人気ブログランキング |


S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

PJAM2012
3.11 Earthquake
Archaeology(English)
India2011
日々のできごと/ Daily life
アジア/ Asia
おでかけ/ Japan
南アジア考古学/SA Arch.
野川・多摩川/RegionalStudy
旧石器考古学/Palaeolithic
砂川・武蔵野台地北部
考古学(ジオ)
考古学(いろいろ)
雑記

最新の記事

ブログ移転のご案内
at 2012-08-15 01:41
PJAM2012#19 ハイ..
at 2012-04-07 20:00
PJAM2012#18 ヴィ..
at 2012-04-06 20:00
PJAM2012#17 砂漠..
at 2012-04-05 20:00
PJAM2012#16 フェ..
at 2012-04-04 20:00

最新のトラックバック

石器文化研究会 シンポジウム
from 黒く光る石と黒く動く虫

以前の記事

2012年 08月
2012年 04月
2012年 03月
more...

ライフログ



Ninja analyse

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

マラッカ紀行(その6) 街歩きPart1

マラッカ紀行(その6) 街歩きPart1_a0186568_053542.jpg 初めての街を歩くのが好きです。止められなければ、どこまでも歩いていきます。あとで足がパンパンになりますが...
 とは言え、さすがに子供連れだと、そうそう連れ回すわけにも行きません。幸い、初日は時おり雨がポツポツ降ってくるくらいの曇り空、きつい日差しもなく、気温も高くありませんでしたので、昼食の後はしばし探索です。まずは和記鶏飯園を出て、ジョンカー・ストリート(Jalan Hang Jebat)を北西に向かいました。




マラッカ紀行(その6) 街歩きPart1_a0186568_0571036.jpg
 狭い一方通行の道なのですが、頻繁に車が通ります。さすがに観光地なので、段差の少ない歩道が整備されているので歩きやすいので助かります。
 金曜日の昼下がりなので、モスレムのみなさんは金曜礼拝の真っ最中です。近所のマスジド(モスク)からアザーン(礼拝の呼びかけ)が聞こえてきます。
マラッカ紀行(その6) 街歩きPart1_a0186568_102038.jpg

 かと思うと、道端に媽祖娘々の廟があります。入口には福建会館の文字。出身地ごとの県人会のようなものがあちこちにあります。マラッカ王国が成立した頃から華僑が住みはじめ、かの鄭和も大航海の途上で立ち寄ってるとか。
 ちなみに、この会館は1801年に建てられたそうです。
マラッカ紀行(その6) 街歩きPart1_a0186568_153224.jpg

マラッカ紀行(その6) 街歩きPart1_a0186568_174129.jpg






マラッカ紀行(その6) 街歩きPart1_a0186568_1111184.jpg

 廟の中はシンプルでした。一番奥には、順風耳と千里眼を従えた媽祖娘々が祀られています。
<こちらは入口脇の龍やら麒麟やら。派手です。

マラッカ紀行(その6) 街歩きPart1_a0186568_1155046.jpg


 ふたたび通りへ戻ると、派手に飾られたショップハウスがありました。

マラッカ紀行(その6) 街歩きPart1_a0186568_1185770.jpg


 こちらのお店は、庇の上に獅子舞の頭?みたいなのがのってます。
 いろいろ、楽しい。

マラッカ紀行(その6) 街歩きPart1_a0186568_1233167.jpg

 500mくらいで通りの端に近づきました。このあたりのショップハウスは、オリジナルな感じなんでしょうか?

 さて、この後は、仏教とヒンドゥー教、イスラム教の寺院が並ぶ通りへと向かいますよ。
by asiansophia | 2011-01-14 06:00 | アジア/ Asia