S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

PJAM2012
3.11 Earthquake
Archaeology(English)
India2011
日々のできごと/ Daily life
アジア/ Asia
おでかけ/ Japan
南アジア考古学/SA Arch.
野川・多摩川/RegionalStudy
旧石器考古学/Palaeolithic
砂川・武蔵野台地北部
考古学(ジオ)
考古学(いろいろ)
雑記

最新の記事

ブログ移転のご案内
at 2012-08-15 01:41
PJAM2012#19 ハイ..
at 2012-04-07 20:00
PJAM2012#18 ヴィ..
at 2012-04-06 20:00
PJAM2012#17 砂漠..
at 2012-04-05 20:00
PJAM2012#16 フェ..
at 2012-04-04 20:00

最新のトラックバック

石器文化研究会 シンポジウム
from 黒く光る石と黒く動く虫

以前の記事

2012年 08月
2012年 04月
2012年 03月
more...

ライフログ



Ninja analyse

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

東京の交通100年博/ 100 years of Transportation in Tokyo

a0186568_1245729.jpg 8/28日曜日、息子×2と3人で、両国の江戸東京博物館で開催中の特別展「東京の交通100年博」を見てきました。
 本当のところはプールが第1希望だったのですが、このところの気温の変化のせいか息子1は咳きが出るので断念してもらいました。替わりに、大好きな電車に乗って、電車を見におでかけ。
 新宿駅で中央・総武線各駅停車に乗り換え。息子2は車窓から中央線快速電車を見るたびに、あっちに乗りたいと無茶をおっしゃいます...
a0186568_1241527.jpg 江戸東京博物館に到着。どうやらこの時点で息子2はだいぶおねむだったらしく、駅から博物館までの間、はしゃぎながら歩いていたと思ったら...入場券を買う列に並んでいる間に寝てしまいましたzzz

a0186568_1215289.jpg




 特別展のポスター。夏休み最後の日曜日ということもあって親子連れが多数。ただし入場料は決して安くないのですが...

a0186568_1353677.jpg

 展示室は撮影禁止なので写真なし。左は1Fロビーに置かれた大きな熊手。2人とも興味津々でしばらくはりついていました。
 結局、息子2は展示室ではずっと寝てたのですが、まぁ結果的には良かったかもしれません。息子1は、おもに模型に興奮して、あちこち駆け回ってました。おかげで、ときどき姿を見失ってちょっとドキドキ。いよいよ、初迷子の時が近づいているようです。
 そんな息子1が展示室で一番気に入っていたのがジオラマ展示(8/31まで)。Nゲージの大きなジオラマ上を都電の模型が走り回ってます。ここにはしばらくはりついていました。

a0186568_1403472.jpg


 それより何より、息子×2にとってのベスト展示は、都電の実物車両の展示です。駐車場の一角に、6000形車両と「ささら電車」(除雪仕様車)が1両ずつ展示されていました。

a0186568_1411176.jpg


 しかも6000形車両は中に乗ることができます。お昼ごはんとともに復活した息子2は、興奮して2回乗ったり降りたりしてました。

a0186568_1451967.jpg



 翌日も、ずっと「路面電車に乗ったの」と言っていたので、相当、印象に残ったようです。

a0186568_1532471.jpg



 車内だけでなく、台車も観察中。

a0186568_1473936.jpg




 こちらはもう一つの実車展示、ヨヘロ1形除雪車。

a0186568_1481391.jpg



 舗装された路面を傷つけないように、竹製の「ささら」が前後に装着されています。

a0186568_1505694.jpg



 「ささら」は、チェーンで車内のモーターとつながっていて回転するようになっています。息子1には、こっちの方が興味深かったようで、しきりに仕組みを知りたがっていました。
 この後は、都営大江戸線経由で帰宅しました。


On 27, August, we were coming to Edo Tokyo Museum at Ryogoku (beside Kokugikan Sumo Hall) to see special exhibition '100 years of Transportation in Tokyo'.
The exhibition is composed with 6 chapter:
#1 beginning of Tramway in Tokyo
#2 introducing Automobile bus after Taisho-Kanto earthquake
#3 developing of Tramway system in Tokyo
#4 abolishing Tramway- shifting to Automobile bus and Underground railway
#5 developing of Underground railway system
#6 present and future of Tokyo City Bureau of Transportation
The first public transportation system in Tokyo was Omnibus and Horse-drawn tram. These were introduced after Meiji Restoration (1866). Construction of Tramway system was started in 1911 by Tokyo City Bureau of Electricity. During the first decade of 20th Century, Tramway system in Tokyo was rapidly developed.
When huge disaster of Taisho-Kanto Earthquake hit Tokyo City in 1923, most Tram cars were burnt and Tramway system were heavily damaged. Then Tokyo City introduced Automobile bus to make up for a lack of transportation.
However Tramway system were rapidly reconstructed. Both Tramway and Automobile bus were concurrently developing until 1970's. After WWII, Tokyo City tried to introduce alternative transportation system because of necessary to reduce traffic jam. Progress of motorization caused conflict on streets between Tram and Cars.
During 1960-70's major public transportation system in Tokyo City was shifted to Underground railway. In 1972, Tokyo City Bureau of Transportation abolished almost Tramway. Nowadays, we have only one Tramway line in Tokyo City. This is an outline of the exhibition.
There are many miniature model of Tramcars, Trains and Buses. Aki was fascinated with them. However most exciting things for kids are... exhibition of actual Tramcars!!
There are 2 actual Tramcars: type 6000 passenger car and Yohero-1 type snow-plowing car. It is able to get on type 6000 car inside. Tomo preferred it and got it on 2 times :) Aki was fascinated with snow-plowing car. He wanted to know about mechanics of the car. All we enjoyed the exhibition. It was really good experience for kids.
photos:
# 1 A signboard of Ryogoku station
# 2 Building of Edo Tokyo Museum (right)
# 3 A poster of special exhibition
# 4 A large Kumade (decorated Rake for business prosperity) at ground floor
# 5 Actual Tramcar exhibition: type 6000 passenger car
# 6 Inside of type 6000 car
# 7 Console of type 6000 car
# 8 Wheel and chassis of type 6000 car
# 9 Yohero-1 type snow-plowing car
#10 Snow-plowing attachment: made of bamboo sticks
#11 Electric motor and transmission for snow-plowing attachment
[PR]
by asiansophia | 2011-08-30 02:32 | おでかけ/ Japan