S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

PJAM2012
3.11 Earthquake
Archaeology(English)
India2011
日々のできごと/ Daily life
アジア/ Asia
おでかけ/ Japan
南アジア考古学/SA Arch.
野川・多摩川/RegionalStudy
旧石器考古学/Palaeolithic
砂川・武蔵野台地北部
考古学(ジオ)
考古学(いろいろ)
雑記

最新の記事

ブログ移転のご案内
at 2012-08-15 01:41
PJAM2012#19 ハイ..
at 2012-04-07 20:00
PJAM2012#18 ヴィ..
at 2012-04-06 20:00
PJAM2012#17 砂漠..
at 2012-04-05 20:00
PJAM2012#16 フェ..
at 2012-04-04 20:00

最新のトラックバック

石器文化研究会 シンポジウム
from 黒く光る石と黒く動く虫

以前の記事

2012年 08月
2012年 04月
2012年 03月
more...

ライフログ



Ninja analyse

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

日本旧石器学会第10回大会のご案内

 季節の変わり目のせいか、帰宅して夕飯を食べるとそのまま気絶したように寝てしまいます...というわけで、書きためておいた記事もあっと言う間に底をついてます(言い訳)

 さて本日は、日本旧石器学会第10回大会のお知らせ


 2012年大会は、6月23日(土)、24日(日)に、奈良市の奈良文化財研究所 平城宮跡資料館で開催します。独立行政法人国立文化財機構 奈良文化財研究所との共催です。

 日程・プログラムは以下の通りです。

6月23日(土)
 総 会 (13:00~14:00)
 記念講演(14:15~15:15) :中央アジアの旧石器時代 Z.タイマガンベトフ氏(カザフ国立大学)
 一般研究発表(15:30~16:30)
 シンポジウム(16:35~17:30)
 「旧石器時代遺跡・立地・分布研究の新展開-『日本列島の旧石器時代遺跡』データベースの到達点と展望-

  趣旨説明
  基調講演:旧石器データベースHacks! 近藤康久
 懇親会

6月24日(日)
 シンポジウム(9:00~15:30)
  1「日本の旧石器時代遺跡」データベースの成果と応用
  基調報告
   1-1.「日本の旧石器時代遺跡」データベースが明らかにしたものと明らかにすべき課題 光石鳴巳・小菅将夫
   1-2.地形・地質・考古遺跡情報の連係と旧石器時代遺跡の立地・構成 野口 淳
   1-3.北海道における旧石器遺跡の分布と立地 高倉 純・小杉 康
   1-4.相模野台地における黒曜石利用の時空間的変遷 諏訪間 順
   1-5.九州、後期旧石器時代~縄文時代初頭の遺跡立地、分布 芝 康次郎
  2 遺跡データベース、GIS考古学の展開
  基調報告
   2-1.ヨーロッパにおける中期‐後期旧石器時代遺跡の時空間分布 佐野勝宏
   2-2.縄文時代の葬制・祭祀研究におけるデータベース構築と分析手法の開発 中村 大
   2-3.DEMによる地形解析と遺跡間分布の検討 千葉 史
  コメント
  パネル・ディスカッション

 ポスター発表
  会場:平城宮跡資料館 企画展示室
  日程:6月23日(土)~24日(日)
  *コアタイムは24日12:00~13:00

 会場への交通案内:
 近鉄大和西大寺駅下車、徒歩5分。奈良文化財研究所本庁舎の東側です。

  ※駐車場はありませんので、お車でのご来場はご遠慮ください。

 宿泊:各自でご手配下さい。会場周辺には、多数のホテル・旅館があります。JR・近鉄奈良駅、近鉄新大宮駅周辺の宿泊施設が便利かと思われます。

 参加申し込み:
 日本旧石器学会員 ニュースレター20号の送付時にハガキを同封します。必要事項を記入の上、6月15日までに、事務局までお申込み下さい。また、やむを得ず欠席する場合は、会則第5条により、欠席の委任状を含め全会員の5分の1以上の出席をもって総会が成立しますので、同ハガキ下段に記載された委任状に記入、捺印のうえ投函願います。
 なお、学会員以外の一般参加も可能です。当日、予稿集代(予価1,500円)がかかります。
[PR]
by asiansophia | 2012-03-31 17:50 | 旧石器考古学/Palaeolithic