S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

PJAM2012
3.11 Earthquake
Archaeology(English)
India2011
日々のできごと/ Daily life
アジア/ Asia
おでかけ/ Japan
南アジア考古学/SA Arch.
野川・多摩川/RegionalStudy
旧石器考古学/Palaeolithic
砂川・武蔵野台地北部
考古学(ジオ)
考古学(いろいろ)
雑記

最新の記事

ブログ移転のご案内
at 2012-08-15 01:41
PJAM2012#19 ハイ..
at 2012-04-07 20:00
PJAM2012#18 ヴィ..
at 2012-04-06 20:00
PJAM2012#17 砂漠..
at 2012-04-05 20:00
PJAM2012#16 フェ..
at 2012-04-04 20:00

最新のトラックバック

石器文化研究会 シンポジウム
from 黒く光る石と黒く動く虫

以前の記事

2012年 08月
2012年 04月
2012年 03月
more...

ライフログ



Ninja analyse

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2012年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

PJAM2012#19 ハイルプールお食事事情

 ちょっと横道2。ある晩の夕食、チキン・ビリヤーニー!
a0186568_07195.jpg
 スパイスの効いた、鶏炊き込みご飯です。これがまた、うまいのなんのって...食べ過ぎ注意報継続中です。
a0186568_092269.jpg
 こちらは、16スイーツ・ゲストハウスのコックとボーイ。今回の滞在中は、本当に食事に恵まれました。やはり、食事は大事です。
a0186568_0103779.jpg
 話しは変わって、こちらはスーフィという名前の果物。
a0186568_011447.jpg
 白い果肉で、リンゴと洋ナシの中間のような食感です。味は...まぁ、なんと言うのでしょうか、日本で品種改良がすすんでいる果物と違って甘さはあまりなく、なんとも言えない味わいです。というか、率直に言えばもう一度食べたいなぁ、とは思いませんでした。
a0186568_0132543.jpg
 こちらは、ラーイというお菓子。ナッツ、豆、ゴマなどを飴で固めたもの。なぜか、ガソリンスタンドで売ってます。そして、とても堅い。まぁ、長いドライブ中の暇つぶしと小腹対策にはいいのかもしれませんが...こちらも何とも評価しがたい食べ物でしたね。
a0186568_0171944.jpg
 ふたたびフルーツ。ゼイトゥーンと呼ばれていますが、オリーヴではありません。グァバです。果肉は白で、酸味もあまりなくほのかにグァバの香りがする(かなぁ?)という感じでした。現地のみなさんは、ガツガツ齧ってましたが、まぁなんと言うか、1個食べれば十分です、と言う感じ...
a0186568_0175622.jpg
 こちらはティークまたはチェクゥ。英語ではサポディラ、また日本ではメキシコ柿と呼ばれることもあるそうです。見た目の通り、柔らかな果肉のフルーツです。これはかなり甘い...でもまぁ、これもまた1個食べれば(以下、略)
a0186568_0231226.jpg
 と言うわけで、決して好き嫌いのある方ではないのですが、残念ながらフルーツに関しては、マイナーでローカルなものよりも、ポピュラーな、こんな感じのものに軍配が上がりました...
a0186568_025724.jpg
 これはスナック菓子です。インドにもありますね。ベビースター・ラーメン・カレー、ナッツ入り、見たいな感じですが...辛くて甘くて酸っぱいんです...つまりスパイス+砂糖+レモン味。でも、なぜか食べだすと止まりません。なければ、なくてもよいのですがね(笑)
a0186568_02729100.jpg
 こちらは、ある晩、ヴィーサル教授のお宅で晩御飯をご馳走になったときの、チキン・ティッカ(手前)とシャーミー・ケバブ(右上)。
 チキン・ティッカは、ヨーグルトとスパイスに漬け込んだ鶏肉を焼いたものですが、この時は、表面がカリカリによく焼けていて絶妙な美味しさでした。シャーミー・ケバブは、その名を聞くと「ダマスカスのケバブ」だし見た目もアラブ(シリア・レバノン)料理のクッベに似ています。たぶん、ルーツはそっち方面なんじゃないかと思いますが定かではありません。同じく、丸く平べったくつくるチャッパリ・ケバブ(草履ケバブの意味)とは違いましたね。これも美味しかった。
a0186568_0321770.jpg
 これは、マサラ・フレンチ・ポテトとでも言いましょうか、最終日にマッラー教授らと夕食を共にしたときに登場。要は、フライドポテトに塩だけでなくマサラ・スパイスをまぶしたもの。かなり、いけます。
a0186568_0341968.jpg
 再び16スイーツ・ゲストハウスに戻って、レンコンのカレー。お?!レンコン!! かなり大き目のぶつ切りのレンコンが投入されてますが、ほくほくしてて美味しかったです。パキスタン料理でレンコン、というのはメジャーではないのだと思いますが、ラルカナ周辺の名産と言うことで、シンド州北部ではよく食べられるらしいです。
a0186568_0343225.jpg
 こちらはインダスの川魚。おいしいのですが、骨が多いのが難点。イワシとかニシンみたいに、脊椎の上下以外にも骨があって、しかも太いのです...
a0186568_042018.jpg
 今回は、生のやつを写真に撮れなかったのですが(道端で売っているのは見かけたのですが)、たぶん、これと同じやつです(2006年にアトックの近くで撮影)。
 と、まぁ、何の脈絡もなく食べ物の写真を並べてみました。今回は、町中に食事に出かけることがなかったのですが、まぁ、それなりにヴァラエティに富んだものを食せたのではないかと思います。
 それでは、次回は再びヴィーサル・ヴァレー地区の遺跡に戻ります。
[PR]
by asiansophia | 2012-04-07 20:00 | PJAM2012

PJAM2012#18 ヴィーサル・ヴァレー地区遺跡群へ(その5)

 PJAM2012春場所、パキスタン調査旅行第5日目(2/23)です。
 本日は、前日踏査したヴィーサル・ヴァレー地区を再訪する予定です。前日は、これまでの調査で確認されていた地点の位置をGPSでおさえつつ、地形や地表面での遺物の分布状態などの確認が中心でしたので、本日は、地点ごとの石器組成を明らかにするべく重点的に遺物を採集する予定...
a0186568_95846100.jpg
 ということで、約束どおり朝9時半に博物館に行きますが、またまた例によってなかなかみんな集まらず。今日もまた、博物館前の陽だまりに椅子、テーブルを並べてチャイと世間話。でも、ちょっと雲行きが怪しいのは...砂漠に行くはずなのにマッラー教授は革靴、遅れて登場したヴィーサル教授はお洒落なクルタでおめかししています。そして10時過ぎに連れて行かれた先は...
a0186568_959946.jpg
 副学長室です(写真は副学長室の看板)。先にもかきましたが(PJAM2012#2 躍進するSALU)、この国の大学では学長は名誉職なので、副学長が大学の実質的なトップです。そして、現在のSALUの副学長は、前・考古学研究室主任でマッラー教授、ヴィーサル教授のボス。本来なら、到着と同時にご挨拶、仁義を切っておかなかければいけなかったのですが、ご多忙のため大学にいらっしゃいませんでした。それが、ついにハイルプールに戻ってきて、今日ならご挨拶できる、ということで、急きょ、両教授とKさんとともに副学長室へ。
a0186568_106548.jpg
 執務室のデスクのニローファー・シェイフ副学長(教授)。優しそうなマダムという風情ですが、仕事の話しになると眼光鋭くテキパキ指示を飛ばします。マッラー教授、ヴィーサル教授はすっかり小さくなってしまいます。
a0186568_1061590.jpg
 一応、ゲスト扱いなので優しくご対応いただき、施設の使用や資料・現地調査に便宜を図っていただけるというありがたいお言葉をいただきました。で、記念品贈呈。谷中・団子坂のいせ辰の江戸型紙です。
 シェイフ副学長は、最新の技術(年代測定とかGISとかSEMとか...)をバンバン導入したいので、共同調査を進めて大学スタッフや学生に機会を与えるようにと強く要望されてます。こちらとしても願ったり適ったりです。
a0186568_106248.jpg
 で、お昼前に、ようやくSALUを出発しました。こちらは、ヴィーサル・ヴァレーへ向かう途中のクムバート(KumbatまたはKumb)の街角。
a0186568_1071265.jpg
 街道沿いのフルーツの屋台。真ん中あたりにニンジンが並んでますが見えますか? ここにニンジンは真っ赤で甘味が強く、フルーツの屋台でも売られていて、そのまま丸齧りしてる人をよく見かけます。
a0186568_1072795.jpg
 こちらは収穫したサトウキビを満載したトラクター。過積載で、時折道端で横転しているのを見かけました。危ない... そして時速20kmときわめて遅いので、子供たちが真後ろ(運転手からは死角)を走って追いかけ、次々にサトウキビを抜き取って道端に投げていきます。それを、仲間が回収してみんなで拾って齧るという...
a0186568_1074161.jpg
 街道は、車、トラクター、バイクだけでなく、ロバやら牛やらヒツジも通りますよ。
a0186568_1083688.jpg
 そして再びヴィーサル・ヴァレー地区へ。本日は、副学長に面会適ったので、大学の4WDが利用できるようになりました(もう一台はマッラー教授の自家用車)。
a0186568_1091826.jpg
 本日の目的地は、ここ。昨日確認した中で、もっとも有望そうな―素敵な石器が多数落ちている―第85地点です。見ての通り、砂漠の中で周囲より4mほど高まった小丘の上にあります。
a0186568_10101487.jpg
 小丘のてっぺんは、こんな感じでびっしりと石器に覆われています。
a0186568_10102644.jpg
 引いて写真を撮ろうとしたら、自分にカメラを向けられたと勘違いしたアブドゥル・カーディルが姿勢を正してます(笑)
 出発が遅かったので午後2時間ほどしか調査はできませんでしたが、それはもう、素敵な石器が多数拾えましたよ。その成果と続きは、ウェブで...いやはじめからウェブですね。
[PR]
by asiansophia | 2012-04-06 20:00 | PJAM2012

PJAM2012#17 砂漠の生活

a0186568_23403777.jpg
 いきなり写真からですが、これはヴィーサル・ヴァレー地区の調査地の1kmほど東、Thari-Narro Road沿いの遊牧民のキャンプです。
a0186568_23425039.jpg
 簡単な柱を弦で固定し、葦で壁と屋根を葺いた小屋掛けです。
a0186568_23442671.jpg
 ちなみにこちらは、SALUの生物多様性保存センターに併設された植物園の葦。日本のものよりずいぶん背丈が高いです。2~3mは余裕であります。
a0186568_23444399.jpg
 ローカル名と学名。お、調べてみたら、日本の葦(ヨシ)とは違って、サトウキビ属なんですね。
a0186568_23502014.jpg
 このような円錐形の小屋も見られます。
a0186568_23523244.jpg
 円筒形の小屋もありました。一ヵ所にまとまって宿営しているグループなのに、小屋の形状がまちまちなのはなぜでしょう?
a0186568_23542214.jpg
 そして中には1軒だけ、立木を利用した本当に簡便な小屋もありました。
a0186568_23532714.jpg
 こちらは、棘だらけの灌木の枝を利用した家畜囲い。おもに子供の家畜を保護するために使われています。
a0186568_23543986.jpg
 小屋の中で休憩する遊牧民たち。
a0186568_2354591.jpg
 ここには結構な数の家族が集結しているようでした。
a0186568_2354120.jpg
 水を汲む子供たち。言うまでもなく、砂漠での遊牧生活にもっとも重要なのは水です。人間も家畜も、飲み水が必要ですから。かつては、遊牧民は水場をめぐって移動していたそうですが、ここに舗装道路が開通してからは道路沿いに多く集まるようになったそうです。水はトラクターで運んできて、そして家畜もトラクターで出荷するのだそうです。
a0186568_2350524.jpg
 砂漠の遊牧民は、おもに乾燥に強い山羊の畜群を連れています。このグループも。ほかに、ラクダ、牛などが飼われているそうです。
 また後ほど紹介しますが、ローフリー丘陵の東、ナラ低地に引かれたナラ運河沿いでの耕作地の拡大や、石油、ガス開発の進展による道路網の整備などで、砂漠地域の生活は急速に変化しつつあるそうです。
 この写真の中の遊牧民たちの多くも、トラクターやバイク(一番人気はホンダのCD70です)を所持し、携帯電話を持っている人も少なくないとか。
 これから、どんな風に近代化していくのでしょうかね?
[PR]
by asiansophia | 2012-04-05 20:00 | PJAM2012

PJAM2012#16 フェイスブックでつながるパキスタン

 ちょっと横道。
 実は、期待の石器を次々見つけて興奮しているときに、砂漠の真ん中で思わぬ来客がありました。
a0186568_23225237.jpg
 写真右から2人目のシュマイルです。砂漠の真ん中まで、わざわざ私に会いに来てくれました(本当)。
 彼と、彼の兄弟のアルスランとは、今回が初対面でしたが、以前からSALUつながりということでフェイスブック上で友だちになってもらっていたのです。シュマイルは、この砂漠にスポーツ・ハンティングのための土地と施設を所有しているUAE(アラブ首長国連邦)の貴族(写真左から2人目)の下で、施設や動植物(もちろん野生)の管理の仕事をしています。砂漠には精通しているから、ハイルプールにきたらどこでも連れて行ってくれる、ということだったのですが、ちょうど、彼のボスがパキスタンに滞在する期間と重なってしまったので、結局この時しか会えませんでした。けれども、われわれがどのあたりで調査するのかを事前に聞いてくれていて、いろいろと便宜を図ってくれたのです。
a0186568_23303988.jpg
 というわけで、お昼前に出発してから昼食もとらずに水しか飲んでいなかったわれわれは、彼らのキャンプのひとつへ招かれました。
a0186568_23315057.jpg
 テントの中。絨毯が敷かれ、「チャルポイ」と呼ばれる簡易寝台が置かれています。それほど暑くないとは言え、やはり日差しが遮られるテント内は快適。
a0186568_2332589.jpg
 で、すっかりくつろぐマッラー教授(笑) チャイとビスケットなどをご馳走してもらいました。
 実はこの後、シュマイルがつめたい飲み物とかいろいろ用意してくれたらしいのですが、もっと砂漠の先に見に行きたいところがあったマッラー教授、ヴィーサル教授が出発してしまったためにすれ違いでした。残念。
 でも、今回は、事前にいろいろ情報を教えてもらったり、シュマイル、アルスランの兄弟にはお世話になりました。
 ちなみに、アルスランは3月半ばに新婚、シュマイルは子供が生まれたということで、おめでとう!!
 また、ハイルプールで会おう!!
[PR]
by asiansophia | 2012-04-04 20:00 | PJAM2012

PJAM2012#15 ヴィーサル・ヴァレー地区遺跡群へ(その4)

 パキスタン2012春場所、ヴィーサル・ヴァレー地区の旧石器時代遺跡、まだまだ続きます。
a0186568_22594014.jpg
 そもそも、なんでヴィーサル・ヴァレー地区の遺跡なのか、それは、これ、この石器なんです。
 以前から、SALUが刊行するジャーナルAncient Sindhに掲載されているレポート、あるいはマッラー教授が来日されたときの講演の際に紹介されていた写真を見て、「これは!」と思っていたのが、このエンド・スクレイパー(日本語では掻器とも表記しますね)です。およそ4~3.5万年前にはじまる後期旧石器時代―すなわちアフリカの外に現代人が進出し急速に広がっていった時代―の開始を象徴する石器のひとつと考えられています。ヴィーサル・ヴァレー地区には、このエンド・スクレイパーがきわめて多く分布しているようで、SALU考古学・人類学博物館にも多数展示されていました。しかも、大きめで厚手のやつ!!(マニアックですみませんが、分厚いことが重要なのです。この場合...)
 で、1時間半くらいの踏査と表面調査で、早速拾ってしまいましたよ。
a0186568_2354890.jpg
 こんな感じのブレイド・コアも一緒です。ますます高まる期待感(ごく一部にしか理解していただけないと思いますが...)。
a0186568_237112.jpg
 ほらほら、また別のエンド・スクレイパーも...
 この日は、遺跡の概況、地形や景観の確認、そしてヴィーサル教授らの記録したGPS位置座標の正確さの確認が主眼だったので、資料採集自体はそんなに集中してやったわけではないのですが、まぁ、次々に素晴らしい、思い描いたとおりの石器が拾えるわけです。
 と言うことで、いたく興奮してマッラー教授、ヴィーサル教授とも意見交換してたわけですが...まぁ、その場でも3人以外にはまったく伝わらなかったでしょうね(涙)
 残念ながら、その瞬間を本人が写真に撮ることは無理だったのですが、同行していたKさんがパシャリと撮っていてくれました、のでちょっと拝借。
 出典は、こちらです(笑)
a0186568_2313734.jpg
 この後も、いくつかの地点を回ったのですが、私個人としては、もう心を決めてしまいました。エンド・スクレイパーをガンガン拾える地点があるのです。もう、そこしかない。
 ヴィーサル教授は、なら掘ろう、と言っておりますが、まずはその前に、今度はじっくりと表面調査をして、石器の組成や分布状況を確認しなければなりません。まだ4日目、あと8日は滞在できるので、順を追って取り組みましょう、ということで、明日、もう一度表面調査を行ない、その翌日は大学で資料の確認、その上で試掘をしてみよう、ということになりました。
 いやはや、「掘る」ところまで話が進むとは、まったく考えていなかったのですがね。まぁ、これも成り行きです。インシャラー。
a0186568_2302053.gif

 ということで、急きょ、ヴィーサル・ヴァレー・プロジェクトの始動ですよ...でも、続きはまた次回。
[PR]
by asiansophia | 2012-04-03 20:00 | PJAM2012

PJAM2012#14 ヴィーサル・ヴァレー地区遺跡群へ(その3)

 さて、いよいよヴィーサル・ヴァレー地区の踏査、本編です。
 ここは、2000年以降、ヴィーサル教授に発見され、SALU考古学研究室が分布調査を続けてきた旧石器時代を中心とする遺跡群です。おもに中期~後期旧石器時代の遺跡で、前期旧石器時代まで遡る可能性のあるハンドアックスは1地点で表採されているのみ、中石器時代やインダス文明期の遺跡も少なく、一帯の中では特異な様相を示しています。
a0186568_22294768.jpg
 しかし、なんで発見者と遺跡名が共通するのか、疑問をもたれる方も多いことでしょう...と、すでにネタばれかもしれませんが...遊牧民がたまに通り過ぎるほかに住人のいないこの辺りは、細かく地名がつけられていないので、ヴィーサル教授やマッラー教授のビッグ・ボスであり現SALU副学長のマダム・ニローファー教授が、「発見者の名前付ければいいんじゃない」というノリ(?)で名づけられたのだそうです。はい、予想通りの展開ですみません(写真は、遺跡にたたずむヴィーサル教授)。
a0186568_22332065.jpg
 では、いよいよ踏査開始。舗装道路から外れて砂漠に乗り入れた車が到着したのは、砂丘間の凹地にある第2地点、第3地点付近です。ASTER-GDEMにもとづくと、凹地底部の標高はだいたい35~40m程度。見ての通りフラットですが、これは基盤の石灰岩が露出しているためです。
a0186568_22333762.jpg
 そして地表面には、石灰岩の礫とチャートの原石、石器が入り混じって分布しています。
a0186568_22373264.jpg
 砂丘上の地点とは異なり、明確な集中部を見出すことは難しく、また採集される資料もほとんどが石器製作の際の副産物ばかり。整った石核や、石刃など、そして道具としての石器はほとんど見当たりません。チャート原石の採取と、一次的な打ち割りを集中して繰り返し行なった、いわゆる原産地遺跡的な性格を有するのだと思われます。
a0186568_2240155.jpg
 基盤が露出する地点を離れると、地表面は柔らかな砂に覆われるようになります。この砂は、おそらく風により頻繁に移動を繰り返しているものでしょう。
a0186568_22411661.jpg
 砂地の表面は、季節的な降雨によりえぐられている部分があります。
a0186568_2242869.jpg
 そして砂地の範囲は、基盤が露出している範囲より植生が繁茂しています。
a0186568_22425330.jpg
 その砂地に、石器がばらばらと散布している地点があります。
a0186568_2243644.jpg
 こちらは、砂丘をだいぶ登った中腹付近の地点。
a0186568_22442776.jpg
 比高差70mほどの砂丘を登り切ったあたり。
a0186568_22444297.jpg
 遺物を探す、マッラー教授とKさん。ただし...
a0186568_22454070.jpg
 見ての通り、石器自体は体をかがめて探すまでもなく、いくらでも落ちています。探しているのは「いいもの」(笑)。
a0186568_22455432.jpg
 砂丘頂部の第66地点にたたずむマッラー教授。
a0186568_22473349.jpg
 また別の、砂丘中腹の第75地点。
a0186568_2249226.jpg
 一帯には、これまでに100以上の地点が確認されてます。ので、まさに犬も歩けば石器に当たる状態。
a0186568_22505615.jpg
 と言うわけで、この日ばかりは石器に興味のない(失礼)Kさんも、思わず拾ってみたりするのでした。
 で、何が見つかったのか? については、また次回。
[PR]
by asiansophia | 2012-04-02 20:00 | PJAM2012

小金井公園、桜はまだまだ

a0186568_2102440.jpg
 日曜日(4/1)、風はまだ少し冷たかったのですが、とてもよい天気だったので小金井公園へ行きました。
a0186568_214443.jpg
 東京の桜は3/31に開花宣言でしたが、ここはまだまだ。かなり膨らんでいるつぼみもありますが、開花している桜は見当たりませんでした。
a0186568_2163314.jpg
 まぁ、息子×2は桜がいつ咲くかなんて関心ゼロですし、お花見期間中はものすごい人手で遊ぶどころではないので...とりあえず芝生の上を駆け回れれば満足です。
a0186568_218583.jpg
 あと、自転車と三輪車。これは息子2が、こっそりお兄ちゃんの自転車に乗ってるところ。でも、足が届かないのでまたがってるだけ(笑)
a0186568_219126.jpg
 あと、4月からオープンのハンモックの森の初日もゲット。サイクリングセンターの北、こどもの広場の東の木立でやってます。
a0186568_2195369.jpg
 150円で30分。子供は、ハンモック大好きです。
a0186568_21114011.jpg

a0186568_2116965.jpg
 あとは、わんぱく広場でアスレチックとか、
a0186568_21122022.jpg
 すべり台とか、
a0186568_21115695.jpg

a0186568_211231100.jpg
 植え込みの中の秘密のトンネルを探検したりとか、
a0186568_2119418.jpg
 そしてとどめは、ふわふわドーム。今日は人数少なめだったので、順番待ちもあまり長くなく、思う存分遊んでました。
a0186568_21201140.jpg
 気候がよくなってきたので、またちょくちょく出かけることでしょう。
[PR]
by asiansophia | 2012-04-02 06:00 | おでかけ/ Japan

PJAM2012#13 ヴィーサル・ヴァレー地区遺跡群へ(その2)

 ちょっと間があきましたが、パキスタン2012春場所再開です。第3日目、ヴィーサル・ヴァレー地区の踏査と表面調査の続きですが、その前に、地理と地形について少々。まずは前回のDEMに続いてランドサット画像をご覧下さい。画像データは、米・メリーランド大学のGLCF(ESDI)サイトで無料ダウンロードできるものを利用(TM GLS-1990)、カシミール3Dを使用して作成しています。カシミール3Dでランドサット画像を使用する方法は、ホームページ、または『カシミール3D パーフェクトマスター編』『フィールドワーカーのためのGPS・GIS入門―フィールドにGPSを持っていこうGISで地図を作ろう』などをご参照ください。
a0186568_21352659.jpg

 さてこの画像では、カシミール3Dの「ナチュラルカラー」設定を使用しています。近赤外線のバンド4をRGBカラーのGに対応させているので、植生範囲が鮮やかな緑色で表示されています。で、左側の緑の範囲がインダス平原。くねくねと黒い帯はインダス川旧流路跡の湿地です。右側の細い帯はナラ低地です。中央の白い範囲はローフリー丘陵~タール砂漠の植生が希薄な範囲。より白が強いのは基盤の石灰岩が露出している範囲で...
a0186568_2129922.jpg
 現地の景観はこんな感じ(コート・ディジー~チョーンディコ間のNara Road沿い)。
a0186568_21295030.jpg
 またはこんな感じ(シャデー・シャヒード東方の丘陵頂部、2007年撮影)。地表面は、ひたすら露出した基盤岩と、それが風化してできた礫に覆われています。土壌はほとんどない(風と、わずかな降雨で洗い流されてしまう)ので植生もほとんど見られません。ただし谷底には土壌がわずかにあり、乾燥に強い灌木などが見られます。
a0186568_21313363.jpg
 丘陵を構成する基盤層は東に向かって傾斜しており、ナラ低地に近づくと砂丘砂に覆われはじめます。季節的な降雨があるので、若干の植生が見られます(Nara Road沿い、チョーンディコの手前付近)。
a0186568_21324926.jpg
 また基盤層は南側にも傾斜しており、丘陵の南縁沿いでは周囲との比高差がほとんどなくなります(丘陵南部カンダルキー地区の東方15km付近)。
a0186568_2291133.jpg
 これに対して、ヴィーサル・ヴァレー地区は、このとおり、見渡す限り一面の砂、砂、また砂...まさに砂漠です。
a0186568_2275871.jpg
 ちゃんと気温計で測ったわけではないのですが、この日(2/22)はたぶん30度までは行かなかったでしょう。肌寒い風も強く、砂漠の踏査には適していたと言う感じです
a0186568_22121822.jpg
 ところで地形が大きすぎて写真ではなかなか伝わりづらいと思いますが、決して平らな地形ではありません。と言うよりもむしろ、ものすごいアップダウンです。長軸1.5~2.0km、短軸0.8~1.5kmくらい、比高差30~70mくらいの巨大な砂丘が1~2kmおきに並んでいるのです。
a0186568_22161674.jpg
 砂丘の高まり、何となく分かりますか?
a0186568_2255841.jpg
 DEM(ASTER-GDEMを利用)でみるとこんな感じ。茶色い部分が砂丘、緑の濃い部分が砂丘間の凹地です。なお、赤い点は、ヴィーサル教授、マッラー教授らのこれまでの調査で記録されている遺跡(地点)です。
a0186568_2274256.jpg
 砂丘上には、タマリスク類などの灌木などが点在しています。
a0186568_2283914.jpg
 このような感じの、棘棘しい、いかにも砂漠っぽい草とか。
a0186568_2285825.jpg
 本当に棘が痛い灌木とか。これは、うっかりタオルを引っ掛けてしまったのですが、こまかな針のような棘が繊維に絡んでしまい取り除くのに難儀しました(思わず、タオル捨ててしまおうかと思ったくらい...)。
a0186568_2282075.jpg
 これは多分、寄生植物ですね。現地の人にも珍しいらしく、しきりに写真を撮れと薦められ、また彼らも一生懸命写真撮ってました。この季節(冬~春先)にしか見られないみたいです。
 また今回は季節違いでしたが、砂漠にもキノコがいろいろ生えるらしく、マッラー教授などはそのキノコを採って食べるのが趣味なんだそうです。ぜひ、次回、機会があったら試してみたいものです。
 こんな景観の中を、2時間ちょっと歩き回ってきたのですが... なんと、そこらじゅうに石器が落ちているのです!!!
 と期待だけさせておいて、続く。
[PR]
by asiansophia | 2012-04-01 20:00 | PJAM2012

府中市史跡 旧陸軍調布飛行場白糸台掩体壕

 パキスタン編再開の前に、日本の近・現代遺跡について。

 飛田給駅の北側、味の素スタジアムに隣接している東京都調布飛行場は、太平洋戦争直前に建設されました。当初は、羽田空港に次ぐ東京の公共用空港として開設されたのですが、太平洋戦争の間は旧日本陸軍が使用していました。とくに米軍による空襲がはじまると、首都防空の中心的な基地として戦闘機が配備されていました。そしてその戦闘機を米軍機の空襲から守るために、基地内外に多数の掩体壕が建設されました。
 掩体壕というのは、盛り土やコンクリート製の掩蓋などにより航空機などを保護するための軍事施設です。調布飛行場では、航空機を空襲から守るために、飛行場の範囲外の多磨霊園や浅間山、下石原八幡神社などまで航空機を運び出して秘匿していたそうですが、掩体壕もまた、飛行場の範囲外にも多数建設されました。その総数は百基を越えると言われていますが、現存しているのはわずか4基です。
 そのうちの1基が、府中市の白糸台掩体壕です。長らく個人の所有でしたが、保存状態がもっともよく、2008年に府中市の史跡となりました。
 その後、発掘調査が行なわれ、保存・公開のための整備が続けられていたのですが、このたび、2012年3月29日に公開されました。

  Google Mapでも、上空からの姿が映っています(こちら:別窓)。これは、整備工事前の状態ですね。

 さてこの白糸台掩体壕の整備竣工記念式典と内覧会にお呼ばれしてきました。実は、先に同じ調布飛行場の掩体壕(の基礎部分)を発掘したことがあり、整備にあたって図面等を提供させていただいたという経緯からです。
 調布飛行場の掩体壕については、すでに飛行場滑走路北側の武蔵野の森公園内に2基が保存・公開されていますが、残念ながら安全上、入り口は封鎖されていて内部を見ることはできません。対して、白糸台掩体壕は内部も公開されると言うことで(ただし、ふだんは内部には立ち入れません。特定の日時に見学会を行なうそうです)、軽い気持ちで中を見に行こうと思って足を運んだところ...
a0186568_1853628.jpg
 記念式典の来賓席、府中市議会の議員さんたちが居並ぶ末席に通されてしまいました(汗)。とりあえず、小さくなって座ってました。写真は、挨拶する府中市長。
a0186568_18561971.jpg
 テープカットは、市長、市議会議長、都議会議員のみなさん。
a0186568_18571692.jpg
 掩体壕と整備事業について説明する府中市の文化財担当のEさん。
a0186568_18581712.jpg
 で、こちらが整備の完了した掩体壕です。
a0186568_1902370.jpg
 こちらは解説板。
a0186568_18584667.jpg
 お待ちかねの来場者のみなさんは、さっそく壕内へ。
a0186568_1911780.jpg
 掩蓋内部の天井部分です。石ころだらけ...
a0186568_1913261.jpg
 これ、実は多摩川のかわら石です。コンクリートに、川砂ではなくて大量の石ころを混ぜてるのですね。物資不足の中、少ないセメントで掩蓋の躯体を作るための苦肉の策でしょう。国民学校の生徒まで動員して、もっこで川原から運んできたのだと言います。
a0186568_1914578.jpg
 こちらは型枠に使った板材でしょうか? ドーム状の掩蓋部は、まず土饅頭で型を作り、その上に、板や新聞紙などを敷き詰めてからコンクリートを流して整形したのだそうです。小さな端切れを使ったので、コンクリートに取り込まれてしまったのですね。
a0186568_1924922.jpg
 今から考えられると信じられないような粗悪な建材と工法です。物資不足はもちろんのこと、建設には軍の専門部隊(工兵)が従事することなく、わずかな軍人の監督の下、地元の人びとが動員されたと言うことです...
 これでは、爆撃から戦闘機を守るどころか、いつ天井が崩落するか、という方が心配なくらいではないかと思いますが...
a0186568_1982250.jpg
 いちおう、外観からはそんな粗悪な状態がわからないように、モルタルで薄く化粧されています。でも、モルタルがはげている部分からは小石だらけなのが見えてます...

a0186568_1849534.jpg

 現地は、国道20号線(甲州街道)の陸橋のすぐ南側ですが、住宅街の中で少し分かりづらいかもしれません。でも最寄の西武多摩川線「白糸台」駅、京王線「武蔵野台」駅からは、案内板が経路上に整備されたので、案内に従って行けば辿りつけますよ。
 これから、国道の陸橋沿いの桜も綺麗な季節なので、ぜひ!
[PR]
by asiansophia | 2012-04-01 06:00 | 野川・多摩川/RegionalStudy