人気ブログランキング |


カテゴリ

PJAM2012
3.11 Earthquake
Archaeology(English)
India2011
日々のできごと/ Daily life
アジア/ Asia
おでかけ/ Japan
南アジア考古学/SA Arch.
野川・多摩川/RegionalStudy
旧石器考古学/Palaeolithic
砂川・武蔵野台地北部
考古学(ジオ)
考古学(いろいろ)
雑記

最新の記事

ブログ移転のご案内
at 2012-08-15 01:41
PJAM2012#19 ハイ..
at 2012-04-07 20:00
PJAM2012#18 ヴィ..
at 2012-04-06 20:00
PJAM2012#17 砂漠..
at 2012-04-05 20:00
PJAM2012#16 フェ..
at 2012-04-04 20:00

最新のトラックバック

石器文化研究会 シンポジウム
from 黒く光る石と黒く動く虫

以前の記事

2012年 08月
2012年 04月
2012年 03月
more...

ライフログ



Ninja analyse

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2011年 06月 ( 28 )   > この月の画像一覧

インド・タクシー無残: Ambassador crashed!

インド・タクシー無残: Ambassador  crashed!_a0186568_711524.jpg
 数日前のことです。息子1が、部屋の片隅で一心不乱にインドみやげのアンバサダー・タクシーをいじくり倒していました。そこまではよくある光景。
 ところがしばらくして、「タクシー壊れちゃった...」と申告。
 今度はドア・ミラーでもとれたか、と思って見たら...!!!! なんと?!

インド・タクシー無残: Ambassador  crashed!_a0186568_731311.jpg

 ボンネット部分が完全にとれてますよ?!
 工具とか、何も使わずに、どうやったらこういう壊れ方をするのでしょうか????

インド・タクシー無残: Ambassador  crashed!_a0186568_765810.jpg

 たしかに上部はフロント・ウィンドウ、ドアとの関係で接合部分がとても小さく壊れやすそうなのですが、シャーシ側は、どうやってねじ切ったのやら?
 「ママの手は魔法の手」ですが、子供の手はもっと魔法の手です。これぞハンドパワー?!
 なお、アンバサダー・タクシーは息子2のものなので、壊した張本人にはきつくしかっておいたのですが、息子2は壊されたことにいまだに気づいていない様子...

Miniature model of Ambassador Taxi, bought in India as souvenir is crashed...:-(
One day Aki was very concentrated playing with this taxi, then he called me...'taxi was broken...'
He didn't use any devices like as hammer nor scissors. He have done only with his hand...
Indeed, all children have incredible hand, they can brake everything with their own hands, I believe.
by asiansophia | 2011-06-07 07:14 | 日々のできごと/ Daily life

Jomon Regional: prologue

I am engaging to edit the excavation report of Shimohara & Fujimi-cho sites.
The first volume on Modern Age excavation is already published. I should complete the second volume on Jomon Age until the end of this fiscal year 2011.
Now I am researching about regional aspect of Jomon sites distribution in behavioural context...
Jomon Regional: prologue_a0186568_2362875.jpg
This map is not for my sites. Neighboring Tobitakyu site, 3km south of my sites and located beside Fuchu cliff-line which divided the Late Pleistocene upland from the Holocene alluvial plain.
Orange shadows are excavated area until now. Many preventive excavation are carried out before construction of roads, railways and buildings. This is not special case but common in Tokyo.
Black triangles indicate localities in which Jomon structures or artefacts were uncovered.
These series of maps are generated by Arc GIS with Tokyo Digital map (1:2,500 topography datum).
As you see, distribution of Jomon localities are obviously concentrated in southern and western part of the site. Otherwise there is no Jomon locations in northern part.
Locations of the Ancient Age are distributed in northern part. So this map shows trend in Jomon locations distribution.
Jomon Regional: prologue_a0186568_23132483.jpg
This seems as same as former one, but you can see small green dots in excavated Jomon locatlities. These dots indicate actual position of uncovered Jomon structure, such as dwelling pits, stone heaps in pit or other unknown pits.
There is a long excavated area on road, like across southern part of the site. Distribution of structures inside this locality is not evenly nor random, but concentrated in some locations.
'The Site' is not massive nor evenly substance. Sites are consisted with many localities.
Jomon Regional: prologue_a0186568_2361027.jpg
This is a same map as second one but changing background to contour and gradation map generated from 10m-mesh DEM by GSI Japan. It is clear that most effective factor is distance from cliff-kine. However micro-sale correlation between geomorphology and each Jomon localities are no clear in this resolution level. It must be examined with more detailed datum or another approach.

Further research:
Up to now, most research on distribution or territoriality are discussed on small-scale topography map (e.g.1:25,000 or smaller scale). In those case, 'a site' was expressed as simple dot without any spatial expanse and diversity.
However our generated map shows obviously diversity and non-evenness within such a 'simple dot'. 'A site' should contain various localities of activities and even blank area between such localities.
In our case, there is two different tendency. Along the cliff-line, density of activity indicated with number of structures is continuously fluctuated. Otherwise off the cliff-line, density of activity seems suddenly disappeared. This indicate obviously difference on land utilization pattern by Jomon people. Their activity is clearly concentrated along cliff-line.
Research and analysis on other sites are on going now. Also we set further information such as chronology (more resolved), type of structure, associated artefacts and so on.
I will show next step of our progress later...wait for a moment!

Now I am building up web-site on Shimohara and Fujimi-cho sites excavation. For the moment it is opened with tentative limited contents. If you have interesting with our excavation and research, please visit my web-site (click here).

Acknowledgement:
Ms.Mayumi KURASAWA and Mr.Masahiro ICHIKAWA are gathering information, operating GIS application and generating maps shown here.
by asiansophia | 2011-06-06 00:35 | Archaeology(English)

予告編 ジョウモン・リージョナル

 現在、昼のお仕事では、縄文時代と後期旧石器時代の報告書作成中です。
 今回は、縄文時代編のまとめ・考察に関わる話題をちょっとだけ先取り。
予告編 ジョウモン・リージョナル_a0186568_2362875.jpg
 これは、現在整理作業中の遺跡...ではなくご近所の調布市飛田給遺跡(一部、府中市武蔵国府関連遺跡白糸台地区を含む)の既往調査範囲です。オレンジ色の範囲は既往調査区。黒い三角印は縄文時代の遺構・遺物が検出された地点を示しています。ArcGISというアプリケーションを使用しています。背景の地図は東京デジタルマップ(1:2500地形図)です。
 ぱっと見て分かるとおり、図の上側=北側の範囲は、調査されているのに縄文時代の遺構・遺物が見つかっていません。「飛田給遺跡」としてはこのオレンジ色の範囲全体をカヴァーする形で登録されているのですが、縄文時代の遺跡としての範囲は、より南側に偏っている、と言えます。
予告編 ジョウモン・リージョナル_a0186568_23132483.jpg
 同じような地図ですが、これは各調査地点の中で、縄文時代の遺構が検出された位置に緑色のドットを落としています。
 ちょうど遺跡範囲の南側を東西に横切るように都道の調査区が横たわっているのでよく分かるのですが、遺構は均等に分布しているわけではありません。縄文時代の遺構・遺物が検出された調査地点の中でも、さらにまとまり・かたよりがあります。
予告編 ジョウモン・リージョナル_a0186568_2361027.jpg

 国土地理院による10mメッシュのDEMデータにもとづく段彩図・等高線と重ねてみました。ぱっと見、崖線からの距離が大きく反映していそうです。しかし、微視的なまとまりと地形との関係については、このレベルの解像度でははっきりしないですね。

 さて、これにもとづく今後の展開
1)遺跡分布論・領域論について
 小縮尺(たとえば1:25,000またはそれ以下)の地図上で、この全体を一つの点で代表させて遺跡分布を議論するのが従来の遺跡分布論・領域論だったと思います。しかしながら、住居跡以外のさまざまな遺構や、遺構はなくても遺物はある、といったレベルの行動痕跡の遺存する範囲と、掘っても何も出ない範囲が、その代表点の中に内包されています。
 微視的に見ると遺構・遺物の分布密度が散漫になりながらも次の密集地点へ連なっていく、という傾向を捉えられる崖線沿いの分布と、ある距離以上内陸に入ると分布がなくなる、という崖線に直行する方向の分布が見られるわけです。
 他の遺跡・遺跡群についても同様の作業を進めていくと、共通するパターンと固有のパターンが見えてきます。地形との関連、そのほかの要因の探索が今後の課題です。
 なおこれらの遺構・遺物分布のデータには、時期(大別型式単位)や遺構種別も含まれているので、そうした属性単位、および属性相互の相関も検討対象です。

2)遺跡発掘調査データの管理・アーカイヴについて
 ところで、このデータは、職場のKさん、Iさんの血のにじむような(?)努力の成果でもあります。それが何か?...つまり、遺跡の位置や範囲、調査成果について、総覧化されていないのです。
 ここ飛田給遺跡については、調布市教育委員会により調査地点(次数)や内容がその都度まとめられているので、遺構レベルまでの分布図作成もあまり困難ではありませんでした。しかしほかの遺跡の場合は...
 たとえばここ十数年で言えば、調査区の範囲とか遺構の位置について、発掘調査のたびにデジタル・データとして記録されているはずです。それらが共有化されていて閲覧可能ならば、そうした血のにじむような(?)努力を経ずに、分析・研究の次のステップに進めるのです。
 まずはそうした努力が必要だ、というご意見もごもっともですが、しかしすでにあるものを利用できるようにしないということとは別問題ですよね。お金をかけて調査、測量するわけですから、何らかのかたちで有効活用できるようにできないか、と。
 また調査地点の位置に関しては...ここでは比較的はやくに市街地化されていて、過去の報告書と現在の地形図との異動が少ないのですが、場所によっては、発掘調査地点が現在は空中(つまり削平されて消滅)だったり、等高線から道路、主要建物まですべて変わってしまっていたりして、位置を特定できないものがあったりします。
 え? 報告書抄録に緯度経度の情報があるじゃないかって? あっさりとそう言える方は、大変申し訳ありませんが、ここで示しているような精度の作業を行なったことがないのでしょうね。

 おっと、予告編なのに筆がすべりました。
 続きは、また後ほど。
by asiansophia | 2011-06-05 23:41 | 野川・多摩川/RegionalStudy

世田谷文学館「リンドグレーン」展: Lindgren exhibition


 ひさびさに家族4人でおでかけ。世田谷文学館で開催中(~6月26日)の「世界中で愛されるリンドグレーンの絵本」展へ。
 アストリッド・リンドグレーン(Astrid Lindgren)はスウェーデンの童話作家で、『長くつ下のピッピ』(岩波少年文庫版ほか)が有名ですね(左下)。

 個人的には、すっかりこの岩波版の挿絵のイメージだったのですが、これは桜井 誠さんという方の日本版限定の挿絵なのだそうで...(周知?)
 本場スウェーデンでは、ポスターにも用いられているヴァン・ニイマンという作家の挿絵が定番だそうです(右)。

 ほかにも各国版の「ピッピ」があるそうで、このイギリス版(ローレン・チャイルド画)は、いかにもイギリスっぽい(偏見?)。

We have visited Setagaya Literary Museum, to see the special exhibition of Astrid Lindgren. Lindgren is the famous Swedish juvenile book author well known as the author of 'Pippi Longstocking (Pippi Langstrump).
For me, as Japanese, it is very familiar with illustration by Seiji Ikeda (on the 2nd figure). Not until touching this exhibition do I know that there are various version of illustrations of'Pippi' in the world.
Swedish people love Ingrid Vang Nyman's 'Pippi' (on the 1st figure) and British children are familiar with Lauren Child's 'Pippi' (on the 3rd figure).
The exhibition bring fresh experience to me...(see more )

More
by asiansophia | 2011-06-05 20:46 | おでかけ/ Japan

次男のつくられかた: How the second son become what he is

次男のつくられかた: How the second son become what he is_a0186568_10184868.jpg 全国の次男のみなさん、すみません。あくまで、わが家の場合、ですから...
 息子1と息子2は2歳3ヶ月年が離れています。最近、いろいろなことができるようになってきて、語彙も増えてきた息子2は、本人的にはお兄ちゃんと同格のつもり...というか、お兄ちゃんができて自分にはできないこと、お兄ちゃんには許されて自分には許されないことがある、ということをまったく理解していないのです。

次男のつくられかた: How the second son become what he is_a0186568_10252141.jpg

 公園の遊具などで、かなり無茶をしています。この間は、すべり台の順番待ちで後から少しプレッシャーをかけられたら、4歳くらいのお姉ちゃんに先に手を出していました、トホホ... そして無茶をして落ちたり転んだり...
 ちょっと前まで、息子1の方が言葉で自己主張ができるので、言うことを聞いてばかりいると息子2がおろそかになりかねないところもあったので、やや傾斜配分していたのも影響してるのでしょうか?

次男のつくられかた: How the second son become what he is_a0186568_1028549.jpg まぁ実際には、そんなことを気にするまでもなく、息子2はつねにお兄ちゃんの存在感をかき分け、押しのけて自己主張し続けてるのですが。そして、保育園効果で小さい子供には絶対手を上げない息子1の対応に、ますます増長気味だったりも...
 でも本当は、お兄ちゃんにものすごく憧れていて、大好きなのがよく分かります。だから息子1も、やさしく接してあげてるのでしょう。
 余談ですが、息子1の保育所は乳児組が2F、幼児組が1F。同級生のYくんは、お兄ちゃんとようやく同じフロアになれる! と大喜びしていたら、何と卒園して小学校にいってしまった...としばらく打ちひしがれていたそうです。

My second son Tomo is 2years and 3months younger than Aki, my first son. Recently Tomo is growing up and getting ability to do something by himself. However he cannot understand that there are difficult things by his ability, and prohibited things for him.
He will do everything as well as Aki doing and he believes it is possible...
Then he often falls off from playground equipment. Furthermore he sometime have fuss with elder children in a park... :-(
Though he become talking, it is too short to express what he wants. He need to assert much more than his elder brother.
Anyway Tomo loves Aki very much. Always Tomo is gazing his brother in much recommendation. I think, he want to be like as his brother.
It is the way of ego formation of secondary son. To observe their growing up is very interesting for me :-)
by asiansophia | 2011-06-05 10:33 | 日々のできごと/ Daily life

インド滞在記2011 その16: India 2011 Part16

インド滞在記2011 その16: India 2011 Part16_a0186568_2153212.jpg お昼前にBanawali遺跡を発ち、一路、Kalibangan遺跡を目指します。
 途中、まっ平らに見える平原の中にゆるやかな起伏があったりします。ガッガル川をはじめとするHaryana平原の河川は、きわめてゆるやかで浅い凹地の中を流れているようです。

インド滞在記2011 その16: India 2011 Part16_a0186568_223674.jpg


 NH10を西へ進み、Sirsaという街へ。そこからHanumangarhへ向かいます。Rajasthan州に入ると、地形はさらに平かになって、ちょっと乾燥した感じ。
 途中、道の状態がかなり悪くなったりして、われらが運転手も苦戦中。(Banawali~Sirsa~Hanmangarh~Kalibanganのルートの概要はこちら

After visiting Kunal and Banawali sites, we were heading to Kalibangan site, about 200km distant from northern Haryana.
We were driving through Haryana Plain, fertile and very flat landscape. Sometime we saw small slope and depressed ground such as flood plain of remnant rivers in this region (photo#1). I think that geomorphological and hydrological setting and development of irrigation system is must investigated issue on Indus Archaeology in this region.
Anyway our taxi ran on NH10 west to Sirsa, then split to local road to shortcut for Hanumangarh. Landscape was change into more arid condition in Rajastan (photo#2).

More
by asiansophia | 2011-06-02 23:25 | India2011

インド滞在記2011 その15: India 2011 Part15

インド滞在記2011 その15: India 2011 Part15_a0186568_23511361.jpg 引き続き、3/2の旅をお送りします。
 Kunal遺跡の次は、Bhirrana遺跡へ。2003~2005年にかけてインド政府考古局(ASI)による発掘が行なわれました。インダス文明成立以前から文明期までの時期の遺構・遺物が出土している遺跡です。
 ここは、比較的マウンドの残りが良いようですね。
 写真は、車から降りるなり写真を撮りまくっているインド留学中のKさんと、インドで修行中のK先生のGPSユニットをかざして衛星電波を受信中?のNarederさん。

More
by asiansophia | 2011-06-02 00:43 | India2011

ベランダ菜園その後: flowers and harvests in balcony

ベランダ菜園その後: flowers and harvests in balcony_a0186568_23321163.jpg 梅雨入りも台風も、すべて例年より早いそうで...この上、猛暑になったら、もう逃げ場ナシですね;
 そんな天候ですが、引き続きわが家のベランダは順調です。
 ジャスミンに続いて、クレマチス(鉄仙)が今年も咲きました。でも、息子×2は食べれないものにはあまり興味がありません...

ベランダ菜園その後: flowers and harvests in balcony_a0186568_23351863.jpg

 そんな2人にはこちら。ブルーベリーは順調に育って実を大きくしています。今年は5月にそれほど暑くならなかったのがよいようです。

ベランダ菜園その後: flowers and harvests in balcony_a0186568_2338864.jpg



 この後、夏のおたのしみはこちら。奥さんがもらってきた半白キュウリは、まだ本葉3枚です。これから、ぐんぐん伸びていくことでしょう。
 そうだ、早くトマトを植えつけないと...


Clematis bloom large purple flowers in my balcony. Blueberry grow up well for the moment.
And yesterday I have planted cucumber. It will provide Summer delights for us :-)
by asiansophia | 2011-06-01 23:44 | 日々のできごと/ Daily life