人気ブログランキング |


S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

PJAM2012
3.11 Earthquake
Archaeology(English)
India2011
日々のできごと/ Daily life
アジア/ Asia
おでかけ/ Japan
南アジア考古学/SA Arch.
野川・多摩川/RegionalStudy
旧石器考古学/Palaeolithic
砂川・武蔵野台地北部
考古学(ジオ)
考古学(いろいろ)
雑記

最新の記事

ブログ移転のご案内
at 2012-08-15 01:41
PJAM2012#19 ハイ..
at 2012-04-07 20:00
PJAM2012#18 ヴィ..
at 2012-04-06 20:00
PJAM2012#17 砂漠..
at 2012-04-05 20:00
PJAM2012#16 フェ..
at 2012-04-04 20:00

最新のトラックバック

石器文化研究会 シンポジウム
from 黒く光る石と黒く動く虫

以前の記事

2012年 08月
2012年 04月
2012年 03月
more...

ライフログ



Ninja analyse

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

エジプトで起こっていること(続)

 破壊されたものはあるものの修復が進んでいる、と発表された矢先に、実は盗まれていたものがあったと報じられ、さらに今度は、そのうちのいくつかが館内・前庭などに打ち捨てられていたという...
 日本のメディアの多くは、現・考古大臣(Minister of State for Antiquities Affairs)である著名なDr.Zahi Hawassに取材した海外メディアか、彼のブログを情報ソースにしているようですが、こちらのブログ(The Eloquent Peasant)や、さらにその情報ソースのひとつにもなっているFacebook上のグループ(Restore+Save the Egyptian Museum:公開)を参照すると、さらに状況は複雑なようです。
 現在進行形の出来事なので、結果はまだ分からないことだらけですが、その中で気になることがいくつか...
・多くの場合、盗まれた考古資料・美術品は、無造作に周囲に打ち捨てられている。または破壊されている。
・地方の反政府デモが、政府関係の庁舎とともに博物館をターゲットとしていたという報告。報告者は、理由がわからない、 と当惑している。
・そうした不透明な状況を受けて、ヨーロッパなどでは、考古資料・古美術品・博物館への破壊行為がイスラム教の宗教的な姿勢(預言者以前を無明の時代と見なす)と関係づける報道が現われている。報告者は、こうした短絡的なジャーナリズムに危惧している。
 どうもデモ・騒乱に便乗して商店・スーパーマーケットを略奪するのとは動機・背景が違うように思えます。と同時に、3点目に掲げたように、この事態を宗教的な問題にすり替えるという、ありがちなパターンには注意しなければなりません。いわんや、エジプト人には「貴重な文化遺産」を管理する能力がないとか、だから「貴重な文化遺産」は先進国で管理・展示すべき、と言うような論調は...そんなコメント、とっくにあちこちで出されているような気もしますが。
by asiansophia | 2011-02-16 23:32 | 考古学(いろいろ)