カテゴリ

PJAM2012
3.11 Earthquake
Archaeology(English)
India2011
日々のできごと/ Daily life
アジア/ Asia
おでかけ/ Japan
南アジア考古学/SA Arch.
野川・多摩川/RegionalStudy
旧石器考古学/Palaeolithic
砂川・武蔵野台地北部
考古学(ジオ)
考古学(いろいろ)
雑記

最新の記事

ブログ移転のご案内
at 2012-08-15 01:41
PJAM2012#19 ハイ..
at 2012-04-07 20:00
PJAM2012#18 ヴィ..
at 2012-04-06 20:00
PJAM2012#17 砂漠..
at 2012-04-05 20:00
PJAM2012#16 フェ..
at 2012-04-04 20:00

最新のトラックバック

石器文化研究会 シンポジウム
from 黒く光る石と黒く動く虫

以前の記事

2012年 08月
2012年 04月
2012年 03月
more...

ライフログ



Ninja analyse

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2011年 02月 ( 40 )   > この月の画像一覧

鉄の道(2) How they love train!

 別の買い物の予定で立ち寄った先で発見...
a0186568_22562215.jpga0186568_22524262.jpg













 子どものTシャツ1着¥3,200は、わが家経済では常識を超えた高額なのですが、思わず散財してしまった理由は背中に...
 OJICOというデザインTシャツそのほかのブランドで、ふだんはネット通販オンリーのようですが、たまたま期間限定で近所にショップが出ていたのでした。いちおう、進級祝い、という名目で...
 Tシャツだけでなく、靴下もありますよ。
a0186568_2259196.jpg
a0186568_233373.jpg










 ちゃんと「JR西日本承認」とタグに書いてある。
 売り場には、白と黄色があったのですが、もちろん子供服に白はNG(少なくともわが家では...)なので、迷わず黄色をチョイス。そうしたら息子1いわく、「これはドクター・イエローだねぇ」と。丸目なので初代の0系ですね。
 着実に鉄の道を歩んでいます。
 何のことか分からない人は、ふつうの人です。ご安心を。

Kids T-shirts with illustration of Shinkan-sen (Japanese High-speed Railway) in its back. My sons love them so much!
[PR]
by asiansophia | 2011-02-25 23:11 | 日々のできごと/ Daily life

鉄の道:Vehicle fever

a0186568_1335867.jpg 子どもの電車好きに付き合ってるうちに、ママもだんだん鉄になっていくことを「ママ鉄」と言うそうです。
 わが家の場合は、親×2ともにはきらいじゃない上に、息子×2が無条件に喜ぶので、お出かけ先でも必然的に鉄よりになっていきます。
 というわけで、まず最初は台湾新幹線(台湾高鐵)。息子1が「タダ」(実際には0円ではないですが)で国際線に乗れる間にどこかへ行こう、というだけの理由で、満3歳の誕生日までに帰国するという条件ギリギリ(1日前)に台湾に行ったときです。
a0186568_1403131.jpg
 何度か乗りましたが、快適です。でも、いつも空いてる...台湾の人いわく、「高い」からだそうです。
 左の写真は時刻表と券売機。はじめて乗ったときは、窓口に並んで奥さんが中国語で挑戦...したのですが、券売機でささっと買った方が明らかに楽です。
 また日中はいろいろ割引料金があるので、時間に余裕があるなら時刻表で確かめるのが吉。

a0186568_1432987.jpg

 こちらは小田急ロマンスカーVSE。箱根湯本駅です。
 憧れの特急を前にした息子×2は、大興奮でした。
 以前紹介したロマンスカーVSE弁当は、このときに予約して買ったもの。空箱は今でも大事な宝物です。

a0186568_1473773.jpg



 お次は、JR上越線のSLみなかみ号です。
 レストアされたD51が休日に走っています。それを見るために、遠路沼田まで行ってきました。
 発車する時の汽笛の大きさにびっくり!

a0186568_1501736.jpg
 もちろん、鉄道以外の乗り物も大好きです。とくに「はたらく車」系。右は、近所の工事現場の休工日に、勝手にユンボに乗ってるところ。
 ちなみにこの現場は府中崖線を削っていて、立川礫層とその下の稲城層が露出しているところを、スタッフを担いで写真撮影しに行ったところでした...
(何の話か分かるあなたは相当なマニアです)
 a0186568_1554688.jpg

 で、最後はフォークリフト。埼玉県日高市にあるサイボクハムにて。
 おいしいものがいっぱい&温泉もあるので、近くの方にはお勧め。
 でも息子1にとって、一番の思い出はフォークリフト、2番目が子豚に触ったことでした...




My sons love train too much. Especially, cool superexpress! These are series of theri precious photos.
The first is Taiwan Gaotie (Taiwan High Speed Rail) at Xinzhu. It is cpnvenient to use ticket machine. Timetable shows not only arrival/departure time but also discount time zone. You must check it!
Next is Odakyu Romance Car VSE at Hakone-Yumoto. This is a famous limited express connect with Shinjuku and Hakone.
The third is old style steam locomotive (D-51) restored, at Numata. This is operated only weekend or holiday, between Takasaki and Minakami in Gunma Pref., north of Tokyo.
They love only trains but also other vehicles such as excavator or folklift truck...
[PR]
by asiansophia | 2011-02-23 02:21 | おでかけ/ Japan

世界がいちばん寒かった頃、気候変化と人類

a0186568_23184575.jpg つぐみです。1月後半から職場に出没しています。寒さが緩む頃、遠くシベリアへ帰って行きます。旧石器時代にシベリアから日本列島へ渡ってきた人びとがいたならば、故郷で見たのと同じ鳥に気づいたに違いありません...
 が、しかしよく考えると、現在のシベリアを営巣地とする渡り鳥は、もっと気候が寒かった時期にはどうしていたのでしょうか? やはり、もう少し南へと営巣地を移していたのでしょうか? 以前、取り上げた古気候研究(本当に簡単に触れただけですが)に関連してPast and Future Rapid Environmental Changes: The Spatial and Evolutionary Responses of Terrestrial Biota(『過去と未来における急激な環境変化-陸棲生物の空間的・進化的応答-』)という本をパラパラとめくっていると、渡り鳥についての論考も当然ながら含まれていました。環境が変われば、生態にも影響があるのは当たり前ですね。
 では、人類の場合はどうでしょうか?

More
[PR]
by asiansophia | 2011-02-22 00:05 | 考古学(ジオ)

Excavation of Tsukimino-kamino site Loc.14

a0186568_21112024.jpg It is the one of lustrous excavation on Tsukimino sites in Japanese Upper Palaeolithic research history. In 1968-69, because of large-scale land development, Tsukimino sites, Yamato City, Kanagawa Pref. were faced to destruction. Then some young archaeologists formed investigation group and carried out rescue excavation at 10 localities. This project acieved large progress in chronology and spatial analysis in Japanese Upper Palaeolithic studies.
    aerial photo on Nov 1964                   aerial photo on Jun 1969
    (before land development)                   (under land development)
a0186568_23111921.jpga0186568_23114174.jpg






















(from leaflet by Yamato City Board of Education)

a0186568_2150590.jpg The site, Tsukimino-kamino Loc.14 is situated in the series of Tsukimino sites location. The excavation is as rescue operation before construction of old folks home. The excavation area is around 1,000m2.
 After the excavation of black soil layers including from Jomon to modern age, Upper Palaeolithic investigation has began.

a0186568_2212430.jpg
 Lower yellowish layers beneath black soil lyaers are Tachikawa Loam (TcL) formation. This is upper to terminal Pleistocene tephric loess.



a0186568_22553066.jpg


 The left picture shows standard stratigraphy of the upper TcL. Archaeologically devided into 4 sub-divisions such as L1S, B0, L1H and B1 (from top to bottom). Supposed datings are also shown in this picture.
 This area (Sagamino upland) has most high-resolved stratigraphy in the upper TcL. The temporal sequence of industries is well-grasped and treated as standard for chronology of Japanese Late to Final Upper Palaeolithic.
 However there remain some problems...TcL is so consecutive formation that it is difficult to distinguish small units.

a0186568_2304252.jpg Also soil disturbance by bio- and clioturbation process must be reminded. The left picture shows primary condition of uncovered artefacts ( They are kept on primary 3-dimensional position until recorording with total station system). The range of vertical position is dispersed 30-80cm. So it is difficult to identify the original level of occupation.


a0186568_024196.jpga0186568_0243396.jpga0186568_024446.jpga0186568_0245431.jpg








 However large number of excavation lead us to elucidate a trend on temporal sequences. Above pictures show typical assemblages from B2, B1 lower, B1 upper to L1H layer (from left to right) in Tsukimino sites. There are some typical tendency in changing of industry such as; typological change on backed blade and emergence of bifacial point (B2-B1 lower), increase of bifacial point and fall of backed blade (B1 lower-upper) and finally disappearance of backed blade.

a0186568_2323552.jpg Common procedure of excavation of Upper Palaeolithic sites is as following:
1) dig sounding pits (habitually set 2m square), 2) extend excavation area when artefatcs are uncovered, 3) carefully dig with shovel, however TcL is so tremendously hard that workers need to expertness, 4) keep artefacts in their primary position and record them in 3-dimensional with total station system, 5) dig down until nothing is uncovered...
 This is really hard work with endurance. Moreover in winter season!
 The researcher will spend 2 months for this excavation. For the mometn they find more than 10 lithic concentrations and some artefacts. This locality is situated among ather localities already excavated. It seems that those localities consist a large residential occupation in L1H layer with bifacial points. Raw material of bifacial points are different in each locality. It will be good indicators for mobility of human groups who occupied this site. It is anticipated that the analysis of spatial components of site is progress.

Tsukimino-kamino site Loc.14
(月見野遺跡群上野遺跡第14地点)
35.504°N, 139.458°E

[PR]
by asiansophia | 2011-02-21 00:56 | Archaeology(English)

石器文化研究会第250回例会

a0186568_21112024.jpg 2月19日土曜日は、シンポジウムも無事終了したので、久々の遺跡見学会でした。少々寒いかな、と思ったのですが、集合時間の午後2時ころには少し暖かくなってきたので、ひと安心。
 見学先は、神奈川県大和市月見野(つきみの)遺跡群上野(かみの)遺跡第14地点です。老人ホーム建設に先立ち、現在、発掘調査されています。
 ということで、集合場所は東急田園都市線の「つきみ野」駅。

a0186568_2139027.jpg

 ほぼ時間通りに全員集まりました。参加者15名ほどでした。
 で、調査を担当されている小池さんに簡単な解説をしていただいた後、周辺の過去の発掘調査地点などをめぐりつつ、調査現場へ...向かったはずなのですが、私は同行していません(汗)

More
[PR]
by asiansophia | 2011-02-20 23:27 | 旧石器考古学/Palaeolithic

Early Upper Palaeolithic Pitfalls in the south foot of Mt.Fuji area

a0186568_22394517.jpgIt was in 1986 at Hatsunegahara Loc.B-1 site in Mishima City, Shizuoka Pref. 4 pits were uncovered beneath wide distributed tephra from Aira caldera in south- western Japan (A-Tn: 28.59±0.7cal kyr BP: Aoki et al.2008).
A scond discovery was in 1988 at Hatsunegahara Loc.A-2. 9 pits were uncovered from same layer as well as former discoveries. And it seemed arch-line distributed. After 47 pits were uncovered for the moment. Those pits are distributed crossing a narrow ridge like as blocking a pass on a ridge.
a0186568_22403446.jpg



above: a profile of pitfall,
Hatsunegahara site

below: distribution of pitfalls in Loc.B-3.
a0186568_22504132.jpg





Nowadays, these pits are popular on EUP lavels in this area. So many pits are uncovered. They are usually distributed crossing a narrow ridge. Some scholaras claim that these characteristic distribution indicates trap-pit hunting. Recently Prof.Hiroyuki Sato (The Univ.of Tokyo) reviews in 'Late Pleistocene trap-pit hunting in the Japanese Archipelago',Quaternary Internationl, in press, doi:10.1016/j.quaint.2010.11.026
If you are interested with this, please participate in our dual symposia, 4th APA and Modern Human Behaviour symposium. This time, we; organizing comittee are planning short trip to this area. Unfortunately there will be no opened excavation. But you can touch geographical context and landscaepe. Also we will provide a brief presentation with rich pictures. We will discuss their condition and significance.

a0186568_2325160.jpg

[PR]
by asiansophia | 2011-02-18 23:39 | Archaeology(English)

エジプトで起こっていること(続)

 破壊されたものはあるものの修復が進んでいる、と発表された矢先に、実は盗まれていたものがあったと報じられ、さらに今度は、そのうちのいくつかが館内・前庭などに打ち捨てられていたという...
 日本のメディアの多くは、現・考古大臣(Minister of State for Antiquities Affairs)である著名なDr.Zahi Hawassに取材した海外メディアか、彼のブログを情報ソースにしているようですが、こちらのブログ(The Eloquent Peasant)や、さらにその情報ソースのひとつにもなっているFacebook上のグループ(Restore+Save the Egyptian Museum:公開)を参照すると、さらに状況は複雑なようです。
 現在進行形の出来事なので、結果はまだ分からないことだらけですが、その中で気になることがいくつか...
・多くの場合、盗まれた考古資料・美術品は、無造作に周囲に打ち捨てられている。または破壊されている。
・地方の反政府デモが、政府関係の庁舎とともに博物館をターゲットとしていたという報告。報告者は、理由がわからない、 と当惑している。
・そうした不透明な状況を受けて、ヨーロッパなどでは、考古資料・古美術品・博物館への破壊行為がイスラム教の宗教的な姿勢(預言者以前を無明の時代と見なす)と関係づける報道が現われている。報告者は、こうした短絡的なジャーナリズムに危惧している。
 どうもデモ・騒乱に便乗して商店・スーパーマーケットを略奪するのとは動機・背景が違うように思えます。と同時に、3点目に掲げたように、この事態を宗教的な問題にすり替えるという、ありがちなパターンには注意しなければなりません。いわんや、エジプト人には「貴重な文化遺産」を管理する能力がないとか、だから「貴重な文化遺産」は先進国で管理・展示すべき、と言うような論調は...そんなコメント、とっくにあちこちで出されているような気もしますが。
[PR]
by asiansophia | 2011-02-16 23:32 | 考古学(いろいろ)

春遠からじ...: the start of spring in solar term

1)2/15 職場にて
 朝8:48
a0186568_21551336.jpga0186568_21554381.jpg








 12:37
a0186568_21582572.jpga0186568_21583829.jpg








 16:43
a0186568_215954100.jpga0186568_220371.jpg








 さすがに立春も過ぎると日中の日も高くなり、12時~13時の1時間の間にほとんど融けてしまいました。
 ちなみに職場は、ここの一角に間借りしてます。たまに、星野仙一とか、桑田真澄とか、来たりします。長野のN先輩の息子さんも、がんばってますよ。

2)2/16 神田猿楽町にて
a0186568_228263.jpg





 そして一足早く、桜が...
 早咲きの河津桜だそうです。並んで植えられていた白梅も、まだ三分咲きでした。

(above 6 pictures) Snow covered everything in front of my office in this Monday morning. However, almost melted until early afternoon. The start of spring in solar term has already come.
And...yes, my office is at baseball field for Meiji University's baseball team. But I'm not a baseball player, I'm an archaeologist. Our post-excavation laboratry is just beside the baseball field.

(below picture) I find a blooming cherry-blossom flower. This is a famous early blooming variety so-called Kawazu-zakura, messenger of the start of spring.
[PR]
by asiansophia | 2011-02-16 22:21 | 日々のできごと/ Daily life

全谷先史博物館開館記念国際シンポジウム

a0186568_23264114.jpg 韓国からの情報です。
 2011年5月に開館する韓国・全谷先史博物館を会場として、The 2nd International Symposium of Bifaces of the Lower and Middle Pleistocene of the World(第2回国際シンポジウム「世界の前期・中期更新世の両面石器)が、2011年4月30日~5月5日の日程で開催されます。
 シンポジウムへの参加申し込み期限は1/30となっていますが、宿泊等の申し込みはまだ受け付けているとのことです(2/15現在)。
 全谷先史博物館HP
 ※トップページから、日本語も選択可能です。ただし、英語版よりコンテンツ少ないです。(コンテンツ:日本語=中国語<英語<韓国語)
 シンポジウム案内(2nd Circular) ※英語:PDF1.47MB
 参加申し込み書式 ※英語:MS-Word07.docx
 宿泊申し込み書式 ※英語:MS-Word.doc
 全谷里遺跡は、ハンドアックスとクリーヴァーをともなう石器群が出土したことにより有名です。シンポジウムでは、世界各地のハンドアックス石器群、アシュール文化について議論されるようです。
a0186568_23381075.jpg
a0186568_23434958.jpg
 博物館の設計は、フランス人の建築家だそうです。
 とても斬新なデザインですね。







a0186568_2350172.jpg
 さまざまなジオラマや、洞窟壁画の復元などが展示されるようです。
 専門家だけでなく、広く一般の方々にも楽しめる内容を目指していることが伝わってきます。
 日本ではちょうどGW期間中です。
 シンポジウム、新博物館、韓国料理を楽しむ旅もよいかもしれません。


a0186568_23481487.jpg


写真・イラスト出典:http://www.jgpm.or.kr/


I have recieved the 2nd circular of the commemorative International Symposium for the new opening of Jeongok(Chongok) Prehistoric Museum.
Jeongokni (Chongokni) is very famous Palaeolithic site uncovered Asian Handaxe-Cleaver industry, located on the north-east of Seoul city, close to DMZ.
The symposium aims on the world Acheulean culture.
The date of application is already over. But it is able to ask secretariat, my Korean friend told.
  ・Jeongok Prehistoric Museum web-site (English can be choosen)
  ・2nd Circular ※PDF1.47MB
  ・Application form ※MS-Word07.docx
  ・Accomodation Form ※MS-Word.doc
all pictures are from http://www.jpgm.or.kr
Do not reuse and reproduce those pictures

[PR]
by asiansophia | 2011-02-16 00:11 | 旧石器考古学/Palaeolithic

日々のできごと、順不同: things in those 2-3 days...

a0186568_21121751.jpg 一夜明けて、また雪です。しかも、今度は降り始めから積もってます。右の写真は、雨から雪に変わって30分後... こうなると興奮した息子1を家に連れ帰るまでが一苦労です。さらに、明日の朝が思いやらられる... 車が動かせないとかでなくて、まっすぐ保育所に行くことができないという罠...
 また今日は、親×2で手分けしてお迎えに行き、その後買い物をして帰ったので、家に着いたのは保育所を出てから約1時間後... こうなると、息子×2の空腹感は絶頂に達しているので、もう暴動寸前です。

a0186568_221456.jpg 息子1は、お惣菜のメンチカツにかぶりつき、息子2は、かにカマを寄こせと冷蔵庫の前で叫んでいます。もちろん、ちゃんと晩御飯も食べますが...
 で、話しは遡って、左の写真は土曜日の買出し。DOCで、タイ5尾で¥1,050。塩焼きと、中華風の蒸し物に。蒸し物は、長ネギの上にタイを置いて、ショウガひとかけ、チキンスープの素、サラダ油をかけて蒸すだけ。手軽なのに、すごくおいしいスープまでできて、2度おいしい!!
 さて、それはそれとして... このブログは、いったいどこへ行くのでしょうか? それは、誰も知らない...

It become heavy snow in this evening, 14 Feb 2011, St.Valentine's day.
Tokyo will be covered with snow, and my sons will be running around in whiten field. It will be difficult to get them directly to nursery... How can I go to my office in time tommorow morning... don't think about it.

Seabreams, very fresh and reasonable. Grill them. Steam them with chinese taste: ginger, leeks, chiken soup and salad oil. It is very easy cocking but delicious!
[PR]
by asiansophia | 2011-02-14 22:11 | 日々のできごと/ Daily life