人気ブログランキング |


S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

PJAM2012
3.11 Earthquake
Archaeology(English)
India2011
日々のできごと/ Daily life
アジア/ Asia
おでかけ/ Japan
南アジア考古学/SA Arch.
野川・多摩川/RegionalStudy
旧石器考古学/Palaeolithic
砂川・武蔵野台地北部
考古学(ジオ)
考古学(いろいろ)
雑記

最新の記事

ブログ移転のご案内
at 2012-08-15 01:41
PJAM2012#19 ハイ..
at 2012-04-07 20:00
PJAM2012#18 ヴィ..
at 2012-04-06 20:00
PJAM2012#17 砂漠..
at 2012-04-05 20:00
PJAM2012#16 フェ..
at 2012-04-04 20:00

最新のトラックバック

石器文化研究会 シンポジウム
from 黒く光る石と黒く動く虫

以前の記事

2012年 08月
2012年 04月
2012年 03月
more...

ライフログ



Ninja analyse

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

マラッカ紀行(その11) 昼食を探せ!

 リバークルーズを満喫したら、お昼ご飯の時間です。
マラッカ紀行(その11) 昼食を探せ!_a0186568_2271686.jpg 初日は、昼夜2食中華だったので、今日はちょっと目先を変えて、マラッカならではのババニョニャ料理(マレー系と中華系のミクスチュア、こちらを参照)などを試してみたいなぁ、などと考えつつ、ホテルと商店街が並ぶ北側の地区へ。
 リバークルーズ乗り場の近くからタクシーを拾って北へ。大した距離ではないけれど、結構渋滞。しかも一方通行の狭い道を2台譲らずに並んで走ったりして...1キロ弱で15RM(約443円)。メーターではありません。どうやら、比較的客がマラッカ紀行(その11) 昼食を探せ!_a0186568_2219353.jpg多そうなところで待っているのは近距離15RM、暇そうなところで待っていると同程度の距離でも10RMでした。15RMは、交渉の余地ありだったのかもしれませんね。
 で、タクシーを下りると、ドームのあるマスジド(モスク)が見えました。ミモザホテルの南側です。
 辺りは服飾品街。インド系にくらべて、中華系のお店はディスプレイも商品も派手。金色のマネキンが輝いています。
 ところで、このアーケードがベビーカーには難関。お店とお店の間に無意味に段差があったり、店内とひと続きで商品が並べられていたり、かと思うとシャッターが下りてるお店の前は自転車・バイクがぎっしり停めてあったり...でも、通りづらいからと言って車道に下りるともっと危険です。台湾でも、中国でも苦労しましたが、ここも同じでした...
 



マラッカ紀行(その11) 昼食を探せ!_a0186568_2226967.jpg そして困ったことに、思っていたほどに飲食店がない...ちょっと路地裏を覗いてみても屋台はまだ準備中...夜営業のお店が多いみたいです。
 ガイドブックを頼りにたどりついたお店は、お休みだったり...それならばと向かったフードコート(屋台村)もまだ準備中...な、なんと、ここにきてお昼ご飯にありつけないとは!!!
 そうこうしているうちに、息子2はあっさり寝てしまい、息子1も空腹と暑さとでぐったりしはじめる始末...これは、まずい...ということで急遽、方針変更。もう一度タクシーを拾っマラッカ紀行(その11) 昼食を探せ!_a0186568_22381622.jpgて、市街南側の巨大ショッピングモール(マコタ・パレード)へ。ここならば、必ず食べ物があるはず!
 マコタ・パレード(Mahkota Parade)は3階建ての大きなショッピングモールで、Parkson(百盛)と、服飾、雑貨、家電から食料品まで、いろんな小売店舗が入ってます。
 ところでParkson(百盛)って、てっきり中国のデパートだと思っていたのですが、今回あらためて調べたら、マレーシアが本家なんですね。
マラッカ紀行(その11) 昼食を探せ!_a0186568_22473432.jpg
 それはともかく、3Fのフードコートへ急ぎます。
 午前中は薄曇、汗をかくほどでもなかったので油断していたのですが、遊覧船の先頭に陣取ってきゃあきゃあ言っていた息子×2は、それなりに日にも当たって少しお疲れだったようです。脱水症状にならないように水分補給には気をつけていたのですが...反省...
マラッカ紀行(その11) 昼食を探せ!_a0186568_2251128.jpg

 そこでまずはアイスクリーム。1カップ(3RM:約89円)ぺろりと平らげると、息子1は見事に復活。息子2もお目覚め。
 ということで、20店舗以上あって目移りする中から、息子×2のリクエストにも応えられるメニューをチョイス。
 こんな感じ。マラッカ紀行(その11) 昼食を探せ!_a0186568_22574143.jpg


 写真上はパン・ミー(4.9RM:約145円)、右は土鍋鶏飯(Claypot Chicken Rice)卵つき(4.8RM:約142円)、左は蓮根スープ(3.5RM:約103円)。マラッカ紀行(その11) 昼食を探せ!_a0186568_232212.jpg




 パン・ミーは平打のビーフン麺がチキン・スープに入ってます。お店のメニューを見ると、汁なし、辛そうなのばかりですが、辛いのは後から自分で入れるようになっていて、汁はあり/なしを選べます。ということで、お子様仕様。2人とも、もりもり食べてました。
マラッカ紀行(その11) 昼食を探せ!_a0186568_2310635.jpg 土鍋鶏飯は、土鍋で炊いたご飯(長粒米)に、味付けした鶏肉がのってます。なかなかおいしい。
 蓮根スープは、奥さんのリクエスト。もみじ(鶏のつま先)と蓮根、きのこなどが入ってます。ちょと漢方っぽいけど、うまい。体力回復しそう。
マラッカ紀行(その11) 昼食を探せ!_a0186568_23122432.jpg



 でっかい業務用冷蔵庫みたいな巨大蒸し器でスチームされてました。



マラッカ紀行(その11) 昼食を探せ!_a0186568_23244411.jpgマラッカ紀行(その11) 昼食を探せ!_a0186568_23213487.jpg








 で、こちらは食後のデザート。何だかすごい色ですが伝統のお菓子。ピンクのはういろう。小さい緑のは柔らかいお団子の中に黒蜜が入ってます。もう一つは生麩っぽい感触でした。ほかに豆腐花も食べました。息子1は、アイスに続いてブルーベリー・スムージーなるカキ氷ドリンクを飲んでます。
 お腹いっぱい。でも思っていたほど高くなく、全部で24.5RM(約723円)ほどです。メニューも豊富だし、店内はきれいだし、エアコンも効いてるし、おいしいし、屋台とか街中の食堂は敬遠したいなら間違いなくお勧めです。ほかにも、インド料理、ババニョニャ料理、台湾料理、中華粥etc.いろいろありましたよ。
※1月後半以降のGoogle mapの仕様変更で、上記リンクからマーカーなどが表示されない状態です。一応、ブラウザの「戻る」ボタンをクリックすると表示されます...
by asiansophia | 2011-01-21 23:18 | アジア/ Asia