイルプール県(Khairpur district)にある18世紀末のKot Diji Fortをクリックすると、これらの基礎データと写真が表示されます。Google map上にも位置のデータを入力中。

a0186568_1503190.jpg Kot Diji Fortの写真の一部。立派な焼成レンガ積の城壁が塩害によって基礎の部分から崩落し始めています。
 こうした状況を広く周知することが課題です。


a0186568_1341994.jpg





 Q.H.マッラー教授による遺跡・文化遺産の記録・保護のスキーム。これが、わたしたちのウェブサイトの基本コンセプトです。
 しかし夜中にしこしこと画像をいじったり、HTML打ち込んでるのでなかなか進まないですね;

Now I'm arranging our web-site "Archaeology of Sindh" in collaboration with Prof.Q.H.Mallah from Shah Abdul Latif University, Khairpur, Pakistan.
For the moment, we share only limited contents. However our main focus is to construct 'Heritages of Sindh' section. Sindh has plenty archaeological sites and cultural heritages including UNESCO world cultural heritage; Mohenjo Daro site and Makri Hill necropolis complex. But we can touch less information of other sites, monuments or intangible cultural properties. Even some of them are faced to threat of destruction... So we plan to open our web-site for platform of sharing information. We believe this web-site will be helpful for documentation and conservation of heritages in Sindh.
We will arrange clickable map (as shown above) and other index, then basic information of each sites, monuments or intangible cultural properties as sample screen capture.
Now I'm arranging photos for archive and location of each sites. Also we ask some expert to improve our description. It is not easy work for us. But we are eager to complete it. Please wait for a moment. We will share a part, step by step.
And if you want to join us, please make contact. We welcome all people those who are interested with Archaeology, History and Arts of Sindh!!!
[PR]
by asiansophia | 2011-07-03 02:25 | 南アジア考古学/SA Arch.