S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

PJAM2012
3.11 Earthquake
Archaeology(English)
India2011
日々のできごと/ Daily life
アジア/ Asia
おでかけ/ Japan
南アジア考古学/SA Arch.
野川・多摩川/RegionalStudy
旧石器考古学/Palaeolithic
砂川・武蔵野台地北部
考古学(ジオ)
考古学(いろいろ)
雑記

最新の記事

ブログ移転のご案内
at 2012-08-15 01:41
PJAM2012#19 ハイ..
at 2012-04-07 20:00
PJAM2012#18 ヴィ..
at 2012-04-06 20:00
PJAM2012#17 砂漠..
at 2012-04-05 20:00
PJAM2012#16 フェ..
at 2012-04-04 20:00

最新のトラックバック

石器文化研究会 シンポジウム
from 黒く光る石と黒く動く虫

以前の記事

2012年 08月
2012年 04月
2012年 03月
more...

ライフログ



Ninja analyse

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

カテゴリ:考古学(いろいろ)( 15 )

秘密(?)会議/ a meeting

a0186568_121251.jpg 某月某日某所にて。詳細は企業秘密(?)
 横着をしたので全体の写っている写真がありませんでした...
 面子を見て、何の集まりなのか分かった人は超能力者、または関係者ですね(笑)

a0186568_1214678.jpg



A gathering concerned with South Asian Archaeology, at Korean Restaurant, in Tokyo.
About what?......someday I may release it...maybe.
[PR]
by asiansophia | 2011-05-24 01:28 | 考古学(いろいろ)

日本空襲デジタルアーカイヴ

 5月11日の朝日新聞第2多摩面(13版28面)に『日本空襲の実態、世界に 米国人男性2人 資料集めサイトで公開』という記事が掲載されていました。こちらの、Japan Air Raids.org 日本空襲デジタルアーカイヴです。
 このサイトは、ニューヨーク市立大学准教授のCary Karacasさんと、日本在住の作家・翻訳家(朝日新聞記事によると小田原市在住)のブレット・フィスクさんが設立・運営しています。
 アメリカ側の資料としては米戦略爆撃調査団報告書をはじめとする公文書、写真、雑誌記事など、日本側の資料としては空襲被害者のインタビュー動画などがアーカイヴされています。これだけの膨大な資料を整理して閲覧可能にする熱意、努力、企画力と行動力には脱帽します。

 さて、どうして私がこのデジタルアーカイヴに注目するのかというと...本業と結構関わるからなのですね。
a0186568_23451441.jpg 実は2004年10月~2008年1月まで、足かけ4年3ヶ月(途中、中断時期もありますが)もの間発掘調査に携わり、現在、報告書の作成に取り組んでいる遺跡の一番新しい時代が、日本陸軍調布飛行場に関連するものでした。右の写真はその中心で、調布飛行場に配備された戦闘機を空襲から守るために建造された掩体壕の跡(コンクリート製の基礎と礫敷の誘導路、上屋=掩蓋は解体されて埋め戻されていました)です。
 ほかにも、待避壕(いわゆる防空壕)などが発掘され、当時駐留していた日本軍と、戦後に進駐してきたアメリカ軍が使用していたヘルメットや食器、コーラ瓶などが出土しています。

a0186568_23505723.jpg この調布飛行場関連の遺構・遺物を含む、近世~近・現代については、このたび無事報告書が上梓されました。Tさん、Aさん、Sさん、ご苦労様でした。なお、頒布などは、まだもう少し先になります。
 そして、第2次世界大戦中の調布飛行場は、首都防空の拠点と位置づけられ、B29を迎撃するための戦闘機部隊が配備されていました。つまり、写真の掩体壕は、日本・東京への空襲と密接に関わるものなのです。それが解体されて埋め戻され、考古学的に発掘調査されたという次第です。
 したがって、考古学的な調査・研究の対象であると同時に、その成果は、歴史学そのほか、日本空襲についての記録や研究に関連づけられることも可能です。考古学という分野の中だけに収束していては、その成果を十分に活用することはできません。考古学の視点と手法によって整理された資料・情報も、異なる視点・方法による成果と結び付けられることで、さらにその意義が増すことになるでしょう。考古学側でも、今後は、こうしたかたちでの、基礎的な資料・情報のアーカイヴ(収集・整理と公開)が必要です。
 そしてこうしたアーカイヴの意義と要請は、近・現代にとどまるものではありません。近世、中世、古代...たとえば今回の震災で注目されるようになった「貞観津波」をめぐる調査結果なども、解釈(連動型地震とか1000年周期とか)はともかく、まず、そうした事実が存在していることを、もっと広い分野に向けて発信することができていれば...(ただしこれは、あくまで後付けの発想ですが) そして基本的に考古学の独壇場と思われている先史時代についても...実は、さまざまな分野と関連づけられる必要があると思うのです。
 どうでしょうか?
[PR]
by asiansophia | 2011-05-18 23:43 | 考古学(いろいろ)

エジプトで起こっていること(続)

 破壊されたものはあるものの修復が進んでいる、と発表された矢先に、実は盗まれていたものがあったと報じられ、さらに今度は、そのうちのいくつかが館内・前庭などに打ち捨てられていたという...
 日本のメディアの多くは、現・考古大臣(Minister of State for Antiquities Affairs)である著名なDr.Zahi Hawassに取材した海外メディアか、彼のブログを情報ソースにしているようですが、こちらのブログ(The Eloquent Peasant)や、さらにその情報ソースのひとつにもなっているFacebook上のグループ(Restore+Save the Egyptian Museum:公開)を参照すると、さらに状況は複雑なようです。
 現在進行形の出来事なので、結果はまだ分からないことだらけですが、その中で気になることがいくつか...
・多くの場合、盗まれた考古資料・美術品は、無造作に周囲に打ち捨てられている。または破壊されている。
・地方の反政府デモが、政府関係の庁舎とともに博物館をターゲットとしていたという報告。報告者は、理由がわからない、 と当惑している。
・そうした不透明な状況を受けて、ヨーロッパなどでは、考古資料・古美術品・博物館への破壊行為がイスラム教の宗教的な姿勢(預言者以前を無明の時代と見なす)と関係づける報道が現われている。報告者は、こうした短絡的なジャーナリズムに危惧している。
 どうもデモ・騒乱に便乗して商店・スーパーマーケットを略奪するのとは動機・背景が違うように思えます。と同時に、3点目に掲げたように、この事態を宗教的な問題にすり替えるという、ありがちなパターンには注意しなければなりません。いわんや、エジプト人には「貴重な文化遺産」を管理する能力がないとか、だから「貴重な文化遺産」は先進国で管理・展示すべき、と言うような論調は...そんなコメント、とっくにあちこちで出されているような気もしますが。
[PR]
by asiansophia | 2011-02-16 23:32 | 考古学(いろいろ)

エジプトで起きていること(起こったこと)

 先月末以来、エジプトが大変なことになってますね。
 日本の新聞、ニュースでは、そろそろ扱いが小さくなり始めてますが(まだ終わってないのに!)、CNNなんかはもう1週間以上、ずっと、ひっきりなしに映像を流し続けてますね。
 そんな中で、カイロの考古博物館が略奪に遭いそうになったとか、地元の人びとが団結してそれを防いだとか、というニュースも聞こえてきました。
 さらにネットで検索すると、カルナック神殿とか、アビュドスとかでも略奪が起こりそうになったというような伝聞記事が散見されます。
 どこの国にもよからぬ輩がいるものだ、ということにとどまらず、もう少しその背景を考えてみましょう。

More
[PR]
by asiansophia | 2011-02-08 00:12 | 考古学(いろいろ)

考古学者のしごとば

a0186568_212121.jpg 息子1の保育園では、毎週1冊、絵本を貸し出してくれます。2歳児クラスからは、自分で借りたい本を選べる仕組み。
 で、先週借りてきたのがこれ。
 
 新幹線運転士とか、自動車整備士とか、息子の心をくすぐる職業満載。細かいディテールで、いろいろ書き込んであります。
 そして先日立ち寄った本屋で、特集コーナーができるほどの人気なのだと知りました。
 2009年『月刊MOE』絵本屋さん大賞、別冊太陽『この絵本が好き!2010年版』ベスト3なんだそうです。
 しかも、『続・しごとば』『続々・しごとば』とシリーズ化されているじゃないですか!
 どれどれ、どんな職業がのっているのかな、と手にとって見ると...
 な、なんと!!!! 近年とみに人気が低下していると大学の先生方を悩ましているという、あの職業が?!

そう、『考古学者』です!


More
[PR]
by asiansophia | 2011-02-02 22:15 | 考古学(いろいろ)