人気ブログランキング |


S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

PJAM2012
3.11 Earthquake
Archaeology(English)
India2011
日々のできごと/ Daily life
アジア/ Asia
おでかけ/ Japan
南アジア考古学/SA Arch.
野川・多摩川/RegionalStudy
旧石器考古学/Palaeolithic
砂川・武蔵野台地北部
考古学(ジオ)
考古学(いろいろ)
雑記

最新の記事

ブログ移転のご案内
at 2012-08-15 01:41
PJAM2012#19 ハイ..
at 2012-04-07 20:00
PJAM2012#18 ヴィ..
at 2012-04-06 20:00
PJAM2012#17 砂漠..
at 2012-04-05 20:00
PJAM2012#16 フェ..
at 2012-04-04 20:00

最新のトラックバック

石器文化研究会 シンポジウム
from 黒く光る石と黒く動く虫

以前の記事

2012年 08月
2012年 04月
2012年 03月
more...

ライフログ



Ninja analyse

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

カテゴリ:おでかけ/ Japan( 32 )

Airport and big wheel: 成田空港と大観覧車

Airport and big wheel: 成田空港と大観覧車_a0186568_22335879.jpg 6/11に来日されたマッラー教授、1ヶ月の招聘期間を終えて7/9に無事帰国されました。
 帰国の日は、午前発の便だったのでどうしようかと考えた末、結局、車で成田空港までお送りしました。朝の首都高~東関道は渋滞知らずで、明大前から成田まで所要1時間半弱とスムース。

Airport and big wheel: 成田空港と大観覧車_a0186568_22341524.jpg


 搭乗便のチェックイン開始まで間があったので朝食。
 息子1は相変わらずマッラー教授にえらい懐きようで、ずっと傍から離れませんでした。あやうく、パキスタンまで連れて帰られるところだった...
 対して息子2は、マイペースに自分の食べたいものを食べ続けています...

Airport and big wheel: 成田空港と大観覧車_a0186568_2235113.jpg マッラー教授のチェックイン待ちの間、息子×2は出発ロビーの窓から飛行機+空港ではたらく車を見学して大興奮。

Airport and big wheel: 成田空港と大観覧車_a0186568_22343111.jpg





 飛行機はもちろんのこと、トーイング・トラクターとかタグ・カーとかハイリフト・ローダーとかフード・ローダーとかetc.

Airport and big wheel: 成田空港と大観覧車_a0186568_22352738.jpg セキュリティーチェックの前でマッラー教授とお別れした後で、ターミナル・ビルの屋上から滑走路を見学。
 とんでもない陽射しでしたが、金網にかぶりつきで堪能してました。しかしさすがに暑過ぎたのか、珍しく自発的に「もういい」と言いました。

Airport and big wheel: 成田空港と大観覧車_a0186568_22351411.jpg



 息子1は大韓航空のカラーリングとマークを覚えていて、「韓国飛行機」と呼んでいます。
 ちなみにANAは「中国飛行機」(中国に行く時に乗ったから)、赤い飛行機はすべて「マレーシア飛行機」(エア・アジアXが赤かったから)です...

Airport and big wheel: 成田空港と大観覧車_a0186568_22354192.jpg その後、息子2は、兄に無残にも破壊されたタクシーの代わりにオモチャを買ってもらえることになり、「航空科学博物館」ショップへ。事情を言い含められていた息子1は、しかし知恵を働かせて、飛行機や自動車がいくつも入っているセットを息子2に買わせようと画策するも...息子2はあっさり飛行機1つだけで満足。兄4歳の悪知恵は実らず^^;

Airport and big wheel: 成田空港と大観覧車_a0186568_2235546.jpg

 ゲットした飛行機を手にまろやかな息子2。このまま「ぶ~んぶ~ん」と飛行機を飛ばしつつ、夢の国へと...
 一方、息子1は我慢に我慢を重ねていたのですが、ついに堪えきれなくなって父親にしがみつき泣くのを堪えていたところで...母親の温情措置により買ってもらえることに。ところがここでもまた悪知恵をはたらかせて、2機セットの飛行機がいいよと主張するもあっさり却下。弟と同じもので手を打つことに。
Airport and big wheel: 成田空港と大観覧車_a0186568_2236780.jpg
 さてその後、どうせ遠出したのだからついでに、ということで経路上の葛西臨海公園に立ち寄りました。朝早く、また成田でひとはしゃぎした人たちは、車中で1時間ほどぐっすり寝たので、再度復活です。

Airport and big wheel: 成田空港と大観覧車_a0186568_22363046.jpg




 実は息子×2ともに観覧車初体験でした。

Airport and big wheel: 成田空港と大観覧車_a0186568_22364313.jpg


 ということで初めのうちはおとなしく座っていましたが...

Airport and big wheel: 成田空港と大観覧車_a0186568_22372911.jpg



 あっと言う間にこの状態...
 しかも息子1、半分過ぎたくらいのところで「もう下りたい」...と言われても無理なのですがね^^;

Airport and big wheel: 成田空港と大観覧車_a0186568_22374218.jpg

 それはともかく、ひさびさにのると大人でも楽しめました。スカイツリーも見えたりして(右下)

Airport and big wheel: 成田空港と大観覧車_a0186568_22365578.jpg
Airport and big wheel: 成田空港と大観覧車_a0186568_22371536.jpg








On 9th July, we were coming to Narita International Airport to see off Prof.Mallah's departure. Aki was still attached to Prof.Mallah very well. He promised to visit Prof.Mallah in Pakistan in future.
After sending off Prof.Mallah, we were climb up to the top of terminal building where observatory is. Aki and Tomo took pkeasure in watching airplane and cars working in airport. However it was so hot sunny day that we couldn't stay so long time in there.
Then we went to a souvenir shop to buy toy airplane for Tomo instead of broken miniature Ambassador taxi... At last both of them got each toy airplane. They were so happy.
On the way back to home, we stopped at Kasai seashore park at Koutou ward. The park is constructed on recent reclaimed ground in bay area. There is the largest Ferris wheel in Japan. We got on the wheel.
This was the first experience for both of my sons, so they sat on seat meekly at first...but soon they started romping around :(
Even Aki said 'I'd like to get off right now' at the highest position...
Anyway view from higher position were actually incredible. We can see highly developed bay area of Tokyo City.
#below left: aerial view of Kasai seashore park, aquarium, and artificial tideland constructed for bird's and tidal living things' sanctuary
#below right: currently renovated river side area, the highest building is Tokyo Sky Tree, 634m height broadcasting tower).
by asiansophia | 2011-07-11 23:25 | おでかけ/ Japan

土器焼き: firing replicated pottery

土器焼き: firing replicated pottery_a0186568_0423321.jpgLast Sunday, we have visited Tokyo Metropolitan Archaeological Research Center, to look the experimental workshop for pottery firing. The workshop was taken place at 'Jomon Village' garden beside the Research Center. It is open for public.
 日曜日、東京都埋蔵文化財センターが主催している縄文土器づくり教室の土器焼き(野焼き)におじゃましてきました。

土器焼き: firing replicated pottery_a0186568_0434127.jpg

 東京都埋蔵文化財センターは、京王・小田急多摩センター駅のすぐ近くにあります。発掘調査した資料の整理と保管を行なうとともに、展示やさまざまな普及・体験事業を行なっています。
 土器焼きは、センターに隣接した遺跡公園「縄文の村」の一角で行なわれています。

土器焼き: firing replicated pottery_a0186568_0492194.jpg


 縄文の村のの入り口近くに置かれている巨大な復元土器は、息子1と同じくらいの大きさ。
 息子1は、はりきってます。ところが、息子2は到着前に昼寝モードに入ってしまい、しばらく寝てましたzzz...

土器焼き: firing replicated pottery_a0186568_0523320.jpg



 茅葺きの復元竪穴住居。ここは、多摩ニュータウンNo.57遺跡の保存区域でもあり、発掘された住居跡が現地保存されているほか、3棟の復元住居も建てられています。

土器焼き: firing replicated pottery_a0186568_0555350.jpg


 息子1は興味津々。この後も、お気に入りの住居(方形)に何度も入って、家族全員の座るところを指示していました。
 一方で息子2は、昼寝から目覚めた途端、謎の空間にいたので終始ご機嫌斜め。当然、薄暗い復元住居には一度しか足を踏み入れませんでした。

土器焼き: firing replicated pottery_a0186568_0561332.jpg

 息子×2と到着した時には、すでに準備が終わって本焼きに入るところでした。

土器焼き: firing replicated pottery_a0186568_0594964.jpg






 並べられた復元土器の上に、この後、燃料材(薪)がどんどん重ねられていきます。

土器焼き: firing replicated pottery_a0186568_105462.jpg

 こんな感じに覆われると...

土器焼き: firing replicated pottery_a0186568_11677.jpg






 あっと言う間に、高く勢いよく炎が上がります。

土器焼き: firing replicated pottery_a0186568_131094.jpg

 30分少々で薪がほぼ燃え尽きた頃には、見事! 焼きあがっていました。

土器焼き: firing replicated pottery_a0186568_161286.jpg





土器焼き: firing replicated pottery_a0186568_16374.jpg





 できたてほやほやの作品たち。
 考古学の中の人、お手本の土器、分かりますよね?

土器焼き: firing replicated pottery_a0186568_165245.jpg


 とは言っても、実は本当に覗きにいっただけなので、全然作っていません...
 ちびっこいのが2人、うるさくてすみませんでした...
 そしてこの後、奥さんと急ぎ子守りをバトンタッチして、成田までパキスタンからのお客さんの出迎えに行ったのですが...余裕の到着のはずが、スカイライナー運休、成田エクスプレス遅延のダブルパンチ。そういう時に限って、到着便はどんぴしゃりでオンタイムだという...orz
 でも、何とかギリギリで、到着ロビーに出てきたところを掴まえられました。

Nearby entrance of the garden, there is a large replicated Jomon pottery. It is as tall as Aki (photo#2).
Aki was enjoying the garden (photo#3) but Tomo was almost sleeping...zzz
The garden is on the preserved area of Tama Newtown No.57 Site. There are 3 restored Jomon dwelling pits with thatched roof inside the garden (photo#4).
Aki was very interested with those restored dwelling pits (photo#5).
When we arrived, it was the time just starting to fire. By primary firing, pottery were already dried up. It is very important to avoid cracking by water vapor with heating (photo#6).
Covering pottery with firewoods (photo#5-6).
Soon large flame arose (photo#7).
Pottery were fired (photo#8).
About 30 minutes after, almost firewoods were burnt and firing process was completed (photo#9-10).
Fine replicated Jomon pottery. However almost participants of this workshop are not archaeologists, students but ordinary people. How their works are splendid! (photo#11-12).
However we-I and my sons were not making pottery this time. We were just observer...

Then after back to home, I was coming to Narita International Airport to welcome Prof.Q.H.Mallah from Pakistan.
The story with Prof.Mallah should be told in later post.
by asiansophia | 2011-06-15 01:36 | おでかけ/ Japan

世田谷文学館「リンドグレーン」展: Lindgren exhibition


 ひさびさに家族4人でおでかけ。世田谷文学館で開催中(~6月26日)の「世界中で愛されるリンドグレーンの絵本」展へ。
 アストリッド・リンドグレーン(Astrid Lindgren)はスウェーデンの童話作家で、『長くつ下のピッピ』(岩波少年文庫版ほか)が有名ですね(左下)。

 個人的には、すっかりこの岩波版の挿絵のイメージだったのですが、これは桜井 誠さんという方の日本版限定の挿絵なのだそうで...(周知?)
 本場スウェーデンでは、ポスターにも用いられているヴァン・ニイマンという作家の挿絵が定番だそうです(右)。

 ほかにも各国版の「ピッピ」があるそうで、このイギリス版(ローレン・チャイルド画)は、いかにもイギリスっぽい(偏見?)。

We have visited Setagaya Literary Museum, to see the special exhibition of Astrid Lindgren. Lindgren is the famous Swedish juvenile book author well known as the author of 'Pippi Longstocking (Pippi Langstrump).
For me, as Japanese, it is very familiar with illustration by Seiji Ikeda (on the 2nd figure). Not until touching this exhibition do I know that there are various version of illustrations of'Pippi' in the world.
Swedish people love Ingrid Vang Nyman's 'Pippi' (on the 1st figure) and British children are familiar with Lauren Child's 'Pippi' (on the 3rd figure).
The exhibition bring fresh experience to me...(see more )

More
by asiansophia | 2011-06-05 20:46 | おでかけ/ Japan

府中市郷土の森博物館 水遊びの池/ Swimming at Fuchu Municipal Field Museum

府中市郷土の森博物館 水遊びの池/ Swimming at Fuchu Municipal Field Museum_a0186568_20461361.jpg 本日、府中アメダスによると正午の気温30度。真夏日ですね。
 昨日、勇躍おでかけした府中の森公園では、待望の噴水・じゃぶじゃぶ池が省エネ・節電のため休止中でちょっと残念だった息子1(でも、砂場と遊具とアスレチックは満喫してましたが...)、帰り道、明日(つまり今日)はもうひとつの「噴水の公園」=府中市郷土の森博物館で再戦を誓いました。
 そしてお約束どおり!!

府中市郷土の森博物館 水遊びの池/ Swimming at Fuchu Municipal Field Museum_a0186568_2046282.jpg
 せっかくの博物館ですが、展示は素通り。水遊びの池へ直行です!
 息子1は、とっとと服も靴も脱いで池へ。
 深いところでも大人の脛くらいまでの水深なので、安心して解き放っておけます。もちろん、視界の片隅で追いかけてはいますが、あっと言う間に、どこかへ消えてしまうので...

府中市郷土の森博物館 水遊びの池/ Swimming at Fuchu Municipal Field Museum_a0186568_212297.jpg

 一方、息子2は、本格デビューは今日が初めて。
 ここ数ヶ月は何でもお兄ちゃんと同じようにできているつもりなので、早速はりきってチャレンジしますが... 立て続けに転んで顔に水がついたのでしばし傷心...

府中市郷土の森博物館 水遊びの池/ Swimming at Fuchu Municipal Field Museum_a0186568_2142982.jpg


 でもまぁ子供なので、あっと言う間に立ち直り、お兄ちゃんを追いかけます。
 お兄ちゃんは、多少はかまってあげるのですが、すぐにまたどこかへ旅立っていきます。

府中市郷土の森博物館 水遊びの池/ Swimming at Fuchu Municipal Field Museum_a0186568_219538.jpg


 全身全力で水遊び中。


府中市郷土の森博物館 水遊びの池/ Swimming at Fuchu Municipal Field Museum_a0186568_2185067.jpg



 小さい方も小さいなりにいろいろチャレンジ中。
 さすがにやり過ぎたのか、水から上がった時にはガタガタ震えてましたが、拭いて着替えるとすぐに復活。

府中市郷土の森博物館 水遊びの池/ Swimming at Fuchu Municipal Field Museum_a0186568_21163723.jpg

 ここに来た時には必ず食べる「はけ上だんご」を1本ずつ頬張り、大満足です。

府中市郷土の森博物館 水遊びの池/ Swimming at Fuchu Municipal Field Museum_a0186568_2112472.jpg




 市民優待だと入場料¥100(4歳未満無料)なので、本格的に市営プール(水遊び広場)がオープンするまでは、ここが頼りです。
 でもこれだけ遊んだのに、やっぱり昼寝しなかった...

It was pretty hot, 30 °C on the noon today. So we are coming to Fuchu Municipal Field Museum, not to see exhibition but to swim in a pond. There is an artificial pond with fountains. Children can play and swim in a pond. Aki likes here very much. For Tomo, this is the first experience. But soon he understands pleasure of swimming. All children like swimming.
After swimming, they had Dango(traditional Japanese dumpling made from rice flour).
It was so nice Sunday for them... I think.
by asiansophia | 2011-05-22 21:24 | おでかけ/ Japan

潮干狩りPart 2/shellfish gathering on a beach, part2

潮干狩りPart 2/shellfish gathering on a beach, part2_a0186568_12182288.jpg 潮干狩り、続編です。
 開始してから1時間くらいで、上げ潮になりますとアナウンスがありました。それから30分も経つと、あっと言う間に潮が満ちてきました。
 本日の潮干狩りは終了です。
 採った貝は計量して、入場料に含まれている分を超えた分は出口で精算。砂まみれの息子×2と道具と貝を洗って、車に積み込みます。
 いろいろと片付けるものが多くて大変なのに、息子×2はお腹空いたの合唱...

More
by asiansophia | 2011-05-05 14:59 | おでかけ/ Japan

潮干狩りPart 1/shellfish gathering on a beach, part1

潮干狩りPart 1/shellfish gathering on a beach, part1_a0186568_23554463.jpg 4月30日に潮干狩りに行ってきました。千葉県の富津岬海岸の潮干狩り場です。
 この日は、潮目の関係で朝7時~11時が潮干狩りタイム...だったのですが出かける準備に少々手間取り、家を出たのが7時ちょっと前。それでも、道が空いていたので9時前には何とか到着。一番潮が引く時間帯に間に合いました。
 最初の写真は、水着に着替えて準備万端の息子1。前日に買ってもらったダンプ・カーのオモチャを手放しません。荷台に貝を積むのが、前夜からの夢だったので...

More
by asiansophia | 2011-05-05 00:23 | おでかけ/ Japan

くらやみ祭り(大國魂神社例大祭)/Annual festival of Okuni-tama Jinja (Shinto shrine)

くらやみ祭り(大國魂神社例大祭)/Annual festival of Okuni-tama Jinja (Shinto shrine)_a0186568_17422242.jpg わが家のご近所には、武蔵国一宮の大國魂神社があります。例年GWは「くらやみ祭り」の時期ですが、今年は震災などもあって縮小開催。各種の神事や行事が中止になって、夕方~明け方の神輿渡禦も唐櫃渡禦に変更になりました。
 今日は、買い物に出たついでに覗いてきました。
 例年は物すごい人出で、参道など、息子×2を連れて歩くのも大変なくらいの混雑なのですが、今年はやっぱり、かなり少ないようです。息子1も手をつないでいれば平気で歩けるくらい...ちょっとさみしいですね。

(See the lowest line for English description...)

More
by asiansophia | 2011-05-04 19:11 | おでかけ/ Japan

鉄の道:Vehicle fever

鉄の道:Vehicle fever_a0186568_1335867.jpg 子どもの電車好きに付き合ってるうちに、ママもだんだん鉄になっていくことを「ママ鉄」と言うそうです。
 わが家の場合は、親×2ともにはきらいじゃない上に、息子×2が無条件に喜ぶので、お出かけ先でも必然的に鉄よりになっていきます。
 というわけで、まず最初は台湾新幹線(台湾高鐵)。息子1が「タダ」(実際には0円ではないですが)で国際線に乗れる間にどこかへ行こう、というだけの理由で、満3歳の誕生日までに帰国するという条件ギリギリ(1日前)に台湾に行ったときです。
鉄の道:Vehicle fever_a0186568_1403131.jpg
 何度か乗りましたが、快適です。でも、いつも空いてる...台湾の人いわく、「高い」からだそうです。
 左の写真は時刻表と券売機。はじめて乗ったときは、窓口に並んで奥さんが中国語で挑戦...したのですが、券売機でささっと買った方が明らかに楽です。
 また日中はいろいろ割引料金があるので、時間に余裕があるなら時刻表で確かめるのが吉。

鉄の道:Vehicle fever_a0186568_1432987.jpg

 こちらは小田急ロマンスカーVSE。箱根湯本駅です。
 憧れの特急を前にした息子×2は、大興奮でした。
 以前紹介したロマンスカーVSE弁当は、このときに予約して買ったもの。空箱は今でも大事な宝物です。

鉄の道:Vehicle fever_a0186568_1473773.jpg



 お次は、JR上越線のSLみなかみ号です。
 レストアされたD51が休日に走っています。それを見るために、遠路沼田まで行ってきました。
 発車する時の汽笛の大きさにびっくり!

鉄の道:Vehicle fever_a0186568_1501736.jpg
 もちろん、鉄道以外の乗り物も大好きです。とくに「はたらく車」系。右は、近所の工事現場の休工日に、勝手にユンボに乗ってるところ。
 ちなみにこの現場は府中崖線を削っていて、立川礫層とその下の稲城層が露出しているところを、スタッフを担いで写真撮影しに行ったところでした...
(何の話か分かるあなたは相当なマニアです)
 鉄の道:Vehicle fever_a0186568_1554688.jpg

 で、最後はフォークリフト。埼玉県日高市にあるサイボクハムにて。
 おいしいものがいっぱい&温泉もあるので、近くの方にはお勧め。
 でも息子1にとって、一番の思い出はフォークリフト、2番目が子豚に触ったことでした...




My sons love train too much. Especially, cool superexpress! These are series of theri precious photos.
The first is Taiwan Gaotie (Taiwan High Speed Rail) at Xinzhu. It is cpnvenient to use ticket machine. Timetable shows not only arrival/departure time but also discount time zone. You must check it!
Next is Odakyu Romance Car VSE at Hakone-Yumoto. This is a famous limited express connect with Shinjuku and Hakone.
The third is old style steam locomotive (D-51) restored, at Numata. This is operated only weekend or holiday, between Takasaki and Minakami in Gunma Pref., north of Tokyo.
They love only trains but also other vehicles such as excavator or folklift truck...
by asiansophia | 2011-02-23 02:21 | おでかけ/ Japan

吉祥寺に行ってきましたpart3 トミカ・ショップ

吉祥寺に行ってきましたpart3 トミカ・ショップ_a0186568_0513962.jpg コピス吉祥寺のA館6Fは、キャラパーク吉祥寺です。子供連れは覚悟を決めて足を踏み入れなければ行けない危険ゾーンです。子供連れじゃなくても、危険な場合も少なくないでしょうけど...
 その中でもわが家の目的地はただ一つ、トミカショップ吉祥寺店です。
 もう何ヶ月も前からその存在を知ってしまった息子1にとって、吉祥寺は行かなければならない場所だったのです!
 そしてついに...
 たぶん、1時間かそれ以上いたと思いますよ。うちの息子に限らず、熱に浮かされたような目をした子供(男の子に限らず)が何人も、ぐるぐるしている空間です。息子2も、大きなトレーラー(中にミニカーを入れられる)を握りしめ、大きなお兄ちゃん相手にも一歩も引かず、「ぶーぶー」と唸り続けています...
 しかし今のところ、基本的には「買わない」という親×2の方針を身に染みて理解しているのか、駄々をこねて騒ぐことはありません。まぁ、時間の問題なのかもしれませんが... 
 そして、ぐるぐるが頂点に達したところで何とか連れ出しに成功。ミートショップサトウ(メンチカツ)小ざさ(ようかん、最中)の行列を横目に、駅へ。
吉祥寺に行ってきましたpart3 トミカ・ショップ_a0186568_144276.jpg 最後は、Atore(アトレ)吉祥寺でおみやげを買いました。Borthersのシュークリーム。
 これ、シュークリームですよ! 四角くてもシュー、中にクリームがちゃんと入ってる。だから、シュークリーム!!
 手前右がいちご×ヨーグルト、左がマンゴー×ココナツ、奥は和三盆糖×栗餡。どれも、ウマッ!
吉祥寺に行ってきましたpart3 トミカ・ショップ_a0186568_051590.jpg


 西宮に本店があるそうですが大阪にいた時には聞いたことなかったなぁ、と思ったら2008年にオープンしたばっかりだとか。東京では、小田急・新宿店にも入っているようですよ。
 試してみる価値あり。
by asiansophia | 2011-02-01 01:18 | おでかけ/ Japan

吉祥寺に行ってきましたpart2 昼食・吉祥寺美術館

吉祥寺に行ってきましたpart2 昼食・吉祥寺美術館_a0186568_23501319.jpg 思いのほか「ウグイ」に引っかかったので、お昼ご飯の時間がすっかり遅くなってしまいました。
 せっかく吉祥寺に来たのだから、という大人の都合と、「外食ならうどん(麺類)!」という息子×2の要望を足して2で割った結果、ヌードルチャフェ&バーというお店へ。七井橋通りからわき道に入ったところです。
吉祥寺に行ってきましたpart2 昼食・吉祥寺美術館_a0186568_23504868.jpg 1Fは美容室、B1Fはピザ屋さんですね。 ちょっと狭い階段を登らなければならないので、ベビーカーは下に。
 カウンターとテーブル、20人くらいで満員になってしまいそうな小さなお店です。
 しかも、いろいろ小物とか飾ってあって、おしゃれな「カフェ」という感じ。わが家の息子×2には少々敷居が高いかもしれない...とも思ったのですが、お店の方がとても親切だったので助かりました。子供のお冷に氷を入れていいかどうか訊いてくれるところは滅多にありません。入れないでくれ、と頼んでも無視されることもあるくらいですから。
 ということで、わが家のほかにも小さな子供連れのお客さんが多かったです。

More
by asiansophia | 2011-02-01 00:37 | おでかけ/ Japan