人気ブログランキング |


S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

PJAM2012
3.11 Earthquake
Archaeology(English)
India2011
日々のできごと/ Daily life
アジア/ Asia
おでかけ/ Japan
南アジア考古学/SA Arch.
野川・多摩川/RegionalStudy
旧石器考古学/Palaeolithic
砂川・武蔵野台地北部
考古学(ジオ)
考古学(いろいろ)
雑記

最新の記事

ブログ移転のご案内
at 2012-08-15 01:41
PJAM2012#19 ハイ..
at 2012-04-07 20:00
PJAM2012#18 ヴィ..
at 2012-04-06 20:00
PJAM2012#17 砂漠..
at 2012-04-05 20:00
PJAM2012#16 フェ..
at 2012-04-04 20:00

最新のトラックバック

石器文化研究会 シンポジウム
from 黒く光る石と黒く動く虫

以前の記事

2012年 08月
2012年 04月
2012年 03月
more...

ライフログ



Ninja analyse

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

インド滞在記2011 その11: India 2011 Part11

インド滞在記2011 その11: India 2011 Part11_a0186568_2024218.jpg Rakhi Garhi の大セクションの前で、私たちは「遺跡の番人」Wazir Chand Saroaeさんにお会いしました。Rakhi Garhiの町に暮らし、長年遺跡の保護と、露出してしまった遺物の回収・収集に尽力されてきた方なのだそうです。
 このWazirさん、なんとScience誌の特集記事にも載ったことがあるのです!

インド滞在記2011 その11: India 2011 Part11_a0186568_19433281.jpg

 大セクションの背後に回りこんでちょっと歩くと、Wazirさんのお宅です。
 お茶をご馳走になりつつ、最近紹介された新聞記事や、博物館に収蔵された貴重資料のことなどを、Dr.Shindeが解説してくれます。

インド滞在記2011 その11: India 2011 Part11_a0186568_2034381.jpg

 そしていよいよ御開帳!!
 部屋の中央に置かれた小さなテーブルの上に、次々に素晴らしい遺物が並べられます。

インド滞在記2011 その11: India 2011 Part11_a0186568_19455123.jpg




 ほぼ完形の土器を手に取るDr.Shinde。

インド滞在記2011 その11: India 2011 Part11_a0186568_20353866.jpg



紅玉髄(カーネリアン)のビーズ!!



インド滞在記2011 その11: India 2011 Part11_a0186568_19453495.jpg

 ごく一部のマニア向け...これは、隣国パキスタン・シンド州北部のRohri丘陵で産出するチャート製の石刃。石材の産地からここRakhi Garhiまでは、なんと直線距離で780km以上も離れているのです!!こちらを参照
 なおこの石刃は金属製の押圧剥離具を用いて生産されていることが、フランスの研究者たちにより解明されています。

インド滞在記2011 その11: India 2011 Part11_a0186568_194684.jpg
 チャートの超円礫。いったい、どこから持ってきているのでしょうか?

 Wazirさんは結構有名人で、旅行者向けのガイドブックにも載っているくらいだそうです。芳名帳には有名な研究者が名を連ね、その中には日本人の名前も...と思ったらなんと、学生時代のKさんの名も...

インド滞在記2011 その11: India 2011 Part11_a0186568_19464535.jpg
 貴重な資料をたくさん見せていただいた後は、ご家族とともに記念写真。
 Dr.Shindeいわく、遺跡に情熱を注ぐWazirさんは変わり者扱いされ、とくに遺跡が町の開発を阻害していると感じている住民の反発を買うこともあるそうです。
 いろいろ大変なことも多いと思いますが、放っておけば散逸してしまう貴重な資料を守り続けるその情熱は、必ずや世界中に認められるはずです。これからも、がんばってください。

 最後に、Wazirさんが記事になった「インダス文明を解明する:Unmasking Indus」特集が掲載されたScience2008年6月6日号の表紙とWazirさんの写真。同特集号には、Dr.Shindeも載っていますよ。

We have visited the residence of Mr.Wazir Chand Saroae, the friend of archaeology and guardian collector of Rakhi Garhi site. In his room, we have a chance to observe his splendid collection including Harappan ware, carnelian beads and Rohri chert blades...all incredible!!!
He is very famous man and once reported by Science(Unmaskin Indus issue, 6 Jun 2008).
We all appreciate to Mr.Wazir and his family sincerely.

インド滞在記2011 その11: India 2011 Part11_a0186568_211381.jpg そして長かった3/1の巡検も無事終了。Karsolaのキャンプに戻った時には、もう真っ暗でした。写真は、出迎えてくれたデカン大助手(Assistant Prof.)のKanti PawarさんとDr.Shinde、そしてインド留学中のKさん。
 なお翌日は、もっと移動しましたよ;;

At last we have backed Karsola camp in late evening. It was so long one-day trip, but shorter than next day's journey to Kalibangan :-)
by asiansophia | 2011-05-24 21:12 | India2011