人気ブログランキング |


S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

PJAM2012
3.11 Earthquake
Archaeology(English)
India2011
日々のできごと/ Daily life
アジア/ Asia
おでかけ/ Japan
南アジア考古学/SA Arch.
野川・多摩川/RegionalStudy
旧石器考古学/Palaeolithic
砂川・武蔵野台地北部
考古学(ジオ)
考古学(いろいろ)
雑記

最新の記事

ブログ移転のご案内
at 2012-08-15 01:41
PJAM2012#19 ハイ..
at 2012-04-07 20:00
PJAM2012#18 ヴィ..
at 2012-04-06 20:00
PJAM2012#17 砂漠..
at 2012-04-05 20:00
PJAM2012#16 フェ..
at 2012-04-04 20:00

最新のトラックバック

石器文化研究会 シンポジウム
from 黒く光る石と黒く動く虫

以前の記事

2012年 08月
2012年 04月
2012年 03月
more...

ライフログ



Ninja analyse

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

保育参加: open day for parents @ nusery

保育参加: open day for parents @ nusery_a0186568_1791273.jpg 今日(5/31)は、息子1の保育所の保育参加日でした。参観ではなく、参加。日常の様子をこっそり参観した後、親も保育に参加するという催しです。
 いちおう、誰かが来ているのを察せられないように、目張りをされた窓の隙間から保育室の様子を覗うのですが、さすがに幼児組(3歳児クラス)になると、みな勝手知ったる何とやらで、こっそり覗いているこちらを覗き返して、「誰かいるよ!」とか、今日は「○○くんのママせんせいだ」とか、すでにバレバレです...
 で、本日は、園庭遊び、雨天延期になっていたサツマイモの苗の植え付け(近所の畑までプチ遠足)、戻って紙芝居(保護者実演)、給食、そしてお昼寝の時間帯に面談でした...が、しかし、わが家ともう一組ともに両親参加で人数が多かったのと、サツマイモの植え付けで保育所の外に出たのと、その他もろもろで子供たち全員テンションが高くなりすぎて、とうとう紙芝居の前には全員揃って先生に大目玉を喰らっていました(ToT)
 いちおう、0歳児クラスのときから毎回参加しているのですが、さすがに3歳児クラスになると、すっかり“赤ちゃん”から“子ども”ですね。片時も大人しくしていることなく、つねにそこらじゅうで誰かしらが、上を下に、右を左にひと騒ぎです。保育士の先生方のご苦労が偲ばれます...
 そして大目玉の際に先生、思わず本音(?)がポロリかと思ったのですが、今の保育所の仕組みでは、幼児組になると担任の保育士さんの定数が少なくなるのですね。はっきり言って、かなりギリギリにも思えます。
 保育所不足、待機児童解消のために、保育士数や教室面積、設備などの基準の緩和が検討されるようですが、この部分は、絶対に削ってはダメだと思いますよ。
 誰のための仕組みかといえば、働くために預けなければならない親のためでもなく、運営側の都合でもなく、一にも二にも、そこで日々を過ごす子どもたちのためでなければならないはずですから。
 とかく何かにつけて合理化とか、基準緩和とか、削れる部分を削って損益を出さない、あわよくば利益を出そうという方向性が強いようですが、やはり福祉とか教育は別枠で考えないと...将来、年寄りの面倒を見てくれるのは彼ら・彼女らなのですからね。
(写真は息子×2の登園スタイル。遠足ではなく、これがデフォルトです)


It is an open day for parents at Aki's nursery school. We, my wife and I, have joined it till afternoon. In Aki's nursery school. parents join to play and other care. Today's program is...playing in a schoolyard, walking to a field and trying to plant sweet potato, picturecard shows by parents, then school lunch. After lunch, it is a siesta time for children, and interview time for teachers and parents.
We were enjoying all but...children were in a fever with unusual situation...then they made their teacher angry at last!!!
It is 4th year for Aki in his nursery school life. He and his friends seem to be child, not baby as before.
In Japanese system of nursery school, number of teachers in higher age class should be reduced. Teachers take devoted care and education for children. For me, it seems as the last straw... However authorities claim that more reduction of teachers number as deregulation for setting up much numbers of nursery schools. Actually there is severe problem of shortage of nursery schools in urban side, especially in and around Tokyo. To resolve this problem, government and authorities examine deregulation...
But we should ask, nursery school will set up for what? It is very clear. It is for children, not for parents nor administrations... Children will carry our future!
by asiansophia | 2011-05-31 17:53 | 日々のできごと/ Daily life