人気ブログランキング |


S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

PJAM2012
3.11 Earthquake
Archaeology(English)
India2011
日々のできごと/ Daily life
アジア/ Asia
おでかけ/ Japan
南アジア考古学/SA Arch.
野川・多摩川/RegionalStudy
旧石器考古学/Palaeolithic
砂川・武蔵野台地北部
考古学(ジオ)
考古学(いろいろ)
雑記

最新の記事

ブログ移転のご案内
at 2012-08-15 01:41
PJAM2012#19 ハイ..
at 2012-04-07 20:00
PJAM2012#18 ヴィ..
at 2012-04-06 20:00
PJAM2012#17 砂漠..
at 2012-04-05 20:00
PJAM2012#16 フェ..
at 2012-04-04 20:00

最新のトラックバック

石器文化研究会 シンポジウム
from 黒く光る石と黒く動く虫

以前の記事

2012年 08月
2012年 04月
2012年 03月
more...

ライフログ



Ninja analyse

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

カテゴリ:日々のできごと/ Daily life( 63 )

次男のつくられかた: How the second son become what he is

次男のつくられかた: How the second son become what he is_a0186568_10184868.jpg 全国の次男のみなさん、すみません。あくまで、わが家の場合、ですから...
 息子1と息子2は2歳3ヶ月年が離れています。最近、いろいろなことができるようになってきて、語彙も増えてきた息子2は、本人的にはお兄ちゃんと同格のつもり...というか、お兄ちゃんができて自分にはできないこと、お兄ちゃんには許されて自分には許されないことがある、ということをまったく理解していないのです。

次男のつくられかた: How the second son become what he is_a0186568_10252141.jpg

 公園の遊具などで、かなり無茶をしています。この間は、すべり台の順番待ちで後から少しプレッシャーをかけられたら、4歳くらいのお姉ちゃんに先に手を出していました、トホホ... そして無茶をして落ちたり転んだり...
 ちょっと前まで、息子1の方が言葉で自己主張ができるので、言うことを聞いてばかりいると息子2がおろそかになりかねないところもあったので、やや傾斜配分していたのも影響してるのでしょうか?

次男のつくられかた: How the second son become what he is_a0186568_1028549.jpg まぁ実際には、そんなことを気にするまでもなく、息子2はつねにお兄ちゃんの存在感をかき分け、押しのけて自己主張し続けてるのですが。そして、保育園効果で小さい子供には絶対手を上げない息子1の対応に、ますます増長気味だったりも...
 でも本当は、お兄ちゃんにものすごく憧れていて、大好きなのがよく分かります。だから息子1も、やさしく接してあげてるのでしょう。
 余談ですが、息子1の保育所は乳児組が2F、幼児組が1F。同級生のYくんは、お兄ちゃんとようやく同じフロアになれる! と大喜びしていたら、何と卒園して小学校にいってしまった...としばらく打ちひしがれていたそうです。

My second son Tomo is 2years and 3months younger than Aki, my first son. Recently Tomo is growing up and getting ability to do something by himself. However he cannot understand that there are difficult things by his ability, and prohibited things for him.
He will do everything as well as Aki doing and he believes it is possible...
Then he often falls off from playground equipment. Furthermore he sometime have fuss with elder children in a park... :-(
Though he become talking, it is too short to express what he wants. He need to assert much more than his elder brother.
Anyway Tomo loves Aki very much. Always Tomo is gazing his brother in much recommendation. I think, he want to be like as his brother.
It is the way of ego formation of secondary son. To observe their growing up is very interesting for me :-)
by asiansophia | 2011-06-05 10:33 | 日々のできごと/ Daily life

ベランダ菜園その後: flowers and harvests in balcony

ベランダ菜園その後: flowers and harvests in balcony_a0186568_23321163.jpg 梅雨入りも台風も、すべて例年より早いそうで...この上、猛暑になったら、もう逃げ場ナシですね;
 そんな天候ですが、引き続きわが家のベランダは順調です。
 ジャスミンに続いて、クレマチス(鉄仙)が今年も咲きました。でも、息子×2は食べれないものにはあまり興味がありません...

ベランダ菜園その後: flowers and harvests in balcony_a0186568_23351863.jpg

 そんな2人にはこちら。ブルーベリーは順調に育って実を大きくしています。今年は5月にそれほど暑くならなかったのがよいようです。

ベランダ菜園その後: flowers and harvests in balcony_a0186568_2338864.jpg



 この後、夏のおたのしみはこちら。奥さんがもらってきた半白キュウリは、まだ本葉3枚です。これから、ぐんぐん伸びていくことでしょう。
 そうだ、早くトマトを植えつけないと...


Clematis bloom large purple flowers in my balcony. Blueberry grow up well for the moment.
And yesterday I have planted cucumber. It will provide Summer delights for us :-)
by asiansophia | 2011-06-01 23:44 | 日々のできごと/ Daily life

保育参加: open day for parents @ nusery

保育参加: open day for parents @ nusery_a0186568_1791273.jpg 今日(5/31)は、息子1の保育所の保育参加日でした。参観ではなく、参加。日常の様子をこっそり参観した後、親も保育に参加するという催しです。
 いちおう、誰かが来ているのを察せられないように、目張りをされた窓の隙間から保育室の様子を覗うのですが、さすがに幼児組(3歳児クラス)になると、みな勝手知ったる何とやらで、こっそり覗いているこちらを覗き返して、「誰かいるよ!」とか、今日は「○○くんのママせんせいだ」とか、すでにバレバレです...
 で、本日は、園庭遊び、雨天延期になっていたサツマイモの苗の植え付け(近所の畑までプチ遠足)、戻って紙芝居(保護者実演)、給食、そしてお昼寝の時間帯に面談でした...が、しかし、わが家ともう一組ともに両親参加で人数が多かったのと、サツマイモの植え付けで保育所の外に出たのと、その他もろもろで子供たち全員テンションが高くなりすぎて、とうとう紙芝居の前には全員揃って先生に大目玉を喰らっていました(ToT)
 いちおう、0歳児クラスのときから毎回参加しているのですが、さすがに3歳児クラスになると、すっかり“赤ちゃん”から“子ども”ですね。片時も大人しくしていることなく、つねにそこらじゅうで誰かしらが、上を下に、右を左にひと騒ぎです。保育士の先生方のご苦労が偲ばれます...
 そして大目玉の際に先生、思わず本音(?)がポロリかと思ったのですが、今の保育所の仕組みでは、幼児組になると担任の保育士さんの定数が少なくなるのですね。はっきり言って、かなりギリギリにも思えます。
 保育所不足、待機児童解消のために、保育士数や教室面積、設備などの基準の緩和が検討されるようですが、この部分は、絶対に削ってはダメだと思いますよ。
 誰のための仕組みかといえば、働くために預けなければならない親のためでもなく、運営側の都合でもなく、一にも二にも、そこで日々を過ごす子どもたちのためでなければならないはずですから。
 とかく何かにつけて合理化とか、基準緩和とか、削れる部分を削って損益を出さない、あわよくば利益を出そうという方向性が強いようですが、やはり福祉とか教育は別枠で考えないと...将来、年寄りの面倒を見てくれるのは彼ら・彼女らなのですからね。
(写真は息子×2の登園スタイル。遠足ではなく、これがデフォルトです)


It is an open day for parents at Aki's nursery school. We, my wife and I, have joined it till afternoon. In Aki's nursery school. parents join to play and other care. Today's program is...playing in a schoolyard, walking to a field and trying to plant sweet potato, picturecard shows by parents, then school lunch. After lunch, it is a siesta time for children, and interview time for teachers and parents.
We were enjoying all but...children were in a fever with unusual situation...then they made their teacher angry at last!!!
It is 4th year for Aki in his nursery school life. He and his friends seem to be child, not baby as before.
In Japanese system of nursery school, number of teachers in higher age class should be reduced. Teachers take devoted care and education for children. For me, it seems as the last straw... However authorities claim that more reduction of teachers number as deregulation for setting up much numbers of nursery schools. Actually there is severe problem of shortage of nursery schools in urban side, especially in and around Tokyo. To resolve this problem, government and authorities examine deregulation...
But we should ask, nursery school will set up for what? It is very clear. It is for children, not for parents nor administrations... Children will carry our future!
by asiansophia | 2011-05-31 17:53 | 日々のできごと/ Daily life

Inchworm Raid Alarm!/ シャクトリムシ襲来

Inchworm Raid Alarm!/ シャクトリムシ襲来_a0186568_17323777.jpg 手をかけない方がイチゴがよく収穫できるとたかをくくって水だけあげていたところ、今朝、ふと見ると葉っぱが食害だらけ!! この食われ方は...そう、いわゆる“シャクトリムシ”です。
 葉っぱを裏返すと、いるわいるわ... 4日前にはまったく痕跡がなかったので、今週後半に一気に発生したようです。よく見ると、下には糞がたまってるし...
 というわけで、慌てて1匹ずつ潰して捨てました。油断すると、あと数日で丸裸ですから...
Inchworm Raid Alarm!/ シャクトリムシ襲来_a0186568_17325360.jpg
 そして痛んだ葉は摘んで、活力剤を投入しましょう。あともう少し、息子×2の楽しみのためにがんばれ、イチゴ!

Suddenly inchworms raid on my kitchen garden... They occupy strawberry leaves and make a lot of holes... If I couldn't find them earlier, there might be no leaves for those 1-2 days. It is close thing for me not for worms :)
by asiansophia | 2011-05-21 17:42 | 日々のできごと/ Daily life

Fresh fish market/ 買出し@DOC

Fresh fish market/ 買出し@DOC_a0186568_11353494.jpgA fresh fish market in my town is inside of wholesale market.
In Tokyo, almost fresh fishes are collected to the famous Tsukiji wholesale market at bay-side area. Fresh fishes are transported from every fishing port in Japan through the night and sold in early morning. Then wholesale dealers buy them and transport to each local market during morning (around 6-7 AM).

Fresh fish market/ 買出し@DOC_a0186568_11445535.jpgAfter retailers buy them and sell in their shops. So if you'd like to get fresh fishes, it's better to go local wholesale market during morning (until 10AM maybe). Now it is the beginning of season for early Summer inshore fishes especially various squids, mackerels, sea breams and so on.

Fresh fish market/ 買出し@DOC_a0186568_11485762.jpgBonitos (Katsuo migrated from southern sea with the Kuroshio (Black Stream) Current is in season too. Large fishes such as bonitos and tunas are served in fillets here.

Fresh fish market/ 買出し@DOC_a0186568_11514792.jpg


I take Japanese black sea bream for dinner. It is suitable for sashimi (sliced raw fish served with soy sauce) and grilling.

Fresh fish market/ 買出し@DOC_a0186568_11551551.jpg


I always bring my children to the market. It is good experience and education for them that they see and touch what are their foods and how they are processed in practice.
So we can get fresh fishes during morning

 ひさびさに買出しです。
 いつもの大東京綜合卸売センター。今日は、肉と魚の日。いろいろあって迷いましたが、クロダイ(大)2尾¥1,260!に決定。最後までカツオとどっちにするか迷いましたが、おろしてくれるというのでクロダイにすることに。ほかにも、アオリイカ、コウイカ、アジ、サバ、ワタリガニ...何を選んでよいのか分からなくなりますよね。これから梅雨入前まで、しばらく魚を楽しむ季節です。
 息子1は1歳前から月1以上のペースで通っているので、切り身が海を泳いでいるとは思っていないでしょう。最近、釣りに行きたいと言い出しているので、そのうち、堤防釣りからスタートしてみましょう。
 なお買い物後に公園へ行く約束をしていたのですが、5時半起きの息子2が寝てしまいました...
by asiansophia | 2011-05-21 12:06 | 日々のできごと/ Daily life

Lively colours of early Summer

Lively colours of early Summer_a0186568_23391917.jpgThere is a small hill behind of my office. Sometime I walk into green forest on the hill during lunch break. It is the peak of the season of fresh verdure now. So I can enjoy fresh air and lively colours of early Summer.
It is also the season of blossom of Musahino Kisuge (Hemerocallis middendorfii var. esculenta f. musashiensis).

Lively colours of early Summer_a0186568_23341024.jpgThere are some small refugee colonies of Musashino Kisuge in the hill. Many people come to see flower
in this season.

Lively colours of early Summer_a0186568_23343321.jpgVarious colour, golden yellow to orange.

Lively colours of early Summer_a0186568_23352681.jpg Colonies are at open place in forest or foot of hill.
Lively colours of early Summer_a0186568_2335691.jpgTokyo Metropolis government reserves the hill as natural conservation area and maintains boardwalk to protect soil and vegetation. It is benefit for walking around.

Lively colours of early Summer_a0186568_23383623.jpgThere is a small shrine of Omitarashi for a deity of fresh water spring. This is a pciture of Torii as the main entrance gate for shrine. However there is no building behind of this Torii because the substance of this shrine is just a small spring. This is a one of original style of traditional Shinto before systemization.
Lively colours of early Summer_a0186568_2338973.jpgGreens just growing up under sunshine provides fresh oxygen as the origin of our vital power.

Lively colours of early Summer_a0186568_23373036.jpgThere are another pretty flowers of Egonoki (Japanese snowbell: Styrax japonica). But you must be careful with large carpenter bees. They prefer this flower very well.

If you want to visit the hill, it is only 1 hour trip from Tokyo downtown.

by asiansophia | 2011-05-21 00:14 | 日々のできごと/ Daily life

small harvest on balcony: ベランダの小さな収穫

small harvest on balcony: ベランダの小さな収穫_a0186568_2230531.jpgStrawberry on my balcony are bearing 2weeks after blossom.
Last Wednesday, Aki and Tomo took 4 for their breakfast. They will take another on tomorrow morning. 2 pots of strawberry will please my children for those weeks.

5/2に花の写真をアップしたイチゴが収穫の時期を迎えました。息子×2が嬉々として食べてます。そういえば、今年はまだイチゴ狩りに行ってないなぁ。
by asiansophia | 2011-05-20 22:38 | 日々のできごと/ Daily life

今日のできごと: a habitual Sunday

今日のできごと: a habitual Sunday_a0186568_2020484.jpg 今日は日曜日。でも奥さんは出勤日でした。
 朝から快晴だったので、家の中にいるわけにはいかないのだろうなぁと思っていましたが、案の定、息子2が早々に我慢できなくなって「お外に行きたいよぉ」と要求、テレビを見ていたいお兄ちゃんに対して、画面を遮ったりリモコンで無理やり電源オフにしたり...
そこで、近所の公園まで行くことに。息子1は4月に誕生日プレゼントで買ってもらったばかりの自転車。息子2はお下がりの三輪車です。

今日のできごと: a habitual Sunday_a0186568_20254572.jpg で、すぐ近所の公園へ。
 今日はなぜか2人ともベクトルが真逆で、ときどき砂場で近くにいただけ。後は、てんでバラバラに違う場所、違う遊具で遊んでました。
 それぞれ楽しそうなのですが、面倒見ているほうは...

今日のできごと: a habitual Sunday_a0186568_2028035.jpg



 同じ砂場にいるのに、別々に遊ぶ不思議な光景。でも、けんかしてるわけではありません。


今日のできごと: a habitual Sunday_a0186568_2030771.jpg

 このブランコも、同時には乗りませんでした......?!

今日のできごと: a habitual Sunday_a0186568_20304250.jpg

今日のできごと: a habitual Sunday_a0186568_2032074.jpg







 数少ない一緒の写真は...
 小学2年生のお兄ちゃんの掘っているトンネルに、どんどん砂を流し込む息子2を、息子1が止めているところ... 息子2、最近無茶が多い...

今日のできごと: a habitual Sunday_a0186568_20345561.jpg
 で、お昼前まで遊んで帰宅。
 すると、息子2は子供の必殺技、食べながら寝る、または寝ながら食べる...
 布団に連れて行こうとするとむきになって怒り、必死で食べ物を口に運びますが...最終的に力尽きてダウン。
 この後、息子1は昼寝せず。仕方ないので『千と千尋の神隠し』を観ててもらって、息子2が目覚めたところでもう一度出かけました。いやぁ、疲れた...

Both of my sons, Aki and Tomo love out of doors very much. They cant stay in the house more than 1 hour in sunny day. So we are going to a park nearby our house. Aki rides his new bicycle he got as birthday present last April. Tomo rides a tricycle which Aki used before.
In a park, they play a lot of play things...it looks really delightful. Then we back home and have a lunch, but Tomo are so sleepy that he is eating with sleeping...zzz :)
by asiansophia | 2011-05-15 20:54 | 日々のできごと/ Daily life

マレー料理 Malayan cooking

マレー料理 Malayan cooking_a0186568_2136459.jpg 1月のマラッカ旅行ではなかなか試すチャンスのなかった本場マレー料理、それも家庭の味を、ひょんなことからご馳走になりました。
 左は鶏のカレー?、右はフィッシュヘッド・カレーです。どちらも、そこそこ辛いのに、砂糖もいっぱい入っていて甘いという、タイやインドのカレーとは違う味付けでした。なるほど。
 鶏は、ケチャップマニスのような調味料で味付けしてあるようです。フィッシュヘッドカレーは、スイート・チリソースみたいな感じでした。
マレー料理 Malayan cooking_a0186568_21411291.jpg


 こちらは、フィッシュヘッドカレー。縦半分に割った鯛のお頭がそのまま、ドーンと入っています。鯛の出汁とチリソースと砂糖の甘味との組み合わせが絶妙!! ご飯が進みますよ。
このフィッシュヘッドカレーは、インド系のシンガポール人が作りはじめたという話もあるようですが、どうなんでしょうか?




 さて、ご馳走になったことの次第はというと...
 うちの奥さんのママ友が、マレーシアから来日しているご家族のお子さんの教育支援をしているということで、GW前半に3家族で公園で遊びました。
 その時に、来日してすぐに入手したご長男のランドセルの肩紐が壊れてしまったという話になり、たまたま、私の職場の同僚の息子さんが、この春に小学校を卒業したばかりだったので訊いてみると快くお譲りいただけることになりました。そして届けに行ってきたところ、ご馳走になったというわけです。
 スーさん、とても美味しかったですよ^^ 地震とか、放射能とか、いろいろ大変な時期に一家で来日して苦労も多いと思いますが、頑張ってくださいね。

We have Malayan domestic dishes, Malayan chicken curry and fish head curry. Both of them are very yummy! Those dishes are served by Malayan family living in our home town. It is really hard times for foreign people living in Japan. We should support them...it is our responsibility in this time.
by asiansophia | 2011-05-12 22:20 | 日々のできごと/ Daily life

The 1st Typhoon in 2011: 台風1号

The 1st Typhoon (tropical cyclone 1101 Aere) has approached to Japan. It is quite earlier than usual. Aire stimulate a stationary front to make heavy rain in western part of Japan. Also Aire brings warm and humid atmosphere from tropical zone. It is the beginning of Summer now!

More
by asiansophia | 2011-05-12 02:49 | 日々のできごと/ Daily life