人気ブログランキング |


S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

PJAM2012
3.11 Earthquake
Archaeology(English)
India2011
日々のできごと/ Daily life
アジア/ Asia
おでかけ/ Japan
南アジア考古学/SA Arch.
野川・多摩川/RegionalStudy
旧石器考古学/Palaeolithic
砂川・武蔵野台地北部
考古学(ジオ)
考古学(いろいろ)
雑記

最新の記事

ブログ移転のご案内
at 2012-08-15 01:41
PJAM2012#19 ハイ..
at 2012-04-07 20:00
PJAM2012#18 ヴィ..
at 2012-04-06 20:00
PJAM2012#17 砂漠..
at 2012-04-05 20:00
PJAM2012#16 フェ..
at 2012-04-04 20:00

最新のトラックバック

石器文化研究会 シンポジウム
from 黒く光る石と黒く動く虫

以前の記事

2012年 08月
2012年 04月
2012年 03月
more...

ライフログ



Ninja analyse

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

マラッカ紀行(その2) たどり着けるのか?いきなり危機編

マラッカ紀行(その2) たどり着けるのか?いきなり危機編_a0186568_2232331.jpg さて、今回は初・羽田国際ターミナルです。しかし出発も遅いけど帰国便も遅いので、なんと終電に間に合わない!ということで車で空港まで。実は、駐車場代は空港バス往復大人2名と大差なし。荷物と子供を抱えて乗り換えの手間を考えると...あとはドライバーの気力・体力次第です。
 さすがに下道はしんどいので贅沢に首都高。意外すぎるほど空いていたので予定よりかなり早く到着。ところがチェックイン・カウンターが混んでいたので、結果的にはラッキー。
マラッカ紀行(その2) たどり着けるのか?いきなり危機編_a0186568_22372342.jpg
 この後は、出発前の定例行事、キッズスペースで体力を奪う。どこも考えは同じなのか、夜中の22時過ぎにぐるぐる駆け回る子供たち。さぁ、これで準備万全と思ったところで、思わぬ陥し穴が! なんと、エア・アジアX、ボーディング・ブリッジじゃなくて、バス。しかも一気に運んでしまうのでタラップ車が大渋滞。深夜23時過ぎに、激寒の滑走路で凍えながら待つ乗客...安いんだから仕方ないか。




 そしてようやく機内に入ったところで、またしても次の危機が!うちの座席だけ、ちょうど窓がなかった!!窓際に座る宣言をしていた息子1は、激怒、激泣き...そのまま寝つきました。乗り合わせたみなさん、申し訳ありませんでした...そして7時間あまりのフライト。息子×2にとって過去最長時間も、ほとんど寝ていたため無事クリア。
マラッカ紀行(その2) たどり着けるのか?いきなり危機編_a0186568_22433460.jpg そして到着。今度は、滑走路を延々、数百メートル歩く、歩く...こちらはLCCターミナルと言って、エア・アジア専用のターミナルらしい。バスすらなし。徹底したコストダウン。まぁ、安いから仕方ないか。でも、真夏の炎天下とか嫌だなぁ。
 このターミナルは、貨物ターミナルを改装したとかで、天井は鉄骨剥き出し。とても質素なつくりでした。
 で、空港からはタクシー。行き先別の定額制前払いでマラッカまでは159RM(マレーシア・リンギット:約4,560円.2011/1/7時点)。値段交渉とかしなくていいのは楽だなぁ、と思っていたのもつかの間、さらに大きな危機が!
 ドライバーのリン君(マレー系モスレム、たぶん20代)、走り出したとたんに「ムラカ(マラッカのこと)のどこへ行くの?」「○○ホテル(滞在先)」「それってどこの近く」「街の真ん中、川沿い、スタダイス(有名な観光地)とかの近く」「......実はムラカ行くの初めてなんだ。行き方知ってる?」
 な、なんと、そう来たか!こっちだって初めてだよ!!地図だって「地球の歩き方」(D19 地球の歩き方 マレーシア ブルネイ 2011~2011)コピーしたやつしかないよ!!!とは言ってもそんなに大きな街じゃないし、行けばなんとかなるだろうということで、とりあえず出発。ところが今度はリン君、高速道路でうとうとしてるし。や、やばい...
 で、そんなこんなしてるうちにも、やっとマラッカに到着。「地球の歩き方」の地図に記されてる英語の地名を手がかりに、だいたいこの辺り、と検討をつけたところで、今度は!!いきなりユーターンしたぞ、おい!!
 街の人に訊いてみようよと言ってもなかなか聞き入れてくれず、30分ほどあちこちぐるぐる。定額制じゃなかったら怒るところだけど、ここで降りてもしょうがないし、息子2は寝てるし...
マラッカ紀行(その2) たどり着けるのか?いきなり危機編_a0186568_236784.jpg と、そうこうしているうちにリン君突然「ひらめいた!」なんと彼、「地球の歩き方」の地図上で自分がどこにいるかは把握していたのだけれど、北を上にした地図を見ていたので、進行方向(北から南へ進んでいた)を見失ってぐるぐるしてたのだと!!!「こうやって(進行方向を上にして)見せてくれたら分かったのに」って、あなた、いちおうドライバーでしょ...とは言え、とにもかくにも宿についてよかった。
 東京の自宅を出てかれこれ15時間のことでした...
            (写真左はマラッカ川にかかる水車)
by asiansophia | 2011-01-10 23:13 | アジア/ Asia