S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

PJAM2012
3.11 Earthquake
Archaeology(English)
India2011
日々のできごと/ Daily life
アジア/ Asia
おでかけ/ Japan
南アジア考古学/SA Arch.
野川・多摩川/RegionalStudy
旧石器考古学/Palaeolithic
砂川・武蔵野台地北部
考古学(ジオ)
考古学(いろいろ)
雑記

最新の記事

ブログ移転のご案内
at 2012-08-15 01:41
PJAM2012#19 ハイ..
at 2012-04-07 20:00
PJAM2012#18 ヴィ..
at 2012-04-06 20:00
PJAM2012#17 砂漠..
at 2012-04-05 20:00
PJAM2012#16 フェ..
at 2012-04-04 20:00

最新のトラックバック

石器文化研究会 シンポジウム
from 黒く光る石と黒く動く虫

以前の記事

2012年 08月
2012年 04月
2012年 03月
more...

ライフログ



Ninja analyse

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

Days in Tokyo, with Prof.Mallah#6

a0186568_21392716.jpgOn 2th July, we have taken the 2nd lecture of Prof.Mallah, titled "An Overview on the Recent Archaeological Research in Northern Sindh, Pakistan". Before lecture, we had lunch at Unagi (eel fish) restaurant at Shinjuku. How it taste?

a0186568_21395715.jpg


The lecture focused on archaeological investigations of Indus age sites in Thar desert and Indus Plain.
I cannot show detail here. It will submit to the journal of Indo-kouko-kenkyu.

a0186568_21401176.jpg
Prof. Mallah and his department continue the exploration in Thar Desert and find out so many sites especially along Nara, assumed ancient Hakra River. These are including beads workshop and copper processing sites.

a0186568_21402314.jpg


Also Prof.Mallah shew us their achievement at Lakhan-Jo-Daro site in Sukkur district. They uncover some Indus seals and other objects with scripts. The site is so rich.

a0186568_21403235.jpg

Now we know there are another "city" in Indus Plain during Mature Harappan period.
After brief comment by Prof.Kondo, we discussed on some issues; course of ancient Hakura River and environment, possibility of river transportation, and nature of sites in Thar Desert area.

a0186568_21404750.jpg
(Participants of the lecture)

a0186568_21405945.jpg
a0186568_2156555.jpg

Then we moved to restaurant to have dinner and to continue discussion. It is also rich and excellent lecture. Thank you Prof.Mallah-san!

 本日(7/2)は、マッラー教授の明治大学での2回目の講演「パキスタン、シンド州北部における最近の考古学的調査」でした。参加者は残念ながら(かなり)少なめ。ただ、その分、きわめて濃厚でマニアックな議論が交わされました。
 講演の内容は、『インド考古研究』に投稿される予定です。とりあえずさわりだけ...
 まず1つめは、マッラー教授がシャー・アブドゥル・ラティーフ大学考古学研究室で進めているタール砂漠地域の遺跡踏査の成果。かつてのハークラー川の下流部と目されるナラ水路の左岸も含めて、いくつものインダス文明期およびその直前の遺跡が発見されており、その中には、銅の精錬址や、ビーズ製作址も認められるとのこと。これまで遺跡の空白地帯だった地域だけに、非常に注目されるところです。
 もう1つは、これもシャー・アブドゥル・ラティーフ大学考古学研究室が、パキスタンの他の大学との共同調査も含めて進めている、Lakhan-Jo-Daro遺跡の発掘調査成果。ここでは、いくつものマウンドから構成される遺跡の中でビーズ工房址を含む建物群や排水路を備えた道路などからなる都市の一角が発掘されています。中でも、いくつも見つかっているインダス式印章や、そのほかインダス文字が記された遺物の存在が注目されます。
 インダス平原、とくにマッラー教授の主たるフィールドであるシンド州北部は、おそらくインダス文明の成立において重要な鍵を握る地域なのですが...今後も、さらなる新発見がもたらされることでしょう。
[PR]
by asiansophia | 2011-07-02 22:10 | 南アジア考古学/SA Arch.