カテゴリ

PJAM2012
3.11 Earthquake
Archaeology(English)
India2011
日々のできごと/ Daily life
アジア/ Asia
おでかけ/ Japan
南アジア考古学/SA Arch.
野川・多摩川/RegionalStudy
旧石器考古学/Palaeolithic
砂川・武蔵野台地北部
考古学(ジオ)
考古学(いろいろ)
雑記

最新の記事

ブログ移転のご案内
at 2012-08-15 01:41
PJAM2012#19 ハイ..
at 2012-04-07 20:00
PJAM2012#18 ヴィ..
at 2012-04-06 20:00
PJAM2012#17 砂漠..
at 2012-04-05 20:00
PJAM2012#16 フェ..
at 2012-04-04 20:00

最新のトラックバック

石器文化研究会 シンポジウム
from 黒く光る石と黒く動く虫

以前の記事

2012年 08月
2012年 04月
2012年 03月
more...

ライフログ



Ninja analyse

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2011年 05月 ( 39 )   > この月の画像一覧

保育参加: open day for parents @ nusery

a0186568_1791273.jpg 今日(5/31)は、息子1の保育所の保育参加日でした。参観ではなく、参加。日常の様子をこっそり参観した後、親も保育に参加するという催しです。
 いちおう、誰かが来ているのを察せられないように、目張りをされた窓の隙間から保育室の様子を覗うのですが、さすがに幼児組(3歳児クラス)になると、みな勝手知ったる何とやらで、こっそり覗いているこちらを覗き返して、「誰かいるよ!」とか、今日は「○○くんのママせんせいだ」とか、すでにバレバレです...
 で、本日は、園庭遊び、雨天延期になっていたサツマイモの苗の植え付け(近所の畑までプチ遠足)、戻って紙芝居(保護者実演)、給食、そしてお昼寝の時間帯に面談でした...が、しかし、わが家ともう一組ともに両親参加で人数が多かったのと、サツマイモの植え付けで保育所の外に出たのと、その他もろもろで子供たち全員テンションが高くなりすぎて、とうとう紙芝居の前には全員揃って先生に大目玉を喰らっていました(ToT)
 いちおう、0歳児クラスのときから毎回参加しているのですが、さすがに3歳児クラスになると、すっかり“赤ちゃん”から“子ども”ですね。片時も大人しくしていることなく、つねにそこらじゅうで誰かしらが、上を下に、右を左にひと騒ぎです。保育士の先生方のご苦労が偲ばれます...
 そして大目玉の際に先生、思わず本音(?)がポロリかと思ったのですが、今の保育所の仕組みでは、幼児組になると担任の保育士さんの定数が少なくなるのですね。はっきり言って、かなりギリギリにも思えます。
 保育所不足、待機児童解消のために、保育士数や教室面積、設備などの基準の緩和が検討されるようですが、この部分は、絶対に削ってはダメだと思いますよ。
 誰のための仕組みかといえば、働くために預けなければならない親のためでもなく、運営側の都合でもなく、一にも二にも、そこで日々を過ごす子どもたちのためでなければならないはずですから。
 とかく何かにつけて合理化とか、基準緩和とか、削れる部分を削って損益を出さない、あわよくば利益を出そうという方向性が強いようですが、やはり福祉とか教育は別枠で考えないと...将来、年寄りの面倒を見てくれるのは彼ら・彼女らなのですからね。
(写真は息子×2の登園スタイル。遠足ではなく、これがデフォルトです)


It is an open day for parents at Aki's nursery school. We, my wife and I, have joined it till afternoon. In Aki's nursery school. parents join to play and other care. Today's program is...playing in a schoolyard, walking to a field and trying to plant sweet potato, picturecard shows by parents, then school lunch. After lunch, it is a siesta time for children, and interview time for teachers and parents.
We were enjoying all but...children were in a fever with unusual situation...then they made their teacher angry at last!!!
It is 4th year for Aki in his nursery school life. He and his friends seem to be child, not baby as before.
In Japanese system of nursery school, number of teachers in higher age class should be reduced. Teachers take devoted care and education for children. For me, it seems as the last straw... However authorities claim that more reduction of teachers number as deregulation for setting up much numbers of nursery schools. Actually there is severe problem of shortage of nursery schools in urban side, especially in and around Tokyo. To resolve this problem, government and authorities examine deregulation...
But we should ask, nursery school will set up for what? It is very clear. It is for children, not for parents nor administrations... Children will carry our future!
[PR]
by asiansophia | 2011-05-31 17:53 | 日々のできごと/ Daily life

インド滞在記2011 その14: India 2011 #14 Importance of Kunal material

a0186568_23251046.jpg 前回の予告では、Kunal遺跡に続いて訪れたBhirrana遺跡を紹介することになっていましたが、その前にちょっと、Kunal遺跡について補足。
 前回ご紹介したとおり、このKunal遺跡では、インダス文明に先行する時期の集落跡が発掘されているのですが、そこから、きわめて重要な遺物が出土しています。写真は、Haryana州考古・博物館局による発掘調査概報*の表紙です。以下、同概報から、発掘調査の成果について簡単に紹介しましょう。

a0186568_23261836.jpg



 すっかり浸食・崩落が進んでしまった発掘区の、ありし日の姿。
a0186568_23283172.jpg
 こんな具合に各時期の遺構が検出されているのですが、もっとも古いIA期の遺構は、最下層にあるだけに検出数も少ないですね。しかしここから、斧、鏃、腕輪などの銅製品や、Rakhi Garhi遺跡と同じような、遠くRohri Hillsに産出するチャート製の石刃が出土しています。
 そしてきわめつけが...多量のビーズが収められた埋納土器です。
 概報によると、土器の中に収納されていたのは、3,370点の紅玉髄(カーネリアン)、2,860点の凍石(ステアタイト)、5,690点のラピス・ラズリ、487点の貝、92点のメノウなど、計12,445点ものビーズ!!a0186568_23421198.jpg






出土したビーズの一部。


 参考までに、現代のビーズ職人、パキスタン・ペシャワール在住のAbudul Momin Turkmenさんの工房の作品の写真も掲げておきます。a0186568_23472137.jpga0186568_2347974.jpg












 左の写真のようにネックレスやブレスレットに仕立てられていたのか、右の写真のように素材としてのビーズが収められていたのかは定かではありませんが、当時はこんな感じの色鮮やかな「宝物」だったのではないでしょうか?

 さて、これらのビーズの素材となる準貴石のうち、ラピス・ラズリは現アフガニスタン北東部Badakhshanン州(Kunal遺跡から直線距離で約900km)をおもな産地とし、カーネリアンはインド西部Gujarat州(同約900km)がおもな産地です。ステアタイトの産地は、比較的近くはヒマラヤ山脈前縁のJammuあたり(それでも約450km以上)、または現パキスタンのKybar Pakhtonkhwa州(同約700km)などにあります(ステアタイトの産地の詳細はこちら)。
 つまり、都市文明の前段階から半径900kmにも及ぶ範囲から、準貴石やチャート、そして可能性として海産の貝類までの資源が、広域に集められているのです。
a0186568_0104780.jpg そしてもう一つ、四角く、コブウシなどが描かれるインダス式印章とは異なるタイプのこの印章は、遠く、現パキスタンKybar Pakhtonkhwa州にある、Rehman Dehri遺跡から出土したもの(右下)と共通するモチーフですね。
a0186568_0214759.jpg


 しかしながら、土器の様相は広域的な統合をまだ示さず、地域的であるとのこと。どうやら、文明期に見られる地域間の統合の前段階に、物資の流通を通して緊密な地域間のつながりが成立しているようです。
 そしてそのつながりの中に、Rohri Hills産チャート石材と、そのチャートで作られた石刃の流通が組み込まれているようなのです。

 ということで、4ヶ月以上前に(続く)としたまま放置の、パキスタン・ペシャワールでのお仕事と、今回のインド訪問の間が、ようやくつながるのですが... さて、この続きはいつになることやら...



Kunal excavation by Dept. of Archaeology & Museums, Haryana delivered important material for considering the formation process of Indus Civilization.
One of most important finding is...hoard of semi-precious stone beads, unveiled from buried pottery, including 3,370 carnelian, 2,806 steatite, 5,690 lapis lazuli and so on.
This indicate long-range transportation, exchange network in the Early Harappan phase. Lapis lazuri might be brought from Badakhshan (Afghanistan), 900km distant in NNW of Kunal site. Carnelian might be brought from Gujarat, 900km distant in SSW of the site. Estimated steatite sources are either near Jammu (450kM) or around Peshawar Basin (700km) (about steatite sources, see Randall Law's work).
A steatite seal with 2 deers and geometrical pattern from Kunal site is similar with ivory seal from Rehman Dehri site in Gomal Plain (Kybar Pakhtonkhwa, Pakistan). Both sites are 600km distant. Those evidences suggest connection among broad area including NW India, most of Pakistan and a part of Afghanistan, at least. This area is almost same as territory of latter Indus Civilization.
Otherwise, pottery studies elucidate regional tradition in each area. It means that... before wide integration and unity of Civilization, there were regional societies connected distribution network of supplies. Production and transportation of Rohri chert blades might already be a part of such network, before Civilization.
This is the my primary stand to investigate lithic technology in the formation process of Indus Civilization.

* Acharya, M.(2008) Kunal Excavations: new light on the origin of Harappan Civilization. Department of Archaeology and Museums, Haryana.31p.
[PR]
by asiansophia | 2011-05-30 23:51 | India2011

Some trends in Japanese archaeology: the 77th Annual Meeting of JAA

a0186568_1758243.jpgThe 77th Annual Meeting of Japanese Archaeological Association (JAA) have been held at Kokugakuin University, Tokyo.
JAA is the largest association for archaeologists in Japan, established in 1948, and now has about 4,200 members. Annual meeting of of JAA is conventionally held on 2days (Saturday and Sunday) in May. It seems too short schedule for such a large association. But it is caused by the character of member of JAA; majority of them are public or private company employees engaging cultural property and heritage management and it is difficult to join weekdays meeting. So we take place annual meeting and commemorative lectures on Saturday, and presentations on Sunday.
In the 77th annual meeting, 7 special sessions, 44 oral presentations and 23 poster presentations are submitted.

Title of special sessions are as follows (translation is not official, in my sense):session#1
Thinking ancient ritual structure through archaeological settings: methodology and perspective on Shinto archaeology
session#2
Use-wear/ or traceological studies on pottery: reconstruction of cooking method of Jomon, Yayoi and Haji-ki pottery refer with soot and burnt charcoal on pottery
session#3
Jomon agriculture revisited: with special reference to recent advances in archaeo-ethonobotany
session#4
Collaborative studies of archaeology and osteo-archaeology: on the case of Pleistocene human skeletal remains uncovered from Siraho-Saonetabaru Cave, Ishigaki City, Okinawa Pref., Japan
session#5
Searching on the difference of learning ability to make stone tools between Homo neandertalensis and H.sapiens
session#6
Archaeology in education: how teach Yayoi and Kofun Age for children, practice and problem
session#7
Great East Japan Disaster and archaeology: an urgent report of influence on cultural property and heritage management, and reexamination of post Great Hanshin earthquake campaign

The session#1 is on methodology of ritual archaeology especially on ancient Shinto concerning with history, Shinto studies and theoretical archaeology.
The session#2 is on functional studies of pottery with experimental archaeology.
The session#3 is on archaeo-ethonbotanical study to search domesticated plant remains in Japanese Is. Some presentations are including recent advantages in SEM examination of inprint on potsherds.
The session#4 is on palaeoanthoropological case study of Pleistocene skeletal remains from Shiraho-Saonetabaru Cave at Ishigaki I. (see the link page)
The session#5 is the prehistoric archaeological section of inter-disciplinary research project of 'Replacement of Neanderthals by Modern Humans: testing evolutionary models of learning'.
The session#6 and #7 are carried by special committees of JAA, issues on relation between community of archaeology/ archaeologists and public soceity.

About oral presentations, subject age or region are as follows (some are counted twice) :
a0186568_1875862.jpg・Palaeolithic Age: 4
・Jomon Age: 9
・Yayoi Age: 3
・Kofun Age: 2
・Ancient Age: 4
・Medieval Age: 1
・Edo period (late feudal): 1
・Modern Age: 4
・Northern Island (Hokkaido): 1
・Southwest (Nansei) Is.: 2
・Korean Pen.:3
・China: 3
・Siberia and Far-eastern Russia: 2
・Southeast Asia: 3
・Central America: 1
・Ethnoarchaeology: 1


About poster presentations, subject age or region are as follows (some are counted twice) :
a0186568_1812114.jpg・Palaeolithic Age: 0
・Jomon Age: 7
・Yayoi Age: 2
・Kofun Age: 1
・Ancient Age: 0
・Medieval Age: 0
・Edo period (late feudal): 2
・Modern Age: 3
・Southwest (Nansei) Is.: 1
・Far-eastern Russia: 1
・Ritual archaeology: 1
・Ethnoarchaeology: 1
・Archaeology and public: 5

These numbers are not directly reflected recent trend of Japanese archaeology. Prehistoric studies are more active than last year, I think. The first time introducing of special session system might effect on submitting of presentation.
(If you can read Japanese, see original program from here)
[PR]
by asiansophia | 2011-05-29 22:41 | Archaeology(English)

渋谷界隈: 77th Annual Meeting of JAA

a0186568_1758243.jpg 台風2号の雨、風の中、渋谷界隈まで出かけてきました。ひとりで。
 昨日(5/28)、今日(5/29)は、日本考古学協会第77回総会が、國學院大學で開催されていたのです。

More
[PR]
by asiansophia | 2011-05-29 19:06 | 考古学(いろいろ)

【新刊】 堤隆著『列島の考古学 旧石器時代』: new book on Japanese Palaeolithic

 旧石器時代に関する新刊書籍のご案内です。
 先日、手元に届きました。著者の堤 隆さんからお贈りいただいたものです。堤さん、ありがとうございます!!
 河出書房新社の「列島の考古学」シリーズの第1巻にあたるのですね。奥付によると刊行日は5/20です。
 128ページと手ごろなボリュームな上に、うち48ページはフルカラー、それ以外にも写真・図が満載で、¥2,800(税別)なら、間違いなくお値打ちでしょう。
 内容は
 第1章 私たちはどこから来たか
 第2章 氷期の原風景
 第3章 石材資源を求めて
 第4章 技術と芸術に込められたメッセージ
 第5章 遊動する生活スタイル
 第6章 新たな時代への胎動 +コラム6編となっています。
 この1冊で、日本列島の旧石器時代研究の最新成果はもちろんのこと、日本列島に至るまでの人類の足跡や、旧石器時代から縄文時代への時代の変革まで、すべてを知ることができますよ。
 堤さんと言えば、これまでにも遠き狩人たちの八ケ岳黒曜石 3万年の旅ビジュアル版 旧石器時代ガイドブックなどなど、日本の旧石器時代についての一般向けの書籍を数々上梓されています。一般向けというジャンルでは、もっとも著作の多い旧石器時代研究者でしょう。
 そして堤さんのすべての著作に通底しているのは、平易でありながら一般読者の興味を惹きつける文体とともに、そこかしこに最新の調査や理論がしっかりと紹介されているところ。海外の研究者や遺跡の名前、理論などについて分からないと思った方は、読み飛ばしたとしても全体を理解する上で支障はありません(堤さんごめんなさい)。逆に、大学生などこれから勉強をはじめようとする人にとっては、ここにあげられている項目を、さらに自分自身で詳しく調べることによって、最新の研究へとたどりつける、その入り口になることは間違いありません。
 学生のときにはじめてお会いして以来、その精力的な活躍ぶりにあこがれを抱いてきたのですが... あっと言う間に、はじめてお会いした時に堤さんよりも歳をとってしまいました(涙) 全然、追いつける気がしないのですが、それはきっと、地道に歩を重ねずにフラフラしているからですね...

 それはともかく、旧石器時代について多少なりとも興味をお持ちの方は、ぜひ手に取っていただきたい1冊です。

堤さんの、そのほかの著作




New books on Japanese Palaeolithic studies, authored by Dr. Takashi Tsutsumi, curator of Aasam Jomon Mueseum, Nagano pref.
The book contains rich photographs and figures, including 48 full colour pages.
If you have any interesting with Japanese Palaeolithic archaeology, this book would provide wider knowledge...but only in Japanese.
I guess when this kind book would be translated into English and published on www, we could open the door to world-wide.
[PR]
by asiansophia | 2011-05-29 11:04 | 旧石器考古学/Palaeolithic

インド滞在記2011 その13: India 2011 Part13

a0186568_0214993.jpg 朝食を挟んでRohtakから約2時間半、最初の目的地であるKunal遺跡へ到着しました。Rohtakからここまで、直線距離で約120km、道なりだと150kmちょっとでしょうか。Punjab州との州境に近づいています。
 そして、前日に見て回った遺跡と同じく、周囲は、ほぼまっ平で、コムギとアブラナの畑が広がっています。


a0186568_0223559.jpg


 ここは比較的小規模な遺跡ですが、インダス文明に先行する時期から文明期への移行期までが層位的に確認されたことで注目されています。発掘調査はHaryana州の考古・博物館局により、1985年以降、数次に渡って行なわれました。現在では、フェンスで囲われて保存が講じられています。

More
[PR]
by asiansophia | 2011-05-28 01:01 | India2011

インド滞在記2011 その12: India 2011 Part12

a0186568_23423141.jpg さて3/1は4つの遺跡を見て回りましたが、翌3/2は、さらに多くの遺跡を、そして遠くの遺跡を見て回りました。そのためには、出発時間も早朝、日の出前です。
 実は、前日(3/1)も早朝に迎えに来るようにドライバーに言ってあったのですが、見事に遅刻しました(6:30のリクエストに対し、登場したのは7:30...)。ところが、翌日(3/2)は張り切ってリクエスト通り5:30に登場です。しかも、テンション高め...

a0186568_23503554.jpg
 本日は、地元Rohtak出身のMDU(Maharishi Dayanand University:ローフタク大学の正式名称)の院生Narender Parmarさんに道中の案内をお願いすることになっています。よって、公式には5人乗りの車中に、ふたたび6人すし詰め...
 それはともかく、朝もやの中をわれわれの車は一路北を目指します。

More
[PR]
by asiansophia | 2011-05-27 23:59 | India2011

インド滞在記2011 その11: India 2011 Part11

a0186568_2024218.jpg Rakhi Garhi の大セクションの前で、私たちは「遺跡の番人」Wazir Chand Saroaeさんにお会いしました。Rakhi Garhiの町に暮らし、長年遺跡の保護と、露出してしまった遺物の回収・収集に尽力されてきた方なのだそうです。
 このWazirさん、なんとScience誌の特集記事にも載ったことがあるのです!

a0186568_19433281.jpg

 大セクションの背後に回りこんでちょっと歩くと、Wazirさんのお宅です。
 お茶をご馳走になりつつ、最近紹介された新聞記事や、博物館に収蔵された貴重資料のことなどを、Dr.Shindeが解説してくれます。

a0186568_2034381.jpg

 そしていよいよ御開帳!!
 部屋の中央に置かれた小さなテーブルの上に、次々に素晴らしい遺物が並べられます。

a0186568_19455123.jpg




 ほぼ完形の土器を手に取るDr.Shinde。

a0186568_20353866.jpg



紅玉髄(カーネリアン)のビーズ!!



a0186568_19453495.jpg

 ごく一部のマニア向け...これは、隣国パキスタン・シンド州北部のRohri丘陵で産出するチャート製の石刃。石材の産地からここRakhi Garhiまでは、なんと直線距離で780km以上も離れているのです!!こちらを参照
 なおこの石刃は金属製の押圧剥離具を用いて生産されていることが、フランスの研究者たちにより解明されています。

a0186568_194684.jpg
 チャートの超円礫。いったい、どこから持ってきているのでしょうか?

 Wazirさんは結構有名人で、旅行者向けのガイドブックにも載っているくらいだそうです。芳名帳には有名な研究者が名を連ね、その中には日本人の名前も...と思ったらなんと、学生時代のKさんの名も...

a0186568_19464535.jpg
 貴重な資料をたくさん見せていただいた後は、ご家族とともに記念写真。
 Dr.Shindeいわく、遺跡に情熱を注ぐWazirさんは変わり者扱いされ、とくに遺跡が町の開発を阻害していると感じている住民の反発を買うこともあるそうです。
 いろいろ大変なことも多いと思いますが、放っておけば散逸してしまう貴重な資料を守り続けるその情熱は、必ずや世界中に認められるはずです。これからも、がんばってください。

 最後に、Wazirさんが記事になった「インダス文明を解明する:Unmasking Indus」特集が掲載されたScience2008年6月6日号の表紙とWazirさんの写真。同特集号には、Dr.Shindeも載っていますよ。

We have visited the residence of Mr.Wazir Chand Saroae, the friend of archaeology and guardian collector of Rakhi Garhi site. In his room, we have a chance to observe his splendid collection including Harappan ware, carnelian beads and Rohri chert blades...all incredible!!!
He is very famous man and once reported by Science(Unmaskin Indus issue, 6 Jun 2008).
We all appreciate to Mr.Wazir and his family sincerely.

a0186568_211381.jpg そして長かった3/1の巡検も無事終了。Karsolaのキャンプに戻った時には、もう真っ暗でした。写真は、出迎えてくれたデカン大助手(Assistant Prof.)のKanti PawarさんとDr.Shinde、そしてインド留学中のKさん。
 なお翌日は、もっと移動しましたよ;;

At last we have backed Karsola camp in late evening. It was so long one-day trip, but shorter than next day's journey to Kalibangan :-)
[PR]
by asiansophia | 2011-05-24 21:12 | India2011

Historical Tokyo: Yushima Seido(湯島聖堂)

a0186568_213207.jpgToday almost part of Tokyo is highly urbanized. However some historical archi- tectures and monuments are still remained among high-raise buildings and crowded roads.
Yushima Seido(湯島聖堂) is located nearby Ochanomizu(御茶ノ水) station, next of the famous Akihabara(秋葉原).

a0186568_2154684.jpg
This was once Shohei-zaka(昌平坂) Confucianism school established by Tokugawa Tsunayoshi(徳川綱吉) who was the 5th Shogun and ordained Confucianism as the principle of Tokugawa Shogunate order, in 1690.
a0186568_227140.jpgThen this school provided the highest education until 1871 closed by Meiji(明治) Government which overthrew Tokugawa Shogunate.

a0186568_231278.jpgOnce the school had more buildings and wider schoolyard. But only a part is remained today. Confucius Shrine are located with green forest and surrounding original 'Tsuiji-bei'(築地塀: rammed earth wall) on stone basement.

a0186568_2345449.jpg
This historical place is only 10 minutes off from the famous Akihabara electric town by foot. So if you spent half an hour, you could enjoy 300 years time trip.

a0186568_2362988.jpg
Outside wall and stone basement are also original.

a0186568_2364624.jpg

a0186568_2384656.jpg



a0186568_255095.jpg






The opposite of Yushima Seido is multi-level crossing of road, metro and railway near by Ochanomizu Station.
At Ochanomizu Station, you can see another historical construction. Kanda River(神田川) of this part was artificially cut and built in early 17C., as fosse for defending Edo Castle against intrusion from north.
[PR]
by asiansophia | 2011-05-24 02:52 | アジア/ Asia

秘密(?)会議/ a meeting

a0186568_121251.jpg 某月某日某所にて。詳細は企業秘密(?)
 横着をしたので全体の写っている写真がありませんでした...
 面子を見て、何の集まりなのか分かった人は超能力者、または関係者ですね(笑)

a0186568_1214678.jpg



A gathering concerned with South Asian Archaeology, at Korean Restaurant, in Tokyo.
About what?......someday I may release it...maybe.
[PR]
by asiansophia | 2011-05-24 01:28 | 考古学(いろいろ)