S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

PJAM2012
3.11 Earthquake
Archaeology(English)
India2011
日々のできごと/ Daily life
アジア/ Asia
おでかけ/ Japan
南アジア考古学/SA Arch.
野川・多摩川/RegionalStudy
旧石器考古学/Palaeolithic
砂川・武蔵野台地北部
考古学(ジオ)
考古学(いろいろ)
雑記

最新の記事

ブログ移転のご案内
at 2012-08-15 01:41
PJAM2012#19 ハイ..
at 2012-04-07 20:00
PJAM2012#18 ヴィ..
at 2012-04-06 20:00
PJAM2012#17 砂漠..
at 2012-04-05 20:00
PJAM2012#16 フェ..
at 2012-04-04 20:00

最新のトラックバック

石器文化研究会 シンポジウム
from 黒く光る石と黒く動く虫

以前の記事

2012年 08月
2012年 04月
2012年 03月
more...

ライフログ



Ninja analyse

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

マラッカ紀行(その16) 最終日の街歩きはまだ続く

a0186568_0541556.jpg 東京は久々に湿度、やや高めです...
 こうなると洗濯物が乾きません。しかし息子×2の着替えは容赦なく積み上がっていきます。前回のをやっとたためる頃には、もう次を干さなければなりません...洗濯のエフォート率高し(涙)
 で、写真は海外旅行の必需品、ダイロン・トラベルウォッシュ100mlです。どんな水でも泡立ち、汚れが落ちる、といううたい文句はだてではありません。重宝しますよ。
 20回分、と表記されていますが、ケチケチなので先代(旧パッケージ)は足かけ10年、ウン十回使いましたよ。

a0186568_0591269.jpg ということで、旅行の時は、自分ひとりでも家族全員でも、着替えは最小限、あとはひたすら洗濯します!
 が、しかし、今回のマラッカはずっとこんな感じの曇天で、暑くなく過ごしやすくはあったのですが、洗濯物に関してはまったくアウト!! 幸い、あまり汗をかかなかったので(ということにして)、何とか乗り切りました。
 ということで閑話休題、ダラダラと続く最終日の街歩き、「ジャワ通り」からの続きですよ。




a0186568_1155824.jpg 「ジャワ通り」の1本東、Jalan Bunga Raya一帯はインド人街とのことですが、見たところ、華人との混住地域のようですね。
 ただ、川の西側ではほとんど見かけなかったインド料理店とかスパイス屋さんがところどころにあります。

a0186568_123426.jpg


 ちなみに写真の「ラクサマナ・スパイス・マート」の店先では、欧米系の観光客がスケッチをしていたのですが、それを取り巻く人垣がすごかった。まぁ、日本で言えば、どこにでもあるような八百屋の店先で一生懸命絵を描いている外国人が珍しい...みたいな感覚なのでしょう。

a0186568_1251346.jpg で、わが家がここまで足を伸ばしのは...中華系の伝統菓子のお店があるから、だったのですが...またしても、行けども行けども、ないじゃないですか!!
 いくらなんでもさすがに、行き過ぎだろうというところで、道端のインド料理屋さんに道を訪ねると、やはり通り過ぎていた模様。で、戻ってみると...なんと、「数日間お休みします」という貼り紙がorz...
a0186568_1313945.jpg

 仕方ないのでとぼとぼ来た道を引き返し、もう一度、川を渡ります。今度の橋は車道もあるので、階段ではなくスロープ。でも、歩道と車道の段差が不必要に大きい上に、歩道が先細りになって最後は消滅...

a0186568_1384992.jpg

 それはともかく、戻ってきたのはここ、源發成有限公司で海産乾物でも買って帰ろうかという魂胆だったのですが...
 ここも日曜日はお休みでしたよorz...残念!
 ちなみに写真は土曜日に撮ったもの。右の写真、上段はフカヒレ、中段は腸詰、下段はタコの干物です。

a0186568_1473879.jpg
 ほかに発酵させた煮干のようなものとか、干し貝柱とか、ナマコとかetc...あ、でも去年、厦門で買ってきたウツボの干物(左)をまだ食べてないから、まずはそっちからか...


a0186568_1583079.jpg


 そうこうしているうちに、そろそろ時間切れです。さぁ、宿に戻りましょう。
 と、思ったら、やや、軒先からなにやらひらひらぶら下がっているショップハウスが!

a0186568_202257.jpg
 ナンだろう? と思って近づいてみると、ドアの上には、ガネーシャ、サラスヴァティ、ヴィシュヌなどの神様が。
 インド系のお宅で、ぶら下がっているのは干からびた何かの葉っぱでした。
 とまぁ、こんな感じで、最終日の街歩きはダラダラ収束に。
 見ているみなさんには何が楽しいのかよくわからなかったと思いますが(スミマセン)、意外と楽しいものですよ。なんでもない、普通の街中を歩くのは。
地図はこちら
※Google mapの表示、戻ったようです

[PR]
by asiansophia | 2011-02-09 02:08 | アジア/ Asia