人気ブログランキング |


S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

カテゴリ

PJAM2012
3.11 Earthquake
Archaeology(English)
India2011
日々のできごと/ Daily life
アジア/ Asia
おでかけ/ Japan
南アジア考古学/SA Arch.
野川・多摩川/RegionalStudy
旧石器考古学/Palaeolithic
砂川・武蔵野台地北部
考古学(ジオ)
考古学(いろいろ)
雑記

最新の記事

ブログ移転のご案内
at 2012-08-15 01:41
PJAM2012#19 ハイ..
at 2012-04-07 20:00
PJAM2012#18 ヴィ..
at 2012-04-06 20:00
PJAM2012#17 砂漠..
at 2012-04-05 20:00
PJAM2012#16 フェ..
at 2012-04-04 20:00

最新のトラックバック

石器文化研究会 シンポジウム
from 黒く光る石と黒く動く虫

以前の記事

2012年 08月
2012年 04月
2012年 03月
more...

ライフログ



Ninja analyse

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

PJAM2012#7 ラカンジョ・ダーロ遺跡

 インダス川を渡る途中で、話題が横道にそれてしまいましたが、ようやく川を渡りきってサッカルです。
PJAM2012#7 ラカンジョ・ダーロ遺跡_a0186568_22211826.jpg
 2011年の統計で人口85万人、シンド州北部最大の都市です。ハイルプールとは町の規模が違います。ケンタッキーもドミノ・ピザもあります。
 そんなサッカルの町の北部に、ラカンジョ・ダーロ遺跡があります。そして遺跡は、拡張する市街地に飲み込まれて、破壊の危機に瀕しています...
 遺跡は、1994年以来、SALUにより調査が進められ、2006年以降は、工場建設による遺跡破壊に直面しての事前調査も行なわれています。パキスタン考古局や、パンジャーブ大学との共同調査も実施されているそうです。
 遺跡は、西、中央、東の3つのマウンド(群)からなり、総面積は50ha以上、これまでの調査ではモヘンジョ・ダーロと同じような、排水施設をともなう道路などが発掘されており、シンド州ではモヘンジョ・ダーロに継ぐ第2の規模の都市遺跡だと考えられています。
 2/20は、まず西マウンドに行きました。いきなり、とても細粒のシルトの丘です。
PJAM2012#7 ラカンジョ・ダーロ遺跡_a0186568_2230659.jpg
 このシルトが道路にまで流れ出していて、車がスタックしそうなほどです;
PJAM2012#7 ラカンジョ・ダーロ遺跡_a0186568_22464855.jpg
 そして、いったい、どこが遺跡なのか困惑するのですが...
PJAM2012#7 ラカンジョ・ダーロ遺跡_a0186568_2247836.jpg
 実はこの西マウンドは土取りによって大規模に破壊されているのです。削り残された壁には、土器やらレンガやらがむなしく残されています。
PJAM2012#7 ラカンジョ・ダーロ遺跡_a0186568_22474734.jpg
 そこかしこに巨大な穴が...
PJAM2012#7 ラカンジョ・ダーロ遺跡_a0186568_22491564.jpg
 生々しいパワーショベルの爪痕も...
PJAM2012#7 ラカンジョ・ダーロ遺跡_a0186568_22483486.jpg
 マウンドの背後には、露天のレンガ工場があります。掘り出されたシルトは、煉瓦作りの材料となっているのです。
PJAM2012#7 ラカンジョ・ダーロ遺跡_a0186568_22495175.jpg
 ということで大規模に破壊されてしまっているのですが、そのために遺跡を覆う堆積物の状態が断面でよく観察できます。
PJAM2012#7 ラカンジョ・ダーロ遺跡_a0186568_22502297.jpg
 ここでは、インダス文明期の都市遺跡を包含する地層の上に、1.5~2mもの厚さのシルト層が一面に堆積している(していた)のです。これはおそらく、かつてのインダス川またはその支流の洪水堆積物なのでしょう。この洪水堆積物がいつのものなのか、インダス文明期の都市と関わりがあるのかどうかは大変興味深いところです。OSL年代測定が可能ではないかと思われますので、文化層中に残されているだろう炭のAMS年代とあわせて測定し、検討してみたいところです。
PJAM2012#7 ラカンジョ・ダーロ遺跡_a0186568_2250383.jpg
 西マウンドをぐるりと一周した後は、車で中央マウンドに移動しました。A地点はすでに工場の敷地の下、最近発掘調査を行なったC地点も工場の建設予定地だったそうですが、今のところ工事はストップされているとのこと。マッラー教授らが、調査の成果と遺跡の意義を、州政府や高等教育委員会(大学を管轄する部局)などに訴えた効果でしょうか。
PJAM2012#7 ラカンジョ・ダーロ遺跡_a0186568_22505855.jpg
 ここでは、先述の通り排水路を備えた街路と建物が発掘されているそうです。インダス式印章も発掘されています。
 ここは2010年の発掘区、色の異なる砂で埋め戻されている範囲が発掘調査区です。
PJAM2012#7 ラカンジョ・ダーロ遺跡_a0186568_22511081.jpg
 同じく、埋め戻されて保存されている発掘調査区。土層観察用のベルトの位置がよく分かりますね。
 現在、SALUでは、発掘調査報告書を刊行すべく準備中ということで、今シーズンは発掘調査は行なっていませんでした。

 広大な遺跡範囲に対して、実際に発掘調査のメスが入れられているのはごく一部に過ぎません。都市の一角にあって、開発と遺跡保護の両立が非常に難しい状況にあるようです。しかしこれだけの規模のインダス文明の都市遺跡は、数少なく、大変貴重な遺跡であることは間違いありません。
 マッラー教授らSALUの調査と遺跡保護への取り組みを、何とかバックアップしたいところです。
by asiansophia | 2012-03-20 06:00 | PJAM2012