人気ブログランキング |


S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

カテゴリ

PJAM2012
3.11 Earthquake
Archaeology(English)
India2011
日々のできごと/ Daily life
アジア/ Asia
おでかけ/ Japan
南アジア考古学/SA Arch.
野川・多摩川/RegionalStudy
旧石器考古学/Palaeolithic
砂川・武蔵野台地北部
考古学(ジオ)
考古学(いろいろ)
雑記

最新の記事

ブログ移転のご案内
at 2012-08-15 01:41
PJAM2012#19 ハイ..
at 2012-04-07 20:00
PJAM2012#18 ヴィ..
at 2012-04-06 20:00
PJAM2012#17 砂漠..
at 2012-04-05 20:00
PJAM2012#16 フェ..
at 2012-04-04 20:00

最新のトラックバック

石器文化研究会 シンポジウム
from 黒く光る石と黒く動く虫

以前の記事

2012年 08月
2012年 04月
2012年 03月
more...

ライフログ



Ninja analyse

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

PJAM2012#7 第2日目

 ラカンジョ・ダーロ遺跡を後にしたのは、もう夕方。そのまま一路SALUへ、戻ったのは日が落ちる頃でした。
 
PJAM2012#7 第2日目_a0186568_23103339.jpg
 夕飯は、またチキン・カラヒとサブジ、プラオです。同じメニューだけど、おいしいので可。

 そして翌日、2/21は午前9時過ぎに博物館へ。今日からは、構内の移動も護衛付です。
PJAM2012#7 第2日目_a0186568_23142446.jpg
 じつは昨日から、キャンパス内にはほとんど学生の姿がありませんでした。何でも、シンド州内の他の大学で教授が殺される事件があり、その捜査が進展しないことに抗議して州内のすべての大学で教員がストライキ中とのことでした。ということで、キャンパス内には新校舎の建設に従事している作業員くらいしか人影がありません。
 そして授業がないので、マッラーさんはじめ教授陣もゆったりしてます。
PJAM2012#7 第2日目_a0186568_2316409.jpg
 話しは変わりますが、パキスタンの人たちは、本当に花が大好きです。ここSALUのキャンパス内も、色とりどりの花で飾られています。
 で、博物館に到着したら、まずはチャイ。マッラー教授としばし雑談の後、あらためて博物館内を見せてもらいます。
PJAM2012#7 第2日目_a0186568_23183059.jpg
 ここは土器修復室。ラカンジョ・ダーロ遺跡から出土したハラッパー式土器の数々が復元を待っています。
 本場のハラッパー式土器をじっくり観察するKさん。お隣は、博物館スタッフ(フィールド・オフィサー)のアミーン・チャンディオさん。
PJAM2012#7 第2日目_a0186568_23144794.jpg
 そうこうしているうちにヴィーサル教授と、Ph.D候補生で講師のマダム・タスリームが登場。ヴィーサル教授には、5年前、タール砂漠からローフリー丘陵までご案内していただいて以来です。そして5年間の間に、学位を取得、とんとん拍子に出世して、いまや博物館長!
 ご挨拶の後、今回の訪問の目的のひとつである、旧石器時代資料の見学と遺跡の踏査について相談...と、どうもヴィーサル教授にはなにやらプランがある様子。まぁ、こちらの要望を押しつけても仕方がないので、とりあえずはじめは話しにのりつつ様子をうかがいましょうか...というところだったのですが、結果的にヴィーサル教授のプランが大当たりだったのです。何が?というその詳細は追々。
PJAM2012#7 第2日目_a0186568_23273558.jpg
 で、あっと言う間にお昼ご飯。チキン・カラヒは相変わらず、でもサブジのかわりにダール(豆カレー)、プラオも野菜入りになりましたね。
 到着から2日、仕事する気満々の日本人2人に対して、パキスタン側は非常にゆったりムード。さて、どこまで話が進むやら、と少々気を揉んでみたりするものの、でもまぁなるようにしかならないよなぁ、と腹を決めるしかありません。
 で、結局この日は、昼食の後、大学から車で30分ほどのコート・ディジー城とコート・ディジー遺跡を訪問しました。続く。
by asiansophia | 2012-03-20 20:00 | PJAM2012