人気ブログランキング |


S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

PJAM2012
3.11 Earthquake
Archaeology(English)
India2011
日々のできごと/ Daily life
アジア/ Asia
おでかけ/ Japan
南アジア考古学/SA Arch.
野川・多摩川/RegionalStudy
旧石器考古学/Palaeolithic
砂川・武蔵野台地北部
考古学(ジオ)
考古学(いろいろ)
雑記

最新の記事

ブログ移転のご案内
at 2012-08-15 01:41
PJAM2012#19 ハイ..
at 2012-04-07 20:00
PJAM2012#18 ヴィ..
at 2012-04-06 20:00
PJAM2012#17 砂漠..
at 2012-04-05 20:00
PJAM2012#16 フェ..
at 2012-04-04 20:00

最新のトラックバック

石器文化研究会 シンポジウム
from 黒く光る石と黒く動く虫

以前の記事

2012年 08月
2012年 04月
2012年 03月
more...

ライフログ



Ninja analyse

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

インド滞在記2011 その3: India 2011 Part3

 東京は雪が降ったのでしょうか? こちらは夏が始まったということで、日中は30度越えていたのではないでしょうか? 焼けます...
 さて本日はデカン大学(Deccan College)を訪れ、先にハリヤーナー州の遺跡巡検でお世話になったDr.Shindeをはじめ、多くの方にお会いしました。インド旧石器研究の泰斗で、現在、デカン大名誉教授Pattaya氏にもお会いすることができ、一緒に写真を撮っていただいた上にサイン入の抜き刷りまで!!! しかしこの感動を共有していただける方は、きわめて稀でしょう...
 昨年10月に韓国でお会いしたDe.Mishraには、終始お世話になっています。昼食をご馳走していただいた上に、夕刻にはお宅でお茶までいただいてしまいました。しかしDr.Mishraは流暢な英語を立て板に水とばかり話し続けられます。海外どころか駅前にすら留学したことのない身には、大半が専門とする旧石器ネタばかり、かつかなりインチキとは言え、1日中英語をしゃべり続けるのはとてもしんどい。
 そんな近況報告の後は、2/27日お昼~午後の報告。この日は、デリー国立博物館を見学した後、ハリーヤーナー(Haryana)州のローフタク(Rohtak)まで移動しましたよ。




インド滞在記2011 その3: India 2011 Part3_a0186568_21392784.jpg まずはデリーの国立博物館です。コンノート・プレイスから真南へ、ジャンパト通りを下ったところです。
 インダス文明からムガル朝期までの考古・美術・貨幣資料などが多数展示されています...が、しかし、展示はお世辞にも良い状態とは言えません。とにかく物量で勝負、ということでしょうか。入館料は300ルピー(約00円)、カメラも+300ルピーで持ち込み可・撮影可です。なおデカン大学の学生証をもっているKさんは、インド人学生料金(10ルピー)で入場、うらやましい。また専門家でない方には、音声ガイドがお勧めとのこと。こちらは無料です。

インド滞在記2011 その3: India 2011 Part3_a0186568_2144171.jpg 石像彫刻の並ぶエントランスを抜けると、順路の最初はインダス文明の部屋です。旧石器~新石器時代はありません...トホホ
 土器、石器、装身具、印章などがずらりと並んでいます。確かに、キャプションがきわめて簡潔なので、音声ガイドがないと何がなにやら分からないですね。

インド滞在記2011 その3: India 2011 Part3_a0186568_21463785.jpg



 お次は古代。世界史で習った、マウリヤ朝~グプタ朝期の石像彫刻がずらり。なかなか見ごたえがあります。

インド滞在記2011 その3: India 2011 Part3_a0186568_21481552.jpg

 クシャン朝、仏教、ヒンドゥー教美術など、しばらくはひたすら石像彫刻ばかり。
 その後は、細密画(ミニアチュール)です。印刷物で見るよりも、実物!ですね。細かな線描には驚くばかりです(ガラスケース越しでうまく写真が撮れなかった...)。

インド滞在記2011 その3: India 2011 Part3_a0186568_2153827.jpg
 建物は円形で、中央に中庭、そのまわりに廊下、外郭が展示室になっています。
 2階には海軍の展示室、みやげ物店、カフェテリアなどがあり、企画展示室では中国美術展が開催中。デリーで兵馬俑や唐三彩、景徳鎮を見てしまった^^

インド滞在記2011 その3: India 2011 Part3_a0186568_21555595.jpg



 最後に記念撮影。左から、私、インドで修行中のK先生、東海大学のK先生、デカン大学留学中のKさんはカメラマンです。

インド滞在記2011 その3: India 2011 Part3_a0186568_220329.jpg


 で、急に話題が変わって、デリー市内の道路標識。ご存知のとおり、インドは多言語国家です。通りの名前も、ヒンディー語、英語、?(後で調べます...)、ウルドゥー語で標記されています。併記される言語は、州によって変わるそうです。でも、英語しか読めない。

インド滞在記2011 その3: India 2011 Part3_a0186568_226213.jpg

 この後は、デリーからローフタクまで移動。およそ80kmほどの道のり。最初は、デリー首都圏の混雑した都会ですが、途中から、ハリヤーナーの大穀倉地帯の平原に景色が変わります。ひたすら、まっ平らな麦畑。翌日から3日間見て回ったインダス文明期の遺跡は、すべて、この平原の麦畑(ところによりアブラナ畑)の中にありますよ。

インド滞在記2011 その3: India 2011 Part3_a0186568_2285050.jpg

地図はこちら/Google map (click here)


27-02-2011 afternoon in National Museum Delhi
pictures from top to bottom
・Gate sign of NMD
・The room for Indus Civilizaiton
・The room for ancient art
・Stone sculpture of Buddhism art
・Courtyard
・Memorial photo in front of museum, from left to right; me, Prof.Kubo and Prof.Kondo
・Road sign in New Delhi city
・Road side scape at suburb of Delhi
・Typical landscape of Haryana Plain
In the evening of the day 27-02, we've arrived at Rohtak.
by asiansophia | 2011-03-07 23:56 | India2011