人気ブログランキング |


S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

PJAM2012
3.11 Earthquake
Archaeology(English)
India2011
日々のできごと/ Daily life
アジア/ Asia
おでかけ/ Japan
南アジア考古学/SA Arch.
野川・多摩川/RegionalStudy
旧石器考古学/Palaeolithic
砂川・武蔵野台地北部
考古学(ジオ)
考古学(いろいろ)
雑記

最新の記事

ブログ移転のご案内
at 2012-08-15 01:41
PJAM2012#19 ハイ..
at 2012-04-07 20:00
PJAM2012#18 ヴィ..
at 2012-04-06 20:00
PJAM2012#17 砂漠..
at 2012-04-05 20:00
PJAM2012#16 フェ..
at 2012-04-04 20:00

最新のトラックバック

石器文化研究会 シンポジウム
from 黒く光る石と黒く動く虫

以前の記事

2012年 08月
2012年 04月
2012年 03月
more...

ライフログ



Ninja analyse

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

ねないこだれだ: what is bogeyman for my sons?

 ひさびざ(3ヶ月ぶり)に、息子1~2と連続で発熱、ダウンです。夏風邪のようです。さすがに息子1は、中1日でほぼ完治なのですが、息子2は熱が上がったり下がったりでちょっとしんどそう。
 体力の差だけでなく...小さいほうは、ちょっとでも熱が下がると、もう遊びたい、外に出たいになってしまうのでぶり返し、なかなか完治しないのです。もう少しの辛抱だ、がんばれ!!
 そんな息子2ですが、最近、『ねないこだれだ』に夢中です。何と、内容を暗記してしまったので(親も)、絵本がなくても楽しめるという...
 そして、かつての息子1同様、ちっとも怖がりません。いちいち合いの手を入れてケタケタ笑っています。


 じゃあ、何なら怖がるかって言うと...息子1は、今でも「へびさん」を怖がるので、お風呂上りになかなかパンツをはかない時などは、しばしば「へびさん」にベランダで待機していてもらいます。
 もう一つ意外だったのが『ピーターラビットのおはなし』の「マクレガーさん」。なぜかとても怖かったらしく、しばらくの間は「マクレガーさんが来る」といわれると大人しくしなって言うことをきいてました。今では、もう通用しませんが...







 最後におまけ、大英博物館のミュージアムショップで購入したヒエログリフの『ピーターラビット』。「読んで」と言われるとすごく困る(いちおう、各ページに英語もついているのですがね...)。


Top right image is the front cover of the famous Japanese picture book "Nenaiko dareda (who doesn't sleep in night?)". Most Japanese children read this by all means once, of course me too.
It is very simple story...a child who doesn't sleep and even play in night should be caught and taken away by bogeyman. Both of my sons like this book very much. They remember all story and have fun with it...they don't feel any scare with it :-(
Instead, they frighten unexpected character. Especially Aki frighten Mr.McGregor in series of 'The Tale of Peter Rabbit'...I have no idea why so....
What was bogeyman for you in a bedside story with your parents?
by asiansophia | 2011-06-09 22:34 | 日々のできごと/ Daily life