人気ブログランキング |


S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

PJAM2012
3.11 Earthquake
Archaeology(English)
India2011
日々のできごと/ Daily life
アジア/ Asia
おでかけ/ Japan
南アジア考古学/SA Arch.
野川・多摩川/RegionalStudy
旧石器考古学/Palaeolithic
砂川・武蔵野台地北部
考古学(ジオ)
考古学(いろいろ)
雑記

最新の記事

ブログ移転のご案内
at 2012-08-15 01:41
PJAM2012#19 ハイ..
at 2012-04-07 20:00
PJAM2012#18 ヴィ..
at 2012-04-06 20:00
PJAM2012#17 砂漠..
at 2012-04-05 20:00
PJAM2012#16 フェ..
at 2012-04-04 20:00

最新のトラックバック

石器文化研究会 シンポジウム
from 黒く光る石と黒く動く虫

以前の記事

2012年 08月
2012年 04月
2012年 03月
more...

ライフログ



Ninja analyse

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

2011年 04月 03日 ( 2 )

インド滞在記2011 番外編:India wins ICC World Cup

 4年に一度開催されるクリケットのワールドカップでインドが優勝したそうです。1983年以来の8大会ぶり、しかも自国開催(インド・スリランカ・バングラディシュ)の大会での優勝ですから、インドのみなさん、今頃、大騒ぎなのでしょう。ホーリーに続いて、お祭りの連続ですね、きっと...
 クリケットと言えば、試合の長さで有名。ワールドカップの参加チームは16ヶ国・地域ということですが、2/19にはじまって、ようやく4月になってファイナルを迎えた、ということです。私たちのインド滞在中も、ずっとやっていましたからね。そしてインドのナショナル・チームの試合のときは、そこかしこでテレビの前に人が群がっていました。デカン大学の学食でも!
 もっともクリケットと言っても、日本ではほとんどなじみがありません。正直、私も正確なルールは分かりませんし、何より1試合を初めから終わりまで見たことがないので、試合の流れがどうなっているのかも...
 ところがクリケット・ワールドカップの参加チーム数は、WBCの16チームと同じなのですが、その中には世界人口2位のインド(12億人突破!)、同6位のパキスタン(1億8千万人)、7位のバングラディシュ(1億6千万人)が含まれており、この3ヶ国だけで合計15億5千万人以上と、2009年の推計世界総人口の1/4弱!!なので、実は野球(ベースボール)よりメジャーなのかもしれません。インド滞在記2011 番外編:India wins ICC World Cup_a0186568_2117029.jpg
 侮りがたし、クリケット...
 そして最後に、AFPによると、ワールドカップの優勝トロフィーがムンバイ空港の税関で足止めされ、高額な関税を支払うか、決勝戦のチケットを大量に寄こせ、と言われたらしいです。残念ながら、もう一組のトロフィーがすでに決勝戦会場にあったので、税関職員たちの目論見は外れたらしいのですが... 本当なのでしょうかね?
 (写真は、ICC2011のマスコットキャラクター? デリー、インディラ・ガンディー国際空港にて)
by asiansophia | 2011-04-03 21:41 | India2011

春、新年度: Spring has come

 とりあえず、新年度です。春、新年度: Spring has come_a0186568_22463669.jpg
 ご入学、ご進級、ご就職...etc. みなさんおめでとうございます。いろいろ大変な時期ではありますが、そうした時だからこそ、忘れられない思い出になるのではないでしょうか。とにかく、どんな状況下であれあらたな生活をスタートするみなさんに祝福を!
 さて本日は、息子2の保育園の入園式でした。とは言っても、息子2は進級するだけですけど...ただ、0歳児クラスから1歳児クラスになると、定員も一気に倍増えるので賑やかです。それにしても、きちんとフォーマルなよその家に比べてあまりにもカジュアルですんません...(息子×2は以前に紹介した新幹線Tシャツです。

春、新年度: Spring has come_a0186568_225843.jpg 息子1は、自分の保育所でないにもかかわらずやる気満々の顔です。いつもと違う遊具があるので、ここぞとばかり遊び倒すのです...いちおう、新入児童のみなさんも集まっていろいろとお話しが続いている間、息子1は約2時間、園庭で遊び続けていました。まぁ、ぼーっ見てればいいだけなので楽なのですが。
春、新年度: Spring has come_a0186568_2312547.jpg



 息子2も、出番待ち(ホールでの集合写真と、その後の説明会)の間はお兄ちゃんを追いかけて駆け回ってました。でも、その後は残念ながら教室へ連行...まぁ、君は毎日ここで遊べるので諦めてください。

春、新年度: Spring has come_a0186568_2344582.jpg
 しかし息子2は最近、ものすごく我が強くなってきました。これは、同級生に遊具を渡したくなくて抵抗しているところ。しつこく催促されてようやく譲りましたが...
 1ヶ月前は、拙い単語をポツポツ喋るくらいだったのですが、インドから帰ってきてみたらびっくり。やっぱり、上に兄弟がいると違うのでしょうか? あっと言う間に、二語文、三語文で会話してます。なかなか、生意気...

春、新年度: Spring has come_a0186568_23109100.jpg
 で、入園式の後は、息子1が朝から宣言していた回転寿司へ。全品1皿¥105の、格安すしおんどですが...2人とも本格的に食べるようになってきたので、割高だけどおいしいところ、へはもう行けません; しかしこれは、子供には大うけですが...寿司に似た何か別の食べ物にしか思えない...まぁ、安いので文句はありませんが...
 しかしこうやって見ると、計画停電とか、いろいろと品薄だとか言ってはいるものの、東京は何でも揃ってます。生活に不自由することはありません。本当にありがたいことです。と同時に、今でも被災地で捜索や復旧に尽力されているみなさん、被災されて不自由な生活を強いられているみなさんが、少しでもはやく日常に戻れるように祈らずにいられません。
 もちろん、ただ祈るだけでなく、できることをやらなければ...

April is the beginning of the financial and academic year in Japan. So today, 2/4 is an entrance and promotion ceremony of my younger son's nursery. However for both of my sons, it is not important about ceremony. They enjoy playground as usual.
After ceremony we have lunch at Sushi restaurant, not traditional style but economic and popular 'Kaiten-Sushi'. Here specialized conveyor belt system serve dishes of Sushi automatically to each table arranged beside belt. Our sons prefer this, but for me... I think this is not true Sushi... But it's OK because of very reasonable prices.
Anyway now we are in safe and usual life in Tokyo. I very thank for our safety and pray for people in disaster area, those who still be patient...yes not only to pray but also to do anything I can.
by asiansophia | 2011-04-03 00:06 | 日々のできごと/ Daily life