S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

PJAM2012
3.11 Earthquake
Archaeology(English)
India2011
日々のできごと/ Daily life
アジア/ Asia
おでかけ/ Japan
南アジア考古学/SA Arch.
野川・多摩川/RegionalStudy
旧石器考古学/Palaeolithic
砂川・武蔵野台地北部
考古学(ジオ)
考古学(いろいろ)
雑記

最新の記事

ブログ移転のご案内
at 2012-08-15 01:41
PJAM2012#19 ハイ..
at 2012-04-07 20:00
PJAM2012#18 ヴィ..
at 2012-04-06 20:00
PJAM2012#17 砂漠..
at 2012-04-05 20:00
PJAM2012#16 フェ..
at 2012-04-04 20:00

最新のトラックバック

石器文化研究会 シンポジウム
from 黒く光る石と黒く動く虫

以前の記事

2012年 08月
2012年 04月
2012年 03月
more...

ライフログ



Ninja analyse

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

企画展「明治・大正期の人類学・考古学者伝」/ 'Early Anthropologists and Archaeologists in Japan'

 板橋区郷土資料館平成23年度秋季企画展「明治・大正期の人類学・考古学者伝-学者たちの絵葉書・絵手紙の世界-」の図録です。
a0186568_1522289.jpg

 晩年を板橋・徳丸で過ごした、草創期の人類学者・石田収藏による絵手紙、あるいは石田宛の手紙類を一挙に収録しています。ご遺族により寄贈された資料だそうです。石田宛の手紙の差出人は、坪井正五郎、鳥居龍藏、大野雲外、柴田常恵、八木奘三郎、高橋健司、中谷治宇二郎、濱田耕作、松村瞭、金田一京助、内藤湖南...明治~大正期の人類学、考古学および関連領域の錚々たる面々です。
 手紙と言うのはプライベートな内容を含んでいたり、取り扱いが難しい場合もあるとは思いますが、たとえば現在では確認が難しくなってしまった鳥居龍藏の朝鮮半島調査の行程を葉書の差し出し地と日時、内容から追跡することができたり(巻末論文 守屋幸一「石田収藏旧蔵絵葉書と人類学教室の人びと」)、貴重な歴史・学史資料となることは間違いありません。草創期の日本人類学・考古学のあゆみを紐とくための重要な情報を集録した図録と言えるでしょう。
 展示は、11/20(日)まで。会期は残りわずかです。
a0186568_20203911.jpg

(図録裏表紙、石田自身によるものと大野雲外らの絵手紙)


'Early Anthropologist and Archaeologist in Meiji-Taisho era: the world of pictorial postcards and postcards with drawing by scholars', the catalog of 2011 Autumn temporary exhibition at Itabashi Ward History Museum.
The catalog contains more than 100 pieces of postcards those which written by Shuzo Ishida, early Anthropologist in Japan, with some drawing by himself, and sent to Ishida from various- and famous anthropologists and archaeologists lived in early 20C.AD.
Itabashi Ward History Museum (Tokyo, Japan) continues unique project to gather records of various activity of early Japanese anthropologists and archaeologists, including photos, diaries, letters and postcards, etc. And they make special exhibitions and publish catalogs every year for these tens of years. These series of project should provide important material of research history in the formative period of Japanese Anthropology and Archaeology.
[PR]
by asiansophia | 2011-11-17 18:11 | 考古学(いろいろ)