人気ブログランキング |


カテゴリ

PJAM2012
3.11 Earthquake
Archaeology(English)
India2011
日々のできごと/ Daily life
アジア/ Asia
おでかけ/ Japan
南アジア考古学/SA Arch.
野川・多摩川/RegionalStudy
旧石器考古学/Palaeolithic
砂川・武蔵野台地北部
考古学(ジオ)
考古学(いろいろ)
雑記

最新の記事

ブログ移転のご案内
at 2012-08-15 01:41
PJAM2012#19 ハイ..
at 2012-04-07 20:00
PJAM2012#18 ヴィ..
at 2012-04-06 20:00
PJAM2012#17 砂漠..
at 2012-04-05 20:00
PJAM2012#16 フェ..
at 2012-04-04 20:00

最新のトラックバック

石器文化研究会 シンポジウム
from 黒く光る石と黒く動く虫

以前の記事

2012年 08月
2012年 04月
2012年 03月
more...

ライフログ



Ninja analyse

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

2011年 06月 15日 ( 2 )

A friend comes from Pakistan: 有朋自遠方来不亦楽

A friend comes from Pakistan: 有朋自遠方来不亦楽_a0186568_11213642.jpgA friends comes from Pakistan- Prof.Qasid H. Mallah from Shah Abdul Latif University Kharipur, one of the most active Indus archaeologist in Pakistan (see special issue in Science) is invited by International Exchange Programme of Meiji University. He will stay in Tokyo until 9 July and give us 4 time of lectures.
(Prof.Q.H.Mallah @Thar, Mar 2007)
A friend comes from Pakistan: 有朋自遠方来不亦楽_a0186568_11212098.jpg
It was March, 2007 to see him at Khairpur. He guided us to Palaeolithic~Indus sites in Thar region. It was really memorable experience for us with Prof.Mallah's exciting driving.
(Prof.Mallah, Prof.Kondo&Prof.Veesar @Thar)

A friend comes from Pakistan: 有朋自遠方来不亦楽_a0186568_11321797.jpg


His main research field: Rohri Hills and Thar Desert include big potential for South Asian archaeology. So this time we get chance to touch updated information about his recent achievement. It should be great pleasure for us.           (Prof.Mallah &Prof.Veesar)

A friend comes from Pakistan: 有朋自遠方来不亦楽_a0186568_11364569.jpg 6/12~7/9までの間、パキスタン、Shah Abdul Latif大学のQasid H.Mallah教授が、明治大学の招聘プログラムにより東京に滞在されます。
 Mallah教授は、今日のパキスタンでもっとも精力的なインダス考古学の研究者としてScience誌の特集記事でも紹介された方です。巨大なチャート原産地であるRohri丘陵、Thar砂漠地域とその周囲を研究のフィールドとし、多くの重要な遺跡を発見、調査されています。
 今回の来日期間中に、4回のレクチャーが開催されることになっています。ふだん、なかなか触れる機会のないパキスタンの考古学、とくに旧石器時代~インダス文明期についての最新の調査成果を知る絶好のチャンスですので、興味をお持ちの方はぜひご参加ください。
 とりあえず、直近のレクチャーについて、左に案内を添付しておきます。
 このほかのレクチャーと、滞在中の動向についてはまた後ほど。
by asiansophia | 2011-06-15 11:42 | 南アジア考古学/SA Arch.

土器焼き: firing replicated pottery

土器焼き: firing replicated pottery_a0186568_0423321.jpgLast Sunday, we have visited Tokyo Metropolitan Archaeological Research Center, to look the experimental workshop for pottery firing. The workshop was taken place at 'Jomon Village' garden beside the Research Center. It is open for public.
 日曜日、東京都埋蔵文化財センターが主催している縄文土器づくり教室の土器焼き(野焼き)におじゃましてきました。

土器焼き: firing replicated pottery_a0186568_0434127.jpg

 東京都埋蔵文化財センターは、京王・小田急多摩センター駅のすぐ近くにあります。発掘調査した資料の整理と保管を行なうとともに、展示やさまざまな普及・体験事業を行なっています。
 土器焼きは、センターに隣接した遺跡公園「縄文の村」の一角で行なわれています。

土器焼き: firing replicated pottery_a0186568_0492194.jpg


 縄文の村のの入り口近くに置かれている巨大な復元土器は、息子1と同じくらいの大きさ。
 息子1は、はりきってます。ところが、息子2は到着前に昼寝モードに入ってしまい、しばらく寝てましたzzz...

土器焼き: firing replicated pottery_a0186568_0523320.jpg



 茅葺きの復元竪穴住居。ここは、多摩ニュータウンNo.57遺跡の保存区域でもあり、発掘された住居跡が現地保存されているほか、3棟の復元住居も建てられています。

土器焼き: firing replicated pottery_a0186568_0555350.jpg


 息子1は興味津々。この後も、お気に入りの住居(方形)に何度も入って、家族全員の座るところを指示していました。
 一方で息子2は、昼寝から目覚めた途端、謎の空間にいたので終始ご機嫌斜め。当然、薄暗い復元住居には一度しか足を踏み入れませんでした。

土器焼き: firing replicated pottery_a0186568_0561332.jpg

 息子×2と到着した時には、すでに準備が終わって本焼きに入るところでした。

土器焼き: firing replicated pottery_a0186568_0594964.jpg






 並べられた復元土器の上に、この後、燃料材(薪)がどんどん重ねられていきます。

土器焼き: firing replicated pottery_a0186568_105462.jpg

 こんな感じに覆われると...

土器焼き: firing replicated pottery_a0186568_11677.jpg






 あっと言う間に、高く勢いよく炎が上がります。

土器焼き: firing replicated pottery_a0186568_131094.jpg

 30分少々で薪がほぼ燃え尽きた頃には、見事! 焼きあがっていました。

土器焼き: firing replicated pottery_a0186568_161286.jpg





土器焼き: firing replicated pottery_a0186568_16374.jpg





 できたてほやほやの作品たち。
 考古学の中の人、お手本の土器、分かりますよね?

土器焼き: firing replicated pottery_a0186568_165245.jpg


 とは言っても、実は本当に覗きにいっただけなので、全然作っていません...
 ちびっこいのが2人、うるさくてすみませんでした...
 そしてこの後、奥さんと急ぎ子守りをバトンタッチして、成田までパキスタンからのお客さんの出迎えに行ったのですが...余裕の到着のはずが、スカイライナー運休、成田エクスプレス遅延のダブルパンチ。そういう時に限って、到着便はどんぴしゃりでオンタイムだという...orz
 でも、何とかギリギリで、到着ロビーに出てきたところを掴まえられました。

Nearby entrance of the garden, there is a large replicated Jomon pottery. It is as tall as Aki (photo#2).
Aki was enjoying the garden (photo#3) but Tomo was almost sleeping...zzz
The garden is on the preserved area of Tama Newtown No.57 Site. There are 3 restored Jomon dwelling pits with thatched roof inside the garden (photo#4).
Aki was very interested with those restored dwelling pits (photo#5).
When we arrived, it was the time just starting to fire. By primary firing, pottery were already dried up. It is very important to avoid cracking by water vapor with heating (photo#6).
Covering pottery with firewoods (photo#5-6).
Soon large flame arose (photo#7).
Pottery were fired (photo#8).
About 30 minutes after, almost firewoods were burnt and firing process was completed (photo#9-10).
Fine replicated Jomon pottery. However almost participants of this workshop are not archaeologists, students but ordinary people. How their works are splendid! (photo#11-12).
However we-I and my sons were not making pottery this time. We were just observer...

Then after back to home, I was coming to Narita International Airport to welcome Prof.Q.H.Mallah from Pakistan.
The story with Prof.Mallah should be told in later post.
by asiansophia | 2011-06-15 01:36 | おでかけ/ Japan