人気ブログランキング |


カテゴリ

PJAM2012
3.11 Earthquake
Archaeology(English)
India2011
日々のできごと/ Daily life
アジア/ Asia
おでかけ/ Japan
南アジア考古学/SA Arch.
野川・多摩川/RegionalStudy
旧石器考古学/Palaeolithic
砂川・武蔵野台地北部
考古学(ジオ)
考古学(いろいろ)
雑記

最新の記事

ブログ移転のご案内
at 2012-08-15 01:41
PJAM2012#19 ハイ..
at 2012-04-07 20:00
PJAM2012#18 ヴィ..
at 2012-04-06 20:00
PJAM2012#17 砂漠..
at 2012-04-05 20:00
PJAM2012#16 フェ..
at 2012-04-04 20:00

最新のトラックバック

石器文化研究会 シンポジウム
from 黒く光る石と黒く動く虫

以前の記事

2012年 08月
2012年 04月
2012年 03月
more...

ライフログ



Ninja analyse

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2011年 01月 ( 54 )   > この月の画像一覧

南アジア先史・原史考古学への道:ペシャワール編(その1) すべてはここから始まった!

南アジア先史・原史考古学への道:ペシャワール編(その1) すべてはここから始まった!_a0186568_844147.jpg ペシャワール大学の考古学・民族学博物館(Peshawar University, Sir Sahibzada Abudul Qayum Museum of Archaeology and Ethnology)です。
 2004年12月~1月を皮切りに、2006年12月~2007年1月まで、4回にわたり所蔵資料の調査をしました。
 ペシャワールは、パキスタン、カイバル・パクトゥンクワ州(旧北西辺境州)の州都で人口122万人の大都市です。大学は町の西側、University Townの中心にあり、博物館は正門を入って北東、競技場に隣接しています。
南アジア先史・原史考古学への道:ペシャワール編(その1) すべてはここから始まった!_a0186568_8442266.jpg
 ペシャワール大学は地質学の研究も有名で、National COE Centerが設置され、ヒマラヤ、インド-ユーラシア衝突地域についての一大研究拠点となっています。
 もちろん考古学も!これまでにも多数の発掘調査を行ない、紀要 "Ancient Pakistan"を刊行しています。博物館は1989年に完成、先史・原史時代から歴史時代までの資料が多数展示されています。地下の収蔵庫にはさらに多数の資料が!ガンダーラ仏教美術関連の資料(仏像など)は、ペシャワール市内、CantomentのOld CityよりにあるPeshawar Museumにも多数ありますが、先史時代、とくにインダス文明とその直前の時期(初期ハラッパー文化期)の資料は、こちらの大学博物館の方がはるかに豊富です。

南アジア先史・原史考古学への道:ペシャワール編(その1) すべてはここから始まった!_a0186568_8442945.jpg南アジア先史・原史考古学への道:ペシャワール編(その1) すべてはここから始まった!_a0186568_8443915.jpg








 左の写真のように、博物館の一角に作業スペースをお借りし、ひたすら分類、実測、計測を行ないました。夏は暑く、冬は寒く、休憩時間の濃い目のチャイとビスケットが慰みでした。土器を実測しているのは、現・地球環境研のUさんです。右は博物館のスタッフ。いろいろとお世話してくれたCuraterのNidaullah Seheraiさん(左)と、中央は、な、なんとIndus-Saraswatiさんではないですか!5年前の5月、まだお若いです。
by asiansophia | 2011-01-02 09:18 | 南アジア考古学/SA Arch.

「ナイフ形石器・ナイフ形石器文化とは何か」予告編part1

シンポジウムまでの間、メニュー(右カラム)トップのロゴ画像をポスターに貼り替えておきます。
石器文化研究会会員のみなさまには、すでにメーリングリストで案内を配信していますし、研究会HPをはじめ各所で周知宣伝されはじめています。興味をお持ちの方は、ぜひ参加申し込みをお願いいたします。
現在、予稿集の編集作業が進んでおります。正月返上で、ひたちなか、下妻、東京、相模原の各所で編集、校正を進めております。ご声援をお送り下さい。

 さてシンポジウムのタイトル、そしてプログラムを見るだけでは、いったいどんな議論がなされるのか?その目指すところはどこなのか?そもそも石器文化研究会(あるいはシンポジウムの企画者)は、「ナイフ形石器・ナイフ形石器文化」をどうしたいのか?なかなか見え難いのではないかと思います。

More
by asiansophia | 2011-01-02 00:48 | 旧石器考古学/Palaeolithic

初詣

初詣_a0186568_20284261.jpg初詣_a0186568_20285388.jpg
近所の神社(徒歩30秒)まで初詣に行きました。夜中じゅう盛り上がっていましたが、もう静かです。
そのまま実家その1へ。空いていたので車で片道30分強。あっと言う間です。
今年は2人のいとこ(4ヶ月)も加わってにぎやか。息子1は祖父母、親戚に囲まれてきゃあきゃあ楽しんでましたが、息子2は、いとこの出現に戦々恐々。ママが自分以外の赤ちゃんを抱っこしているのを見てからは、ずっと威嚇してました(笑)
初詣_a0186568_20362898.jpg続いて世界のお正月...
というわけではありませんが。
2006~07年、パキスタン・ペシャワールに滞在していた時のNew Year Bank Holidayです。大学構内の運動場(トラック)にひたすら敷物が並べられています。写真ではずいぶん空席が目立ちますが、この後、全部埋まりました。
この後、偉い先生の新年のお説教があり、それからみんなでお祈りです。

初詣_a0186568_20423710.jpg中学生くらいの子供たちも熱心にお祈りしてましたよ。様子を覗きに行ったところ、信者でなくても構わないから参加していけということで、T海大のK先生、KS学院大のK先生らと一緒にこっそり(?)混ざって、見よう見まねでお祈り(のマネ)をしてきました。ちなみに、この場には男性しかいません。
ペシャワールでの滞在は、現在までのところ、この時が最後になってしまいました。
彼の地のみなさんが、一刻も早く平穏な生活に戻れることを祈るばかりです。
by asiansophia | 2011-01-01 20:50 | 日々のできごと/ Daily life

あけましておめでとうございます

あけてしまいました。
紅白後半戦から年明けにかけて、非常識極まりない時間帯に、シンポ予稿集の校正依頼を送りつけておりました。みなさま、申し訳ありませんがよろしくお願いいたします。
花火に続き、近所の神社の大太鼓が響いています。土地柄です

本年がみなさまにとってよい1年となりますように
それにしても、眠い...zzz
by asiansophia | 2011-01-01 00:23 | 日々のできごと/ Daily life