人気ブログランキング |


S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

PJAM2012
3.11 Earthquake
Archaeology(English)
India2011
日々のできごと/ Daily life
アジア/ Asia
おでかけ/ Japan
南アジア考古学/SA Arch.
野川・多摩川/RegionalStudy
旧石器考古学/Palaeolithic
砂川・武蔵野台地北部
考古学(ジオ)
考古学(いろいろ)
雑記

最新の記事

ブログ移転のご案内
at 2012-08-15 01:41
PJAM2012#19 ハイ..
at 2012-04-07 20:00
PJAM2012#18 ヴィ..
at 2012-04-06 20:00
PJAM2012#17 砂漠..
at 2012-04-05 20:00
PJAM2012#16 フェ..
at 2012-04-04 20:00

最新のトラックバック

石器文化研究会 シンポジウム
from 黒く光る石と黒く動く虫

以前の記事

2012年 08月
2012年 04月
2012年 03月
more...

ライフログ



Ninja analyse

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

横浜市歴史博物館と大塚・歳勝土遺跡公園

 3/20春分の日は、横浜市歴史博物館へ行ってきました。奥さんが、「火の神・生命の神-古代のカマド信仰をさぐる-」を見たかったからです。
横浜市歴史博物館と大塚・歳勝土遺跡公園_a0186568_2152267.jpg
 展示は、これでもかと考古資料が並ぶ、プロ向けのハードなものでした...ので息子1は早々につまらなくなってしまい、常設展示へ。
 最近は、博物館の映像資料にはまっていて、放っておくと1時間でも2時間でも観ています。さすがに、それはしんどいので、途中で興味を展示のほうに誘導して...江戸時代の宿場やお祭りのインタラクティブ展示にしばしはまった後、ようやくお昼にしてくれました。
横浜市歴史博物館と大塚・歳勝土遺跡公園_a0186568_213455.jpg
 こちらはお約束の顔出しパネル。顔を出さずには気がすまないのです(笑)
横浜市歴史博物館と大塚・歳勝土遺跡公園_a0186568_2172896.jpg
 お昼ご飯は公園で食べましょう、ということで博物館の屋上から大塚・歳勝土遺跡公園へ。15年前は遺跡公園全体が見渡せたのに、いつのまにか高層マンションに囲まれてます。
横浜市歴史博物館と大塚・歳勝土遺跡公園_a0186568_21103252.jpg
 遺跡公園は、造成工事を逃れて残された丘の上、竹林の中の遊歩道を登って行きます。
横浜市歴史博物館と大塚・歳勝土遺跡公園_a0186568_219586.jpg
 大塚遺跡は、弥生時代中期の環濠集落です。方形周溝墓群が見つかった歳勝土遺跡とともに、一部が保存され、遺跡公園として公開されています。
横浜市歴史博物館と大塚・歳勝土遺跡公園_a0186568_211476.jpg
 大塚遺跡の弥生時代のムラは、環濠と呼ばれる空堀と、その外側の土手、柵列で守られていました。柵列に設けられた木戸の向こうに、復元された竪穴住居が見えます。
横浜市歴史博物館と大塚・歳勝土遺跡公園_a0186568_2116376.jpg
 復元された竪穴住居。蚊帳浮きの屋根が丸く掘られた竪穴の上にすっぽり被さる形式です。
横浜市歴史博物館と大塚・歳勝土遺跡公園_a0186568_21161759.jpg
 中は、周囲から一段掘り下げられ、突き固められた土間になっています。
横浜市歴史博物館と大塚・歳勝土遺跡公園_a0186568_21211045.jpg
 簡単な木製の階段が架けてあり、中に下りれるようになっています。
横浜市歴史博物館と大塚・歳勝土遺跡公園_a0186568_2116389.jpg
 もっとも、発掘したときには茅葺の屋根は残っていません。このように、丸い竪穴とその中に柱穴の跡だけが残っているのです。
横浜市歴史博物館と大塚・歳勝土遺跡公園_a0186568_21183672.jpg
 その柱穴-ここでは4本が四角く配置されています-に柱を立て、井桁状に梁を渡し、竹の骨組みの上に萱を葺いて屋根とします。
横浜市歴史博物館と大塚・歳勝土遺跡公園_a0186568_21174328.jpg
 竪穴の周囲には、彫り上げた土を積んで水などが流れ込まないようにしてあります。
横浜市歴史博物館と大塚・歳勝土遺跡公園_a0186568_21225321.jpg
 竪穴住居の入り口部分の造り。
横浜市歴史博物館と大塚・歳勝土遺跡公園_a0186568_21233926.jpg
 こちらは、高床式の倉庫です。
横浜市歴史博物館と大塚・歳勝土遺跡公園_a0186568_2125577.jpg
 遺跡公園のすぐ向こうは、ショッピングモールの駐車場です。1972年に港北ニュータウンの開発に先立って発掘された遺跡は、1986年に重要性が認められて国の史跡となり保存されることになりましたが、残されたのは約1/3だけ...で、
横浜市歴史博物館と大塚・歳勝土遺跡公園_a0186568_21301029.jpg
 残りは、切り崩されてなくなってしまいました。写真右の木立が遺跡公園、中央の道路~左のショッピングモールにかけて、本来は遺跡の範囲でしたが、いまでは宙に消えています(涙)
 全体が残されていれば、北部九州や畿内だけじゃなく、関東地方にも濠に守られた大きなムラがあったことがよく分かったのだと思うのですが...しかし最近の周辺の開発のすさまじさを見ると、一部とは言え残されたのだからよかったのかなぁ、とも...

 なお、なぜか息子1は復元住居が大好きで、大して違いがないのにもかかわらず、全件(ここでは7件)をチェックして中に入らないと気が済まないのでした。
by asiansophia | 2012-03-21 06:00 | おでかけ/ Japan