人気ブログランキング |


S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

PJAM2012
3.11 Earthquake
Archaeology(English)
India2011
日々のできごと/ Daily life
アジア/ Asia
おでかけ/ Japan
南アジア考古学/SA Arch.
野川・多摩川/RegionalStudy
旧石器考古学/Palaeolithic
砂川・武蔵野台地北部
考古学(ジオ)
考古学(いろいろ)
雑記

最新の記事

ブログ移転のご案内
at 2012-08-15 01:41
PJAM2012#19 ハイ..
at 2012-04-07 20:00
PJAM2012#18 ヴィ..
at 2012-04-06 20:00
PJAM2012#17 砂漠..
at 2012-04-05 20:00
PJAM2012#16 フェ..
at 2012-04-04 20:00

最新のトラックバック

石器文化研究会 シンポジウム
from 黒く光る石と黒く動く虫

以前の記事

2012年 08月
2012年 04月
2012年 03月
more...

ライフログ



Ninja analyse

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

マラッカ紀行(その1) とりあえず行ってみよう編

マラッカ紀行(その1) とりあえず行ってみよう編_a0186568_2146149.jpg えー、突然ですが、2泊3日+機中泊1で、マレーシアのマラッカというところに行ってきました。
 世界史を勉強した人なら聞いたことがあるかもしれません。あの、マラッカ王国の地です。何で?と訊かれると...理由は、ただ安かったから。噂のエア・アジアXです。
 羽田-クアラルンプール線就航記念に片道¥5,000のキャンペーンをやっていて、とりあえず安いから行っとく?ということで。行き先は、それから考えました。
マラッカ紀行(その1) とりあえず行ってみよう編_a0186568_2291189.jpg
 しかし...日程もあまり余裕ないし、子供も小さいのであちこち回るのは無理。そこでマラッカ!それから調べてみると、いろいろ歴史的にも、現在の街並みや文化も面白そうです。
 基本的には、マラッカ海峡に面したマラッカ川の河口付近の港町(写真上)。15世紀にマラッカ王国が成立、明に朝貢、かの鄭和も来航、現在でも華人が多数暮らしています(写真右:中国寺院「青雲亭」)。
マラッカ紀行(その1) とりあえず行ってみよう編_a0186568_21344882.jpg
 その後、ポルトガル、オランダ、イギリスの植民地となり、貿易港としての地位はやがてシンガポールにとって替わられました。現在ではUNESCO世界文化遺産に登録され、オランダ時代の建物などが復元整備されています(写真左:オランダ広場周辺)。現在では、マレー系、中華系、インド系が混在する独特の文化を持つ街として、観光スポットとなっています(写真下:中華系の道具屋のおばちゃんとインド系の親子)。
マラッカ紀行(その1) とりあえず行ってみよう編_a0186568_2125485.jpg
 さて今回は、出発便が羽田発23:45ということで、息子×2は保育園、奥さんは定時まで仕事、私自身もぎりぎりまで編集作業の後、急いで空港へ向かうという強行スケジュール。
 そして出発前は防寒着重ね着の寒さ、到着地は気温30度以上の熱帯という気候ギャップ。さすがに、少々疲れました。が、しかし、息子×2は、そんなこともものともせずに大ハッスル。そんな旅の様子は、追って紹介します。
 あ、もちろん、シンポジウムのことも忘れてないですよ!
by asiansophia | 2011-01-10 22:24 | アジア/ Asia