人気ブログランキング |


S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

PJAM2012
3.11 Earthquake
Archaeology(English)
India2011
日々のできごと/ Daily life
アジア/ Asia
おでかけ/ Japan
南アジア考古学/SA Arch.
野川・多摩川/RegionalStudy
旧石器考古学/Palaeolithic
砂川・武蔵野台地北部
考古学(ジオ)
考古学(いろいろ)
雑記

最新の記事

ブログ移転のご案内
at 2012-08-15 01:41
PJAM2012#19 ハイ..
at 2012-04-07 20:00
PJAM2012#18 ヴィ..
at 2012-04-06 20:00
PJAM2012#17 砂漠..
at 2012-04-05 20:00
PJAM2012#16 フェ..
at 2012-04-04 20:00

最新のトラックバック

石器文化研究会 シンポジウム
from 黒く光る石と黒く動く虫

以前の記事

2012年 08月
2012年 04月
2012年 03月
more...

ライフログ



Ninja analyse

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

カテゴリ:India2011( 23 )

インド滞在記2011 その8: India 2011 Part8

インド滞在記2011 その8: India 2011 Part8_a0186568_22295082.jpg さて、Bedwa村を後にして、今度は、やや離れたMitathal遺跡を訪れました。Farmana、Bedwaからみて南西、直線距離で20km強といったところでしょうか。
 ここも畑の中に遺跡が残されていますが、土取りなどのためにマウンド上部が削平されてしまっています。このため、大量の土器片だけでなく、窯跡などが露出してしまっています。
 写真でも、散らばっている土器片が分かりますか?

インド滞在記2011 その8: India 2011 Part8_a0186568_22301519.jpg
 灌漑水路沿いの道から遺跡に入ったところにある北側のマウンドは、全面的に平にされてしまっています...
 多くの遺跡が、このような破壊に直面しているのだと、Dr.Shindeが厳しい表情で教えてくれました。保護の対策がなかなか進まないのだそうです。

インド滞在記2011 その8: India 2011 Part8_a0186568_22304521.jpg


 それでも南側のマウンドは、よく残っていました。
 そしてわれわれが訪れた時には、放牧中のラクダの群れに占領されていました...
 
インド滞在記2011 その8: India 2011 Part8_a0186568_223155.jpg


 ラクダたちは、あまり日本人には興味がないようです。一心不乱に草を食べ続けているので、お邪魔にならないように間を縫ってマウンドへ。

インド滞在記2011 その8: India 2011 Part8_a0186568_22311717.jpg


 そんな中で、果敢にラクダとの交流を試みる、インドで修業中のK先生。
 こうして見ると、ラクダの大きさがよく分かりますね^^


インド滞在記2011 その8: India 2011 Part8_a0186568_22314358.jpg



インド滞在記2011 その8: India 2011 Part8_a0186568_2232199.jpg



インド滞在記2011 その8: India 2011 Part8_a0186568_22322586.jpg





 北側のマウンドの西隣には、削平により窯跡群が露出していました。多数の遺物と、焼土塊などが散乱しています。
 ちなみにここは、今まさに発掘中とのこと。

インド滞在記2011 その8: India 2011 Part8_a0186568_2232417.jpg

 さて、ぐるりと遺跡を見て回って南側のマウンドの麓に戻ると...な、なんと?! ラクダの赤ちゃんがちょうど産まれたところでした。

インド滞在記2011 その8: India 2011 Part8_a0186568_22325959.jpg




 そしてラクダ飼いの牧夫さんたちが、ラクダの乳で淹れてくれたチャイをご馳走してくれました。牛乳より、かなり濃厚な感じでした。

インド滞在記2011 その8: India 2011 Part8_a0186568_22331314.jpg

 こちらは、帰路、藪の中にクジャクを見つけて写真を撮ろうと追いすがるインドで修業中のK先生。
 残念ながら、逃げられてしまったようです。

インド滞在記2011 その8: India 2011 Part8_a0186568_223327100.jpg






 最後に、遺跡の北側を流れる灌漑水路。これは小さい方なので、幹線ではなく支線なのでしょうか?

 Haryana州のこの一帯は、多数の灌漑水路が整備されていて田畑を潤しています。起伏のほとんどない平坦な地形なので給排水も容易なのでしょうか。こうした条件は、インダス文明期も同じだったのでしょうか。
 多くの遺跡は、この平坦な地形の中に点在している理由は、地形や水利といった条件に既定されているようにも思われます。ただ、現地を見て回っても、遺跡がとりたてて微高地、自然堤防上にあるようにも見えなかったのですが...そのあたりは、当時の地形を復元するための調査を行なわないとわからないですね。

 最後に、Uさん、Kさん、暑い中の発掘調査ご苦労様です。くれぐれもお体にお気をつけて!!

地図はこちら/Google map (click here)

We've visited Mitathal site after Bedwa. Mitathal is more than 20km southwest of Farmana and Bedwa. The site is consisted with a couple of mounds. However surface of some part are already disturbed and removed. Dr.Shinde mentioned this is the most problem for conservation of archaeological sites in this region.
Because of disturbance, we can see huge amount of potsherd exposed on the surface (pic.1-2).
However the south mound is well-preserved rather than north one. When we visited the mound, there were occupied with camel herd (pic.3-4). `Prof.Kubo tried to make friendship with them (pic.5). But they didn't care with curious Japanese...
Also there are many remains of kilns exposed on surface. Some of them are destructed (pic.6-8). I've heard that this part is under excavation just now by MDU, Rohtak team.
When we backed to the foot of south mound, one camel baby just came out (pic.9).
Camel shepherds served camel milk tea to us. It is quite rich taste rather than cow milk (pic.10).
There were not only camels but also peacocks. Prof.Kubo tried to pursue a peacock (pic.11).

The site is located on very flat land. Nowadays, irrigation system are developed and fertilize Haryana Plain (pic.12) . Was there same condition in Pre- and Mature Harappan times? Geomorphology and land utilization is very important subject to understand settlement and socio-economic system in this region.
by asiansophia | 2011-05-12 23:34 | India2011

インド滞在記2011 その7のおまけ: India 2011 Part7 supplment

 前回の補足。Google mapからの衛星画像に、これまで記事に書いた遺跡の位置などを落としてみる。でも、字が小さすぎましたね... 暫定版ということで。
 左下が、タール砂漠(大インド砂漠)です。まだ記事にアップしていないKalibangan遺跡(左の方の赤い◆)は、砂漠の縁に近いくらい。現在のHaryana州は発達した灌漑水路網に潤されて緑色ですが、かつては砂漠が拡大していた時期もあったようです。ここまで記事にしたKarsola、Farmana、Bedwaの各遺跡は、緑のHaryana州にあります(中央やや右よりの3つの赤い◆)。Bedwaの埋没砂丘の意義が分かりますでしょうか?
 地形の詳細と、遺跡分布、そしてインダス文明の成立に関連するまとめは、もう少し後ほど...
インド滞在記2011 その7のおまけ: India 2011 Part7 supplment_a0186568_22451892.jpg
 Here I plotted some Haryana sites where I have visited on satellite image from Google map. This must update soon later. The lower right deserted area is Thar (or Greater Indian) Desert. Kalibangan site is located close to deserted area. There are many remnant sand dunes near Kalibangan.
Most part of Haryana are looked in green, cultivated land with developed irrigation canals. However, as Bedwa buried sand dune indicates, deserted area was once extended by aridification.
Geomorphology and environmental change are most interesting issues on the formation of Indus Civilization. It is another story must (may?) be told on other post.
by asiansophia | 2011-05-09 23:02 | India2011

インド滞在記2011 その7: India 2011 Part7

インド滞在記2011 その7: India 2011 Part7_a0186568_21323862.jpg 引き続きBedwaです。小学校を出て、ちょっと歩くとすぐ田園地帯です。
 そして畑の一角に...

インド滞在記2011 その7: India 2011 Part7_a0186568_21332989.jpg





 妙に削られているというか、浸食されているところが...

More
by asiansophia | 2011-05-08 22:20 | India2011

インド滞在記2011 その6: India 2011 Part6

インド滞在記2011 その6: India 2011 Part6_a0186568_1321741.jpg 日々薄れかけていく記憶を手繰りながら、インド滞在記の続きです。
 なお、作りかけて忘れていた地図のリンクを、以前の記事も含めて貼り直しました。ご覧下さい。

 3/1の続きです。Farmana遺跡を訪れた後、次に向かったのはBedwa遺跡です。しかし車は村の中に停まり、Dr.Shindeは一軒のお宅に入っていきます。

インド滞在記2011 その6: India 2011 Part6_a0186568_1314359.jpg
 しかし車を下りると、水牛(右)やコブウシ(左)がお出迎え。いちおう繋がれてますし、彼ら/彼女らも日本人には興味ない様子。
 牛さんたちの間を抜けて、お邪魔したお宅は、息子さんが考古学者(インド考古局:Archaeological Survey of India)ということでした。
 それではインド(ハリヤーナー)のお宅拝見。

More
by asiansophia | 2011-05-08 02:32 | India2011

インド滞在記2011 その5: India 2011 Part5

 前回の投稿からすでに2ヶ月経ってしまいました...日付を見ると、まだプネーに滞在していた時です。 このままでは記憶が褪せてしまいますので、慌てて再開...
 しかしどこまで書いていたかと思ってみれば、まだインドに入って3日目のところで止まっていたという...

インド滞在記2011 その5: India 2011 Part5_a0186568_19525962.jpg そこで今回は、ハリヤーナー滞在2日目の遺跡巡検第1弾です。2月28日は、Dr.Shindeにご案内いただいて遺跡を巡る予定になっていたので、早朝からKarsolaのキャンプへ行きました。
On 28th Feb, we planned to visit Haryana sites with Dr.Shinde. So we were at Karsola camp in early morning.

More
by asiansophia | 2011-05-05 23:22 | India2011

インド滞在記2011 番外編:India wins ICC World Cup

 4年に一度開催されるクリケットのワールドカップでインドが優勝したそうです。1983年以来の8大会ぶり、しかも自国開催(インド・スリランカ・バングラディシュ)の大会での優勝ですから、インドのみなさん、今頃、大騒ぎなのでしょう。ホーリーに続いて、お祭りの連続ですね、きっと...
 クリケットと言えば、試合の長さで有名。ワールドカップの参加チームは16ヶ国・地域ということですが、2/19にはじまって、ようやく4月になってファイナルを迎えた、ということです。私たちのインド滞在中も、ずっとやっていましたからね。そしてインドのナショナル・チームの試合のときは、そこかしこでテレビの前に人が群がっていました。デカン大学の学食でも!
 もっともクリケットと言っても、日本ではほとんどなじみがありません。正直、私も正確なルールは分かりませんし、何より1試合を初めから終わりまで見たことがないので、試合の流れがどうなっているのかも...
 ところがクリケット・ワールドカップの参加チーム数は、WBCの16チームと同じなのですが、その中には世界人口2位のインド(12億人突破!)、同6位のパキスタン(1億8千万人)、7位のバングラディシュ(1億6千万人)が含まれており、この3ヶ国だけで合計15億5千万人以上と、2009年の推計世界総人口の1/4弱!!なので、実は野球(ベースボール)よりメジャーなのかもしれません。インド滞在記2011 番外編:India wins ICC World Cup_a0186568_2117029.jpg
 侮りがたし、クリケット...
 そして最後に、AFPによると、ワールドカップの優勝トロフィーがムンバイ空港の税関で足止めされ、高額な関税を支払うか、決勝戦のチケットを大量に寄こせ、と言われたらしいです。残念ながら、もう一組のトロフィーがすでに決勝戦会場にあったので、税関職員たちの目論見は外れたらしいのですが... 本当なのでしょうかね?
 (写真は、ICC2011のマスコットキャラクター? デリー、インディラ・ガンディー国際空港にて)
by asiansophia | 2011-04-03 21:41 | India2011

インド滞在記2011 その4: India 2011 Part4

 昨日、プネーは最高気温37度だったそうです。そりゃあ、ヒマワリも満開だし、サトウキビも収穫されるわけだ、と納得。日中はプネー南西約40kmのMoregaon遺跡を訪れていたのですが、確かに暑かった。そして日焼けした。
 そして本日は、朝からDr.MishraとDr.S.Deoにパキスタンで撮ってきた写真を見せ、議論。英語が... その上、明日午後は、東海大のK先生ともども、デカン大のみなさんの前で小一時間ほどしゃべることになってしまいました。今回のインド滞在期間中、最大のピンチです。これはもう、付け焼刃の上にさらに付け焼刃で乗り切るしかありません...orz
 それはともかく、滞在期はやっと3日目、ハリヤーナー州でデカン大学のDr.Shindeのチームが発掘調査をしているKarsola遺跡を訪れました。

More
by asiansophia | 2011-03-09 23:24 | India2011

インド滞在記2011 その3: India 2011 Part3

 東京は雪が降ったのでしょうか? こちらは夏が始まったということで、日中は30度越えていたのではないでしょうか? 焼けます...
 さて本日はデカン大学(Deccan College)を訪れ、先にハリヤーナー州の遺跡巡検でお世話になったDr.Shindeをはじめ、多くの方にお会いしました。インド旧石器研究の泰斗で、現在、デカン大名誉教授Pattaya氏にもお会いすることができ、一緒に写真を撮っていただいた上にサイン入の抜き刷りまで!!! しかしこの感動を共有していただける方は、きわめて稀でしょう...
 昨年10月に韓国でお会いしたDe.Mishraには、終始お世話になっています。昼食をご馳走していただいた上に、夕刻にはお宅でお茶までいただいてしまいました。しかしDr.Mishraは流暢な英語を立て板に水とばかり話し続けられます。海外どころか駅前にすら留学したことのない身には、大半が専門とする旧石器ネタばかり、かつかなりインチキとは言え、1日中英語をしゃべり続けるのはとてもしんどい。
 そんな近況報告の後は、2/27日お昼~午後の報告。この日は、デリー国立博物館を見学した後、ハリーヤーナー(Haryana)州のローフタク(Rohtak)まで移動しましたよ。

More
by asiansophia | 2011-03-07 23:56 | India2011

インド滞在記2011 その2: India 2011 Part2

 プネーは朝を迎えるといきなり暑くなってきました。と言っても、まだ天井のファンを回せばしのげる程度ですが。
 インドで修行中のK先生、ご苦労様でした。そうなんですよね。「飛ばない」とだけ言って、何もケアしてくれないんですよね。ホテルとか、食事の手配とか。日本を基準にすると...その分、安いのでしょうが。われわれは、2時間弱待たされただけで無事飛びましたので、まだマシです。残念ながら、私の席は背もたれが壊れていて100°くらいの角度で座れなかったのが少々問題だった程度で...
 現在、3ブログ同時進行で同じような内容をお送りしていますが、本ブログが一番出遅れております。まだ、デリーです...しかし同じ写真を並べても芸がないので、ちょっと別の内容で...

More
by asiansophia | 2011-03-07 13:07 | India2011

インド滞在記2011 途中経過@プネー:India 2011@Pune

 プネー着きました、が、宿に入ったのが午前1時30分です;
 デリー空港でチェックインしたら出発時間1時間15分遅れ、とのこと。さらに30分弱待って、プネー空港に着いたのが午前1時でした。幸い、宿はDr.Mishraに予約しておいていただいたので助かりましたが。
 デリーは夕方から涼しくなってきたのですが、プネーは、到着していきなりむっとする暑さ。深夜でこれでは、明日の日中が思いやられます。

 プネーに入ってネット接続は快調ですが、相変わらずFBにだけつながらない...なぜ?


I've arrived at Pune Airport at 1:30AM, because of flight delayed.
It is pretty hot even in midnight. So how hot during the daytime is!

However, I cannot connect only Facebook...
by asiansophia | 2011-03-07 06:03 | India2011