人気ブログランキング |


S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

PJAM2012
3.11 Earthquake
Archaeology(English)
India2011
日々のできごと/ Daily life
アジア/ Asia
おでかけ/ Japan
南アジア考古学/SA Arch.
野川・多摩川/RegionalStudy
旧石器考古学/Palaeolithic
砂川・武蔵野台地北部
考古学(ジオ)
考古学(いろいろ)
雑記

最新の記事

ブログ移転のご案内
at 2012-08-15 01:41
PJAM2012#19 ハイ..
at 2012-04-07 20:00
PJAM2012#18 ヴィ..
at 2012-04-06 20:00
PJAM2012#17 砂漠..
at 2012-04-05 20:00
PJAM2012#16 フェ..
at 2012-04-04 20:00

最新のトラックバック

石器文化研究会 シンポジウム
from 黒く光る石と黒く動く虫

以前の記事

2012年 08月
2012年 04月
2012年 03月
more...

ライフログ



Ninja analyse

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

インド滞在記2011 その17:India2011 pt.17

インド滞在記2011 その17:India2011 pt.17_a0186568_18575422.jpg 気がつけば2ヶ月ぶりのインド滞在記です。いったい、いつまでダラダラやるのか、というところですが、このあと、Siwalik編、Pune編と続きます。ご寛恕のほどを...
 さてどこまで進んだのかと過去記事を読み返すと...まだ3/2でした。ということで、Kalibangan博物館の正門です。インダス文明の象徴ともいえるコブウシと水牛のシルエットがお出迎えです。
 左の門柱には英語の看板、右の門柱にはヒンディー語ほかの看板がかかっています。

インド滞在記2011 その17:India2011 pt.17_a0186568_19112554.jpgインド滞在記2011 その17:India2011 pt.17_a0186568_1913275.jpg








インド滞在記2011 その17:India2011 pt.17_a0186568_1916663.jpg

 こちらは博物館の玄関。後姿はインドで修行中のK先生とT大のK先生。その先にいるのは、インド留学中のKさんとデカン・カレッジのNarederさんです。
 博物館は一部展示を改装中でしたが、主要な遺物は見ることができました。とくに、私にとって大事な、例のチャート製のコアと石刃も!!

インド滞在記2011 その17:India2011 pt.17_a0186568_19191898.jpg



 博物館の裏が遺跡です。もう、すっかり夕暮れ時でしたが、Kalibanganのマウンドに登ってきました。

インド滞在記2011 その17:India2011 pt.17_a0186568_19222353.jpg



 Haryanaの遺跡とは異なり、細かな砂に覆われています。足元に見える模様は、遺構の痕跡ですね。

インド滞在記2011 その17:India2011 pt.17_a0186568_22381389.jpg



 Citadel(城塞)と呼ばれている西側のマウンドを遠景に、デカン・カレッジのNarenderさん。

インド滞在記2011 その17:India2011 pt.17_a0186568_19251783.jpg



 砂地をしばらく進むと、マウンドの手前あたりからは大量の土器片が散布しています。

インド滞在記2011 その17:India2011 pt.17_a0186568_19282026.jpg



 マウンドは、やはりとても大きかったです。Rakhi Garhiの方が大きいのですが、現代の町に阻まれて全貌を捉えることができません。一方のKalibanganはマウンドの周囲を含めて保護されているので、全体が見渡せます。

インド滞在記2011 その17:India2011 pt.17_a0186568_1930634.jpg
 しかし大きくて高いマウンドは、やはり侵食も進みますね。植生被覆もほとんどないので、雨が降ると削られていく一方なのでしょう。そして麓に土器だまりができていくのかと...

インド滞在記2011 その17:India2011 pt.17_a0186568_22452368.jpg




 深い溝はトレンチの跡でしょうか。
 ここでは1959年以来、数次にわたる発掘調査が行われ、インダス文明期の下層から文明以前の文化期(Kalibangan I期)の文化層が発見されました。

インド滞在記2011 その17:India2011 pt.17_a0186568_19325991.jpg
 文明期(II期)には、東西2つのマウンド上に都市が成立していたようです。
 こうしてみると、ただの禿山にしか見えませんが、インダス文明研究において非常に重要な遺跡なのです。
 左の写真は、西のマウンド上から、東側のマウンド(市街地)を臨んだもの。

インド滞在記2011 その17:India2011 pt.17_a0186568_19362735.jpg


 東西2つのマウンドの間。
 遺跡は、先に紹介したGhaggar涸河床の南岸に位置しています。このため、かつて豊富な水量を湛えていた大河Ghaggarの畔に栄え、地殻変動または気候変化によりその水流が途絶すると都市も衰退した、とされてきました。
 しかし最新の研究では...これについては、また後ほど。

インド滞在記2011 その17:India2011 pt.17_a0186568_2321850.jpg 最後に、博物館前に戻って記念撮影。左から、インドで修行中のK先生、T大のK先生、インド留学中のKさん、デカン・カレッジのNarenderさん、われらが運転手Sonu Hooda(一番右は、勝手についてきて勝手に写真に写っている地元のお兄ちゃん)。
 さて、この時点でもう19時。しかしこれから、一路Rohtakまで戻らなければなりません。ふたたび、大旅行です...

インド滞在記2011 その17:India2011 pt.17_a0186568_2374762.jpg

 帰路は、遺跡から東南東へRajasthan州内を進み、Rawatsar、Nohar、Bhadraを経て、HissarからRohtakへと戻りました。
 写真は、遺跡の南で車窓から見た砂丘。麦畑の中に点在しています。

インド滞在記2011 その17:India2011 pt.17_a0186568_238664.jpg

 Rajasthanに沈む夕日。Rohtakに帰り着いたのは、日付けが変わってからです。
 早朝から深夜まで、ガイドを買って出てくれたNarenderさん、そして連日のロング・ドライブにもかかわらず無事故で運転手を務め上げてくれたSonu Hoodaの2人には、心から感謝!

(遺跡の位置はこちら:Googleマップ。マウンドとGhaggar川の流路も分かります。)


2,Mar (continue from former post). Visiting Kalibangan Museum and the site.
photos
# 1: frontal view of Kalibangan Museum
#2,3: the entrance gate of the Museum
# 4: main building of the Museum
# 5: the site is just behind of the Museum
# 6: beside the Museum, sandy soil and trace of remains on surface
# 7: Mr.Narender Singh Parmar, in front of the western mound (so-called Citadel)
# 8: surface is covered with potsherds
# 9: walking on potsherds to the western mound
#10: both mounds are heavily eroded
#11: eroded and buried former excavation trenches...
#12: the eastern mound, view from the top of Citadel
#13: between two mounds
#14: memorial photo in front of the Museum, Prof.Kubo, Prof.Kondo, Ayumu, Narender and our driver Sonu Hooda
#15: sand dune remains in wheat field
#16: sunset in Rajasthan plain
Then we returned to Rohtak. It was so long drive...we arrived in midnight at last... thank you Narender for kindly attendance and Sonu Hooda for long driving!

by asiansophia | 2011-08-01 19:38 | India2011