人気ブログランキング |


S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

PJAM2012
3.11 Earthquake
Archaeology(English)
India2011
日々のできごと/ Daily life
アジア/ Asia
おでかけ/ Japan
南アジア考古学/SA Arch.
野川・多摩川/RegionalStudy
旧石器考古学/Palaeolithic
砂川・武蔵野台地北部
考古学(ジオ)
考古学(いろいろ)
雑記

最新の記事

ブログ移転のご案内
at 2012-08-15 01:41
PJAM2012#19 ハイ..
at 2012-04-07 20:00
PJAM2012#18 ヴィ..
at 2012-04-06 20:00
PJAM2012#17 砂漠..
at 2012-04-05 20:00
PJAM2012#16 フェ..
at 2012-04-04 20:00

最新のトラックバック

石器文化研究会 シンポジウム
from 黒く光る石と黒く動く虫

以前の記事

2012年 08月
2012年 04月
2012年 03月
more...

ライフログ



Ninja analyse

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

マラッカ紀行(その17・終) まとめ

マラッカ紀行(その17・終) まとめ_a0186568_0172648.jpg たった2日とちょっとの旅なのに、ダラダラ長々と記事を書き続けてしまいましたが... マラッカという街がどんな感じか、多少なりとも伝わったでしょうか?
 さて、マラッカ旅行についての情報を検索してここに飛んでくる方もいらっしゃるようなので、お役に立つかどうかは分かりませんが、今回の経験にもとづき、いくつか整理しておきましょう。




マラッカ紀行(その17・終) まとめ_a0186568_0231854.jpg1)マラッカへどうやって行くのか?
 クアラルンプール国際空港(KLIA)からマッラカへの移動手段には、基本的に、鉄道、バス、タクシーの3つの選択肢があるようです。
 実はわが家では、往路だけでも鉄道に乗ってみよう、という野望もあり鉄道利用も調べましたが...まず圧倒的に本数が少ない! そしてマラッカには駅がないので、最寄(と言っても30km以上離れている)のタンピン(Tampin)で下りて、タクシー、バスに乗り継がないとなりません。
マラッカ紀行(その17・終) まとめ_a0186568_033167.jpg バスは格安です、が本数は限られているようです。またマラッカ到着後、バス・ターミナルからタクシーなどで目的地へ移動しなければなりません。
 タクシーの場合は、空港内であらかじめチケットを購入します。LCCターミナルでは、税関を出たあと、到着ロビーの出口までの間にいくつかカウンターがありました。料金は行き先別。ただし車のランクによりプレミアム(高い)とバジェット(安い)があります。人数と荷物の大きさを見て、カウンターが判マラッカ紀行(その17・終) まとめ_a0186568_0362283.jpg断するようです。ちなみにバジェットは日本でいう小型サイズです。
 今回は、バジェットで159RM(約4,690円)。完全先払い制なので、原則として到着時に追加料金を払う必要はなし。マラッカまでは片道1時間強。ただし渋滞にひっかかったら...また今回は、運ちゃんが道を知らないという罠も...
 なお、帰路は宿で手配してもらったタクシーで170RM(約5,015円)でした。運ちゃんは、ちょっと安いとブツブツ言ってましたが、宿で言われた金額で渋々ながら納得してました。
 まとめ1
 ・料金: バス   <鉄道<<<タクシー      
 ・時間: タクシー<バス<<鉄道          
 ・楽しみ:タクシー・バス<<<<<<鉄道     


2)何が楽しいのか?
マラッカ紀行(その17・終) まとめ_a0186568_118222.jpg まぁ、わが家的には「全部楽しかった」のですが、それでは何なので、いちおう私見を...
 ビーチリゾートではありません。アクティビティも限られています。基本的に小さな街です。
 今回、わが家が子連れで歩き回ったのは1km四方くらいの範囲ですが、まぁ中心部はある程度回っているのではないかと思います。
 世界遺産登録地区(オランダ広場周辺)を中心に、セント・ポール教会、ジョンカー・ストリート、ヒーレン・ストリートといっマラッカ紀行(その17・終) まとめ_a0186568_140581.jpgた華人街など、風情のある歴史的景観を散策するのがメインでしょう。あとは食べ物? 日本でいうなら、鎌倉とか尾道くらいの感じでしょうか?
 ということで、端で見ていると東洋系のツーリスト(95%が中国・台湾人、残りは日本人と韓国人か?)は、大型バスでオランダ広場前に乗りつけて、数時間~半日くらいで周辺を見て回って帰る、みたいな感じです。一方、欧米系のツーリストは、川沿いのオープン・カフェなどでゆったりまったり過ごしていますね。
マラッカ紀行(その17・終) まとめ_a0186568_1475233.jpg まぁ、旅の楽しみ方はそれこそ人それぞれですから。わが家的には、あと4~5日はいけます...あ、でも、毎日リバークルーズかorz...
まとめ2
 街はきれい、車の排気ガス以外は衛生的にも気にならない、客引き押し売りぼったくりの類がほとんどない、金曜礼拝以外はアザーンも控えめ(中心街のみか?)、英語がだいたい通じる、市内で円も換金可、中心街には比較的きれいめな公衆トイレ(無料)もあり、ということで、子連れでもすごしやすかったですよ。

マラッカ紀行(その17・終) まとめ_a0186568_215856.jpg総合評価
 と言うと、何だか偉そうですが...まぁ、機会があればまた行きたいと思います。息子1も、そう言ってますし。
 たぶん、一般的には何日も滞在するような場所ではないのかもしれません。それでも、行ってみる価値は十分あると思いますよ。
 何よりも、それなりの観光地なのに観光地ズレしていない街と人の雰囲気が良いです。
 次は、息子×2がもう少し大きくなってから、食い倒れツアマラッカ紀行(その17・終) まとめ_a0186568_2131891.jpgーで、ぜひ!!


 
by asiansophia | 2011-02-11 02:14 | アジア/ Asia